非常食(ひじょうしょく)/Emergency Provisions》

速攻魔法
(1):このカード以外の自分フィールドの
魔法・罠カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる。
自分はこのカードを発動するために墓地へ送ったカードの数×1000LP回復する。

 Struggle of Chaos −闇を制する者−で登場した速攻魔法
 自身以外の自分フィールド魔法・罠カードを任意の枚数墓地へ送る発動条件と、墓地へ送った枚数分自分ライフポイント回復する効果を持つ。

 自分魔法・罠カード《治療の神 ディアン・ケト》に変換する効果とも読み替えられる。
 質素な効果に思えるかもしれないが最大5000ポイントのライフゲインとなり、フリーチェーン速攻魔法であるため活用する術は多い。
 (このカード以外の4枚+フィールド魔法。なお、ペンデュラムゾーンカードエクストラデッキに行く特性により「墓地へ送る」行為ができない。)
 自分魔法・罠カード発動してチェーンを積んだ時に最後に発動する事で、自分がそれまでに積んだチェーンの数×1000ポイント回復するカードとして使える。
 相手《ハーピィの羽根帚》等の全体除去効果に対して発動するのも守勢な使い道だが悪くないと言える。
 その際に、自分フィールドの他の伏せカードフリーチェーン魔法・罠カードで固めておけば、それらをまとめて発動する事で大きく相手の意表を突けるだろう。

 基本的にライフ・アドバンテージが軽視されがちなゲームなので、その点でやや評価は著しくないかもしれない。
 特にエキストラターンエキストラデュエルでもなければ、ライフ回復のみで勝利する事はできない。
 メインデッキへ投入するのであれば、主にコンボパーツとして考え、プレイングによる大量のライフ回復はおまけと考えたい。

 相性の良いカードは比較的多く見られるが、何れもコンボパーツとしての側面が強く手札事故を誘発しやすい。
 「破壊」ではなく「墓地へ送る」事から、《継承の印》といった対象自壊させるカードの持つデメリットを回避できる。
 コストとして墓地へ送るため、この用途ではカウンターを受けて無効化されるのを警戒する必要がないのは強みである。
 《安全地帯》等が持つフィールドから離れた場合に自壊させるデメリットは回避できないが、発動した段階で相手モンスター対象にしておけば単体除去として機能する。
 ロックから攻勢に転じる際に、ロックカードをまとめて墓地へ送りつつライフ回復で反撃に備えたりもできる。

 このカードの持つ効果を最大限に発揮したコンボが、《悪夢の蜃気楼》《ゴブリンのやりくり上手》等と組み合わせた【やりくりターボ】である。
 また、こちらの《死皇帝の陵墓》相手に利用させないために【スピリット】【死皇帝の陵墓】で投入される事もある。
 魔法&罠ゾーンがすぐに埋まる【宝玉獣】とも相性がよい。
 【チェーンバーン】においてライフ回復手段として採用する事もできる。

  • 「非常食」とはその名の通り、災害・戦時中など大規模な有事の際・非常時に配給、食べるための備蓄食料である。
    その歴史は古く、第1次世界大戦などでは銃後(戦地における戦場の後ろ)にて衛生兵らが常備していた。
    イラストの缶詰状態のものは、「缶切り」がない時代にはピストルでそのもの自体を破壊して中身を食べていた、という史実がある。
    食感は石のように固く、水でふやかし口に含むという特殊な形態のものもある。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメオリジナル「乃亜編」において、「海馬vsビッグ5(大門)」戦で大門が使用。
    直前に伏せた《エレメントの泉》墓地に送り、《お注射天使リリー》効果ライフコストを補った。
    この時は、発動したこのカードから黒い芋虫の様な物が出てきてセットされたカードを喰らうという、妙にグロテスクな演出がなされた。
    同じくアニメオリジナルの「ドーマ編」における「海馬vsアメルダ」(2戦目)でも登場。
    アメルダが攻撃可能なモンスターカードさえ引き当てれば勝利だった局面で、引いたカードはこのカードであった。
    その後も、アニメオリジナル「KCグランプリ編」において、遊戯・海馬・マスク・ザ・ロック(双六)がそれぞれ使用。
    マスク・ザ・ロック(双六)は《悪夢の蜃気楼》とのコンボで使用し、遊戯・海馬は切り札を使うためのライフコスト不足をこれで補っていた。
    トッププレイヤーが使用する辺り、あちらの世界においてはライフ回復手段を用意するのも常識であったのだろう。
  • 「乃亜編」の回想シーンにおいて、海馬がモクバに株の仕組みを計100枚のカードで説明する際に使用している。
  • アニメZEXALでは名前の似ている通常魔法宇宙非常食(スペース・レーション)》が登場している。
    ただ、効果ライフ回復でなく《紅蓮魔竜の壺》のようなドローソースだった。
    また、ZEXALII(セカンド)第92話では、学園祭の模擬店「MonsterCafe」のメニューとして小鳥が提示している。
  • アニメVRAINSではこのカードを意識したと思われる通常罠《リンク・レーション》が登場している。

関連カード

―類似効果

―《非常食》が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドに、表側表示永続魔法が4枚とセットされたこのカードが存在しています。
  相手《魔法効果の矢》発動したので、《非常食》をチェーンし4枚の永続魔法全てを墓地へ送った場合、処理はどうなりますか?
A:《魔法効果の矢》効果処理の時点で、永続魔法は全てフィールドを離れており破壊されませんので、その4枚分のダメージは発生しません。
  しかしこの《非常食》自体が残っているため、この《非常食》が破壊され500ダメージを受けます。

Q:チェーン2以降に発動した《チェーン・ブラスト》を《非常食》のコスト墓地へ送った場合、《チェーン・ブラスト》効果《チェーン・ブラスト》デッキに戻りますか?
A:いいえ、《チェーン・ブラスト》等のデッキに戻る効果は「自身がフィールドに残っている場合のみ」適用されるので、それ以外の要因でフィールドから離れた場合適用されません。

Q:適用中の《マクロコスモス》をこのカード墓地へ送れますか?
A:いいえ、送れません。(08/09/26)

Q:魔法&罠カードゾーンに5枚が埋まっている状態で、このカード発動できますか?
  (魔法・罠カードコスト墓地に送り空きを作っての発動ができるか)
A:空きが存在しないので発動できません。(12/12/02)

Q:フィールド魔法特殊召喚されている罠モンスター発動コストに使えますか?
A:使えます。(12/12/02)


Tag: 《非常食》 魔法 速攻魔法

広告