U.A.(ウルトラアスリート)

デッキの概要

 EXTRA PACK 2015で登場した「U.A.」と名のついたモンスター群を中心としたビートダウンデッキ
 U.A.攻撃と防御、いずれかに特化した固有のモンスター効果を持ち、共通の入れ替わり効果で即座に攻撃から防御・防御から攻撃にスイッチできるのが特徴。
 この攻防の切り替えの早さで戦線を維持し、相手を圧倒する。

《U.A.ファンタジスタ/U.A. Midfielder》
効果モンスター
星4/地属性/戦士族/攻1200/守1000
「U.A.ファンタジスタ」の、(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、
(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードは「U.A.ファンタジスタ」以外の
自分フィールドの「U.A.」モンスター1体を手札に戻し、
手札から特殊召喚できる。
(2):このカード以外の自分フィールドの「U.A.」モンスター1体を対象として発動できる。
その表側表示モンスターを手札に戻し、
その後そのモンスターとカード名が異なる「U.A.」モンスター1体を手札から特殊召喚する。
この効果は相手ターンでも発動できる。
《U.A.スタジアム/U.A. Stadium》
フィールド魔法
(1):自分フィールドに「U.A.」モンスターが召喚された場合に発動できる。
デッキから「U.A.」モンスター1体を手札に加える。
(2):1ターンに1度、自分フィールドに「U.A.」モンスターが特殊召喚された場合に発動する。
自分フィールドのモンスターの攻撃力は500アップする。
《U.A.パワードギプス/U.A. Powered Jersey》
装備魔法
「U.A.」モンスターにのみ装備可能。
(1):装備モンスターの攻撃力・守備力は1000アップし、
装備モンスターが相手モンスターと戦闘を行う場合、相手に与える戦闘ダメージは倍になる。
(2):装備モンスターの攻撃でモンスターを破壊した場合に発動できる。
このバトルフェイズ中、装備モンスターはもう1度だけ攻撃できる。
(3):自分スタンバイフェイズに発動する。
装備モンスターを除外する。
(4):装備モンスターが手札に戻る事でこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
このカードを手札に戻す。

デッキ構築に際して

 U.A.同名カード以外のU.A.を戻すことにより、手札から特殊召喚できる効果を持つ。
 また、上級U.A.の固有効果は攻撃的なものと防御的なものとに分類される。
 自分のターンアタッカーU.A.で相手を攻め立て、ブロッカーU.A.と交代し相手ターンをいかに凌ぐかが重要となる。

メインデッキモンスターについて

 U.A.は全て地属性戦士族で統一されておりアタッカー役とブロッカー役が混在する。
 《U.A.ファンタジスタ》以外は上級モンスターなので、リリース要員などの兼ね合いからそれらの採用枚数は吟味する必要がある。

アタッカーU.A.

ブロッカーU.A.

―その他のモンスター
 《U.A.ファンタジスタ》以外のU.A.は全て上級モンスターなので、フィールドU.A.がいないと手札事故を起こしてしまう。
 ゆえにU.A.を即座に呼び出すためのモンスターと、U.A.アドバンス召喚するためのモンスターを採用する。
 ただしアドバンス召喚は飽くまでU.A.フィールドに出す手段の一つに過ぎないため、リリース要員として使う場合は持続性よりも速効性が重視される。

エクストラデッキモンスターについて

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

 ブロッカー要員のU.A.の固有効果は優秀なので、召喚補助と攻撃補助に優れたものを中心とする。
U.A.サポートカード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 U.A.は殆どが上級モンスターだが、場にU.A.が存在していれば共通の特殊召喚効果により展開自体は難しくない。
 逆に言えばフィールドが空のままだと展開が滞ってしまうため、まずは1体目のU.A.フィールドに出さなければ始まらない。
 そのため展開及び《U.A.スタジアム》サーチ効果の起点となる《U.A.ファンタジスタ》の存在は非常に重要であり、まずはエンジンたるこの2枚を揃えることを最優先とする。
 《U.A.フラッグシップ・ディール》《増援》《テラ・フォーミング》等を駆使し、なるべく早い段階で確保したい。

 その後《U.A.ファンタジスタ》召喚して《U.A.スタジアム》で状況に合ったU.A.サーチ
 自分ターンではアタッカーU.A.特殊召喚して攻め、メインフェイズ2でブロッカーU.A.特殊召喚相手ターンは守りに徹する。
 これを毎ターン繰り返すことで徐々にモンスターの数を増やし、頃合いを見計らって《U.A.パワードギプス》で大ダメージを叩きこむのが基本戦術となる。
 《U.A.パーフェクトエース》等で相手を妨害しながら順当にU.A.を並べていけば、《U.A.スタジアム》強化効果により戦線を崩すことはより難しくなるだろう。

 《U.A.ファンタジスタ》を確保できない場合に備えて、上級モンスターアドバンス召喚する手段も用意しておきたい。
 《帝王の烈旋》が特にサポートとして優秀であり、《U.A.スタジアム》サーチ効果トリガーとなる点でも相性がいい。
 とにかくフィールドU.A.が存在してさえいればある程度の融通は利くため、《名推理》等のカード効果特殊召喚するのも有効。

このデッキの弱点

  • 手札事故
    上級モンスターを中心とする以上、手札事故の可能性は常に付きまとう。
    デッキの安定性をたった2種類のカードに依存していることもあり、その内1枚が来ないだけでたちまちジリ貧に陥ってしまう。
    特にこのデッキはあまり展開力が高い方ではなく、必要な札が揃った頃には既に手遅れという状況も珍しくない。
    サーチや展開手段を増やすのは勿論のこと、あまりにも手札事故が頻発する場合は一度モンスターの採用枚数のバランスを見直すのもいいだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告