青眼の究極竜(ブルーアイズ・アルティメットドラゴン)/Blue-Eyes Ultimate Dragon》

融合モンスター
星12/光属性/ドラゴン族/攻4500/守3800 
「青眼の白龍」+「青眼の白龍」+「青眼の白龍」

 「遊戯王デュエルモンスターズII 闇界決闘記」 決闘者伝説 in TOKYO DOME 優勝賞品として登場した光属性ドラゴン族融合モンスター
 融合素材《青眼の白龍》3体であり、自身は《究極竜騎士》融合素材かつ《青眼の光龍》召喚条件である。
 《オベリスクの巨神兵》を上回り、効果を持たないモンスターの中では最も高い攻撃力を持つ。

 普通に融合召喚すると3枚ものディスアドバンテージになるため、工夫が必要となる。
 《融合》を使う場合、《伝説の白石》《ドラゴン・目覚めの旋律》コストにすれば、1枚のアドバンテージを得つつ3枚の《青眼の白龍》手札に揃えられる。
 その他には、《沼地の魔神王》《融合徴兵》《融合準備》《闇の量産工場》等で補助しても良い。

 《龍の鏡》を使用すれば、ディスアドバンテージを抑え、融合召喚の難易度を下げることができる。
 《竜の霊廟》《トレード・イン》シンクロ召喚などによって《青眼の白龍》墓地に3枚置けば、手札1枚で融合召喚が可能になる。
 一方、《龍の鏡》融合素材除外して墓地アドバンテージを失ってしまうため、《復活の福音》《銀龍の轟咆》《蒼眼の銀龍》との相性は良くない。
 そこで、フィールド墓地《青眼の白龍》として扱う《青眼の亜白龍》を利用すれば、《青眼の白龍》墓地に残しておくことも可能になる。
 《青眼の亜白龍》効果によって相手カード破壊し、攻撃できなくなった後に融合素材にしても良い。
 その他、墓地へ送った融合素材同名カード扱いとなる《E・HERO プリズマー》効果を活用する手もある。

 しかし、同じ融合素材召喚できる《真青眼の究極竜》は、同等のステータスに加えてモンスター効果を持つため、基本的にはあちらの方が良い。
 一方、《青眼の光龍》リリースや、《究極竜騎士》融合素材とする場合には、こちらを優先することになるだろう。
 また、専用サポート《アルティメット・バースト》を使えば《真青眼の究極竜》のような連続攻撃を行えるが、より特化した構築が必要とされる。
 その他の利点としては、《デモンズ・チェーン》などの効果モンスターメタにかからず、《ダイガスタ・エメラル》《絶対魔法禁止区域》等が利用できることが挙げられる。

 他の召喚手段としては、《デビル・フランケン》による特殊召喚が最も手っ取り早い。
 もっとも、この場合は《サイバー・エンド・ドラゴン》などの高打点と効果を持つカードと枠を争うことになり、優先度は低い。
 【青眼の白龍】においても、リターンに対してライフコストが莫大すぎるのは否めない。
 一方【インフェルノイド】では、インフェルノイドの制約を無視して呼べる打点要員として活躍が可能である。

  • 「決闘者伝説 in TOKYO DOME」優勝商品の《青眼の究極竜》は、2012年5月27日にYahoo!オークションで1,200,000円で落札された。
  • 「アジアチャンピオンシップ 2001」優勝賞品の《青眼の究極竜》はYahoo!オークションにかけられ、2005年11月に1,203,000円で落札された。
    それから約4年半後、2011年5月に再びYahoo!オークションに出品され、同年5月29日に1,006,000円の値で落札されている。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • アニメ版の記憶編では、大邪神ゾークに対して使用された。
    セトの《青眼の白龍》が大邪神ゾークに敗れたばかりか、ゾークによって幼い頃の自分とモクバに酷似した兄弟が焼き殺されるのを目の当たりにし、激昂した海馬がデュエルディスクを出現させ融合召喚した。
    さらには千年秤を手にして駆けつけたアテム融合し、《究極竜騎士》となった。
  • 海馬の切り札であるにも関わらず、海馬が使用した際の(アニメオリジナルを含めた)勝率は驚くほど低い。
    初登場した王国編の「vs遊戯」戦において、表遊戯に精神攻撃を仕掛けデュエル放棄に追い込んだのが唯一黒星の付かなかったデュエルであり、それ以降海馬はこのカードを使用した全てのデュエルで敗北している。
    (ただしタッグ戦の「闇遊戯&海馬vsダーツ」戦では自身は脱落したがパートナーは勝利している。)
    ファンの間では「究極竜を出すと海馬は負ける」「負けフラグ」などと言われることもある。
  • なお、海馬以外の人物が使用した場合の勝率は高く、《融合解除》とのコンボで主人公2人・章ボス1人から勝利を収めている。
  • 「モンスターカプセルGB」ではゲーム上、いわゆるラスボス的ポジションということもあって最強クラスのモンスターとして登場する。
    名前は長すぎたために《BEAドラゴン》と省略されているが、御存知の通り「アルティメット」のつづりは「Ultimate」であり、《BEUドラゴン》でないとおかしい。
    類例として《ハーピィ・レディ・SB》が存在する。

関連カード

融合素材

融合関連

サポートカード

同名モンスター3体を融合素材とする融合モンスター

―《青眼の究極竜》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《青眼の究極竜》 融合モンスター モンスター 星12 光属性 ドラゴン族 攻4500 守3800 ブルーアイズ

広告