PSY(サイ)フレーム】

デッキの概要

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場したPSYフレームを中心とした【カウンタービート】
 下級モンスターPSYフレームチューナー相手の行動を妨害しつつ、シンクロモンスターを主なアタッカーとして使用する【サイキック族】デッキである。

《PSYフレーム・ドライバー/PSY-Frame Driver》
通常モンスター
星6/光属性/サイキック族/攻2500/守   0
電撃を操るサイキック戦士。
自律型増幅器「PSYフレーム」を駆り、セキュリティ・フォースに強襲を仕掛ける。
その姿は、正に電光石火の如し。
《PSYフレームロード・Ω/PSY-Framelord Omega》
シンクロ・効果モンスター(制限カード)
星8/光属性/サイキック族/攻2800/守2200
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、自分・相手のメインフェイズに発動できる。
相手の手札をランダムに1枚選び、
そのカードと表側表示のこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで表側表示で除外する。
(2):相手スタンバイフェイズに、
除外されている自分または相手のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを墓地に戻す。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分または相手の墓地のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードと墓地のこのカードをデッキに戻す。
《PSYフレームロード・Ζ/PSY-Framelord Zeta》
シンクロ・効果モンスター
星7/光属性/サイキック族/攻2500/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):1ターンに1度、相手フィールドの特殊召喚された
表側攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとフィールドのこのカードを次の自分スタンバイフェイズまで除外する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分の墓地の「PSYフレーム」カード1枚を対象として発動できる。
このカードをエクストラデッキに戻し、対象のカードを手札に加える。
《PSYフレーム・サーキット/PSY-Frame Circuit》
フィールド魔法
(1):自分フィールドに「PSYフレーム」モンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
自分フィールドの「PSYフレーム」モンスターのみをS素材としてS召喚する。
(2):自分の「PSYフレーム」モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に、
手札の「PSYフレーム」モンスター1枚を捨てて発動できる。
その戦闘を行う自分のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、
この効果を発動するため捨てたモンスターの攻撃力分アップする。

デッキ構築に際して

 PSYフレームチューナー効果発動条件により、能動的にこちらのモンスターをどかせられるカードや、相手ターン特殊召喚を行える効果を持つカードと相性が良い。
 またPSYフレームは全てサイキック族であるため、種族サポートカードも採用が検討できる。

モンスターカードについて

PSYフレーム

  • PSYフレームチューナー
    いずれも蘇生制限を持たない特殊召喚モンスターであり、以下の共通効果を持つ。
    このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。
    (1):自分フィールドにモンスターが存在せず、(固有の発動条件)時に発動できる。
    手札のこのカードと自分の手札・デッキ・墓地の
    「PSYフレーム・ドライバー」1体を選んで特殊召喚し、(固有の効果処理)。
    この効果で特殊召喚したモンスターは全てエンドフェイズに除外される。
    下記の5枚のうち、上の2枚がレベル1、下の3枚がレベル2となっている。
    基本的に特殊召喚の条件はレベルチューナーの方が満たしやすいが、その分レベルチューナーは高レベルシンクロモンスターに繋げやすく妨害性能も高い。
    手札に特定のモンスターが集中すると妨害行為が上手くいかないことも起こり得るので、それぞれの採用枚数のバランスは気を付けたい。

PSYフレームチューナーと相性の良いモンスター
 PSYフレームチューナー発動条件の関係上、能動的にモンスターゾーンからどけるモンスターとは相性が良い。

―相性の良いサイキック族モンスター
 サイキック族には除外に関係した効果を持つモンスターも多い。
 《サイコ・フィール・ゾーン》《サイコパス》などの除外されたモンスターを有効利用するカードを多く採用する場合はこれらのモンスターを採用するのも良い。

エクストラデッキについて

PSYフレームシンクロモンスター

―それ以外のモンスター
 基本的には上記2枚と使い分けられるレベル7・8のシンクロモンスターで埋まりやすい。
 ただ、高レベルシンクロモンスターは打点が高いことが多いためフィールドに残りやすく、PSYフレームチューナーとの相性が悪いのが難点。
 下記のように能動的にどけられるモンスター以外は出すタイミングや採用枚数をよく考えたい。
 《浮幽さくら》《轟雷帝ザボルグ》等を採用して枠を埋めるのも良い。

