解放(かいほう)のアリアドネ/Guiding Ariadne》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1700/守 800
【Pスケール:青3/赤3】
(1):このカードがPゾーンに存在する限り、以下の効果を適用する。
●自分はカウンター罠カードを発動するために払うLPが必要なくなる。
●自分はカウンター罠カードを発動するために捨てる手札が必要なくなる。
【モンスター効果】
(1):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
デッキからカウンター罠カード3枚を相手に見せ、相手はその中から1枚選ぶ。
そのカード1枚を自分の手札に加え、残りをデッキに戻す。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した光属性天使族下級ペンデュラムモンスター
 カウンター罠発動する際の手札コストライフコストをなくすペンデュラム効果カウンター罠1枚をサーチする誘発効果を持つ。

 ペンデュラム効果カウンター罠ライフ手札コストが無くなるもの。
 こちらは主にカウンター罠を多く使う【パーミッション】向きで、特に【エンジェル・パーミッション】では、ライフを高く維持したり、宣告者用の手札を温存したりと、節約の恩恵が大きく活きてくる。
 さらに適用中は、通常なら「ライフ手札が足らなくて発動できない」という状況であってもそれらを無視して発動できる。
 ただし、この2種類以外のリリースコスト等はなくせず、ライフ手札コストの踏み倒しは強制のため、コンボ目的で意図的に払うことはできない。
 【パーミッション】以外では、コストを節約するよりも他のペンデュラムモンスターを置く方が良い場合も多い。

 モンスター効果破壊された場合にカウンター罠サーチでき、自分相手も場所も問わずあらゆる破壊に対応する。
 サーチ先が罠カードであり発動までに時間差が生じる関係上、可能なら自分ターンで能動的に破壊したい。
 ペンデュラムゾーンからの破壊でもモンスター効果発動するため、《揺れる眼差し》等と相性が良い。
 選ぶカウンター罠同名カード複数枚でも良いため、カウンター罠の種類が少ないデッキでも採用でき、序盤ならば同名カード3枚で確実に狙ったカード加えることもできる。
 破壊後はエクストラデッキからペンデュラム召喚できるため、効果の再利用の他、エクシーズ素材等に使えばカウンター罠と共に布陣を整えられる。
 ペンデュラム召喚で毎ターンの復活も狙え、回数制限もないため、同名カードを展開すれば大量のカウンター罠手札に引き込むこともできる。

  • 「アリアドネ(Ariadne)」とは、ギリシャ神話に登場するクレタ島の王女(伝承によれば女神とも)の名前。
    ラビュリントスに挑むアテナイの英雄テセウスと恋に落ち、糸玉を託してその片方を迷宮の入り口に結びつけた。
    迷宮の奥でミノタウロスを打ち倒したテセウスは、この糸を手繰ることにより迷宮から生きて脱出し、2人は結ばれたという。
    しかし、そうしてでクレタ島を出た2人は、理由は諸説あるがアテナイに辿り着く前に別れてしまい、テセウスの凱旋は悲劇を招くことになる。
    • 迷宮と糸玉の逸話から、不可能と思える難題を解決に導く知恵や道具を「アリアドネの糸」と呼ぶ。
      相手に応じたカウンター罠サーチとそのノーコスト化により、どんな強大な効果も容易く打開する能力はそのイメージとも合致する。

関連カード

このカードコストを不要にできるカウンター罠

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)のペンデュラム効果について

Q:この効果適用されている時に自分ライフポイントが1000未満の場合で本来発動できない状況でもライフポイントを払わずに《盗賊の七つ道具》発動する事ができますか?
A:はい、発動できます。(15/10/16)

Q:この効果適用されている時に自分手札0枚の場合で本来発動できない状況でも《エレキャンセル》発動できますか?
A:はい、発動できます。(15/10/16)


Tag: 《解放のアリアドネ》 モンスター ペンデュラムモンスター 効果モンスター 星4 光属性 天使族 攻1700 守800 スケール3

広告