A・O・J(アーリー・オブ・ジャスティス)

デッキの概要

 光属性リバースモンスターに強いA・O・Jを中心としたデッキ
 しかしそれらを使わないデッキも多く存在するため、サポートカードの豊富な闇属性機械族で統一されていることを活かした構築をすることになる。

《A・O・J アンリミッター/Ally of Justice Unlimiter》
効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 600/守 200
このカードをリリースして発動できる。
自分フィールド上の「A・O・J」と名のついたモンスター1体を選択し、
その攻撃力をエンドフェイズ時まで元々の攻撃力の倍にする。
《DNA移植手術/DNA Transplant》
永続罠
発動時に1種類の属性を宣言する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
フィールド上の全ての表側表示モンスターは自分が宣言した属性になる。

デッキ構築について

 A・O・Jサポートカードは扱いにくい《A・O・J サンダー・アーマー》と、《A・O・J アンリミッター》(とA・O・Jではない《フレムベル・マジカル》)しか存在しない。
 また肝心の光属性リバースモンスターへの効果も爆発力のあるものはほとんどない。
 そのため、汎用性の高いA・O・Jや爆発力の高いモンスターを主に採用していく事になる。

メインデッキモンスターについて

A・O・Jモンスター
 活用するためには相手フィールド光属性が必要となるなど、クセが強く相手依存の効果が多数を占める。
 後述の《DNA移植手術》との併用を前提にするにしても、軸となるA・O・Jを決め、種類を絞って採用するのが無難と言える。

相手フィールド光属性特殊召喚するモンスター
 《DNA移植手術》等の属性変更効果を持つカードを用意できない場合もあるため、こちらから相手光属性送りつける戦術も取り入れたい。
 なお、これらは《A・O・J D.D.チェッカー》がいると特殊召喚できない点には注意が必要である。

―その他のモンスター
 闇属性機械族を中心にA・O・Jの弱点をうまく補うモンスターを投入することで、デッキの戦力や安定性を大幅に上げることが可能になる。

エクストラデッキモンスターについて

 基本的に《ブラック・ボンバー》《ジャンク・シンクロン》を経由したレベル5と7のシンクロ召喚が基本となる。
 それ以外はレベルモンスターが主軸となるため、ランク4のエクシーズモンスターも選択できる。

A・O・Jモンスター
 いずれもシンクロモンスターであり、その中でも実用性があるものは限られる。

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

 専用サポートカードが存在しないため、モンスターカード同様既存のカードで特に相性の良いもの、汎用性の高いものを使うことになる。

フィールド上のモンスター光属性に変更するカード
 これらのカードがなければほとんどのA・O・J程度にしかならない。
 投入するA・O・J、及び光属性に関する効果を持つカードにより使い分けたい。

機械族サポートカード

―その他のカード

戦術

 大前提として、属性変更や送りつけによって相手フィールド光属性を用意し、A・O・J効果を活用できるようにする。
 その後は、メタ効果によって相手の行動を阻害しつつ、機を見て《A・O・J アンリミッター》《A・O・J ディサイシブ・アームズ》といった爆発力の高いカードによる大ダメージを狙う。

デッキの種類

《A・O・J クラウソラス》

 《A・O・J クラウソラス》通常モンスターサポート等で特殊召喚し、《A・O・J アンリミッター》強化する。
 《DNA移植手術》等を投入しなくていいためある程度安定しやすいが、光属性を指定する他のA・O・Jの採用は見送られる。

 また、ペンデュラム召喚を組み込む事もできる。
 ペンデュラムスケール1〜8のモンスターが揃っているために、《A・O・J クラウソラス》《A・O・J アンリミッター》を同時にペンデュラム召喚する事も可能。
 通常モンスターサーチがしやすいので《A・O・J アンリミッター》《リミッター解除》ドローしやすくなる点でもシナジーがある。
 攻撃後には《A・マインド》シンクロ召喚する、ペンデュラムモンスターと共にエクシーズ素材とするなどして相手ターンを凌ぐ。

【メタビート】

 展開力の低さを補うため、《虚無空間》といった永続罠《DNA移植手術》と共に《宮廷のしきたり》で守りつつ、《A・ジェネクス・ドゥルダーク》《A・O・J コアデストロイ》といったカード除去していく。
 構造の関係上、A・O・Jの採用は少数にとどまりがちである。

このデッキの弱点

 機械族がほとんどになるので、《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》には当然弱い。
 下級モンスターにはアタッカークラスのものが少なく、汎用性の高い効果を持ったものも少ないため、カードが整わない場合は多くのデッキに特に苦戦を強いられるだろう。
 特に《DNA移植手術》発動と維持ができなければ、デッキの大半がバニラ同然になってしまうので、【光属性】ではないデッキのほぼすべてが弱点となる。
 さらに相手が【光属性】であっても、弱点となるデッキは多い。
 特に《セイクリッド・プレアデス》は一度出されると除去手段がかなり限られてくるので、なるべく出させないように罠カードはきちんと投入しておきたい。
 A・O・Jの多くは相手が常にモンスターを展開してくれることを前提に設計されているため、不用意にモンスターを出さず、手札が揃い次第一気に展開する1ターンキル色の強いデッキは弱点になる。
 また戦闘に関連するカードが多いため、罠カード等の妨害手段が充実したデッキも弱点になる。

代表的なカード

関連リンク

広告