魔法・罠カードについて

PSYフレームサポートカード

サイキック族サポートカード

―それ以外のカード

戦術

 モンスターゾーンをあえて空けておき、相手の行動に手札PSYフレームチューナー効果カウンターさせて戦況を有利に運び、そこからシンクロ召喚に繋げるのが基本戦術。
 相手デッキが判明すれば、どのPSYフレームチューナー効果が有効なのかも把握できるため、なるべく早めに理解した上で《PSYフレームギア・α》《PSYフレーム・オーバーロード》サーチしておきたい。
 マッチ戦ではサイドチェンジの際に効果的なPSYフレームチューナーを多めに投入し、代わりに腐りやすいPSYフレームチューナーを抜いて戦いたい。
 また《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》といった影響力の強い永続カードメインデッキ及びサイドデッキに採用可能なので、サイドチェンジの際に大きく戦法を変えて戦ってみるのも面白いだろう。

デッキの派生

【妖仙PSYフレーム】

 召喚したターンエンドフェイズ手札に戻るためフィールドを空けやすい【妖仙獣】との混合デッキ
 特に下級妖仙獣は互いの効果シナジーしているため複数展開も容易であり、このデッキに欠けがちな積極的な攻撃を可能にしてくれる。
 下級妖仙獣はいずれも《炎舞−「天キ」》サーチできるのも利点。

【除外PSYフレーム】

 《マクロコスモス》《次元の裂け目》を採用したタイプ。
 どうせデメリット除外されるのなら、開き直って全部を除外して相手に大打撃を与えようというコンセプトである。
 《サイコ・フィール・ゾーン》《サイコパス》を無理なく採用して弱点を減らしつつ、相手メタを張ることができる。
 《マクロコスモス》下でシンクロ召喚して《サイコ・フィール・ゾーン》でさらに展開できれば理想。
 ただし、《PSYフレーム・ドライバー》が全て除外されている間はPSYフレームチューナー効果が使えないことに要注意。

このデッキの弱点

 手札からの特殊召喚が基本となるデッキのため、特殊召喚そのものを妨害してくるカードは非常に苦手とする。
 特にチェーンを作らない永続効果PSYフレームチューナーでは対処できないため、《大天使クリスティア》《ヴェルズ・オピオン》適用済みの《虚無空間》等は早急に除去しなければ詰みかねない。
 手札PSYフレームチューナー効果の発動を妨害してくる《メンタルドレイン》《暴君の暴言》等も天敵。

 アタッカーは基本的にシンクロモンスターに依存するため、【シャドール】【影霊衣】等のエクストラデッキメタ《クリムゾン・ブレーダー》《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》等の上級最上級モンスターメタも厄介な存在。
 なお、多くのデッキが影響を受ける《王宮の鉄壁》《マクロコスモス》等に関しては、このデッキでは毒にも薬にもなる。
 構築次第では辛い戦いになるが、基本的には通常のデッキより対処しやすいと言える。

 コントロールデッキの宿命ではあるが、相手も受け身なデッキの場合は膠着状態に陥ってデュエルが動かなくなることも起こり得る。
 そのような事態を打破するため、こちらからも動いていけるように《緊急テレポート》等のカードは採用しておきたい。

 多くはないが、《砂塵のバリア −ダスト・フォース−》《底なし落とし穴》等を発動されると、妨害がほぼできず好き勝手に動かれる。
 発動条件からフィールドモンスターがいるため、《PSYフレームギア・ε》では対処できない。
 

このデッキへの対策

 《PSYフレームギア・β》で対処できないモンスターを一度召喚し、他の行動を行わずそのモンスターのみで攻撃するというプレイングが有効。
 反転召喚であれば《PSYフレームギア・α》発動できないので、これを利用してモンスターを展開していきたい。
 相手の場にモンスターがいる時はPSYフレーム発動条件を満たしていない状況なので、チャンスを作る工夫をしたい。

 《PSYフレーム・サーキット》がないとこちらの手番でシンクロ召喚できないので、PSYフレームチューナーだけを破壊《PSYフレーム・ドライバー》を全て除外すれば《サイコ・フィール・ゾーン》すらできず動けなくなる。
 そのため《PSYフレーム・ドライバー》を最優先で狙うのも有効。

代表的なカード

関連リンク

広告