紅蓮(ぐれん)指名者(しめいしゃ)/Appointer of the Red Lotus》

通常罠
2000ライフポイントを払い、手札を全て相手に見せて発動する。
相手の手札を確認してカード1枚を選択する。
次の相手のエンドフェイズ時まで、選択したカードをゲームから除外する。

 STARDUST OVERDRIVEで登場した通常罠
 複数の発動条件と、相手を一時的に手札破壊する効果を持つ。

 相手手札ピーピングした上に、除外するカードを選べる効果ではあるが、デメリットが目立つ。
 往年のハンデスカード《押収》下位互換と言える能力だが、ライフコスト《押収》のそれよりも重い上に、こちらの手札公開しなければならず、しかも次の相手エンドフェイズには手札に戻ってしまう。
 ピーピングを通して《マインドクラッシュ》等の他の指名系ハンデスカードを使う手もあるが、やはりデメリットが高くつく。

 逆に言えば、相手手札を全て見た上で必ず一枚のハンデスを行えるので、相手手札誘発対策としては有効なカードとなる。
 前述したようにデメリットが多いので、キーカードを使いたいあるいは一気に攻め込みたい場合が使いどころ。
 とりわけ【お触れホルス】【Bloo−D】人造人間などのようにフィールドロックするデッキや、攻撃反応カードを封印できる【古代の機械】でなら、このカードの価値は上がるだろう。

 2000ものライフを失い情報アドバンテージまで与えてしまうため、無効にされた場合は非常に不利になる。
 それでなくとも《マインドクラッシュ》等を発動される危険性もある。
 【暗黒界】【魔轟神】ならば手札を見せるリスクを最小限に抑える事ができる。
 また、発動前に自分手札を出来るだけセットしておくのも手だろう。

 似たような効果を持つカードには、対象ランダムだが発動条件を一切持たず、介入の難しい裏側表示除外できしかも除外時間の長い《光の封札剣》がある。
 除外したカード《異次元からの埋葬》等で墓地に戻す事で、完全にハンデスした事になるのはこちらのメリット
 また、《虚空海竜リヴァイエール》除外したモンスターを奪う事ができるが、下記の裁定によりこのコンボを決めるのは少し難しい。

  • 紅蓮とは紅色の蓮の花の事で、猛火の色にも例えられる。
    また、仏教用語においては、八寒地獄の七番目である紅蓮地獄の略称として使われる。
    死後そこに落ちた者は、極寒により皮膚が裂けて流血し、紅蓮花の様な姿になると言う。
    イラストから見て、このカードの「紅蓮」は後者の紅蓮地獄の事だろう。
    • 英語版では「Red Lotus」と訳しているが、これでは単純に色の話になってしまっている。

関連カード

―指名者と名のついたカードについては《闇の指名者》を参照。

収録パック等

FAQ

Q:自分手札がない(公開できない)時に発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(09/09/17)

Q:除外された手札のカードが次の相手エンドフェイズに戻る際にチェーンブロックが作られますか?
A:いいえ、作られません。(10/10/01)

Q:相手ターン発動したこのカードによって除外されたカードは、『次の相手ターン』のエンドフェイズ時に手札に戻りますか?
A:いいえ、相手ターンエンドフェイズ以前にこのカード発動し、選択したカードをゲームから除外した場合、除外されたカード手札に戻るタイミングは、同一ターン中のエンドフェイズとなります。(11/09/22)

Q:このカード相手ターンエンドフェイズ発動した場合、除外したカード手札に戻るのはいつですか?
A:このカード発動したエンドフェイズから数えて、次の相手ターンエンドフェイズ時に手札へ戻ります。(11/09/26)


Tag: 《紅蓮の指名者》 通常罠

広告