降雷皇(こうらいおう)ハモン/Hamon, Lord of Striking Thunder》

効果モンスター
星10/光属性/雷族/攻4000/守4000
このカードは通常召喚できない。
自分フィールド上に表側表示で存在する永続魔法カード3枚を
墓地に送った場合のみ特殊召喚する事ができる。
このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
このカードが自分フィールド上に表側守備表示で存在する場合、
相手は他のモンスターを攻撃対象に選択できない。

 SHADOW OF INFINITYで登場した光属性雷族特殊召喚モンスター
 三幻魔の1体であり、永続魔法3枚を墓地へ送ることで特殊召喚でき、相手モンスター戦闘破壊墓地へ送った時に発生するバーン効果表側守備表示で存在する時に他のモンスターへの攻撃を封じる効果を持つ。

 召喚コスト永続魔法のため、カードが揃いさえすれば先攻ターン目からでも特殊召喚できるが、消費枚数の割に効果が貧弱なのが難点。
 攻撃力守備力共に4000という高ステータスは魅力的だが、何の耐性も持たないため、あっさり除去されてしまう可能性もある。
 また、戦闘破壊が必要なバーン効果と、表側守備表示の必要がある攻撃抑制効果で噛み合っていないのも痛い。

 その召喚条件から、永続魔法を多用する専用デッキを組まなければ採用は難しい。
 【天変地異コントロール】では、《天変地異》《デーモンの宣告》永続魔法のため、切り札として使用できる。
 【宝玉獣】においては、永続魔法扱いとなった宝玉獣召喚コストにすることで、手札消費を抑えられる。

 永続魔法には《レベル制限B地区》《平和の使者》等のロックカードもあるため、【ロックバーン】での採用も考えられる。
 しかし、大抵の場合は永続罠ロックカードも投入されるため、このカード攻撃力が活かせない場合もあり、バーン効果を狙うにしても《ステルスバード》を使った方が安定するため、相性はそこまで良くない。
 【ウィジャ盤】【炎星】永続魔法を多用するデッキではあるが、このカードを採用するよりは、デッキ本来の戦術で戦ったほうが良いだろう。

  • 名前の由来は悪魔「アモン(Aamon)」だろう。
    ソロモン72柱の悪魔の1柱であるアモンはエジプトで言うところの最高神アメン・ラーと同一とされている。
  • 初登場時の効果は以下のようになる。
    このカードは通常召喚できない。
    自分フィールド上の魔法カード3枚を
    墓地に送ることで特殊召喚する事ができる。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    罠の効果を受け付けず、魔法・効果モンスターの効果は
    発動ターンのみ有効となる。
    このカードが戦闘によって相手モンスターを破壊し墓地へ送った時、
    相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
    守備表示のこのカードが破壊されたターン、
    コントローラーの受けるダメージは0になる。
    この効果は発動ターンのみ有効とする。
    「十代&ヨハンvsユベル」戦では他のモンスター攻撃対象にできない効果が使われていることから、この時にOCG効果になったものと思われる。
    (「十代vs影丸」戦で攻撃表示《幻魔皇ラビエル》ではなく、守備表示のこのカード攻撃されたことから、最初からこの効果を持っていた可能性もある)
    「ヨハン(ユベル)vsアモン」戦では《強者の苦痛》効果を受けていたため、魔法カードへの耐性効果は無くなったようである。

関連カード

―類似召喚条件

―類似効果バーン効果

―類似効果攻撃対象制限)

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《スライム増殖炉》表側表示で存在する状態で《スライム増殖炉》墓地へ送ってこのカードを特殊召喚することは可能ですか?
A:いいえ、《スライム増殖炉》墓地へ送って特殊召喚を行うこと自体できません。(07/09/05)

Q:戦闘相打ちになった場合、相手ライフダメージを与える効果発動しますか?
A:フィールドに存在していないので発動しません。(08/11/26)

広告