【キャノンバーン】

デッキの概要

 あらゆる角度から《キャノン・ソルジャー》の弾を確保し、バーンを行うデッキ
 古くは2000年のアジアチャンピオンが使用したこともある由緒正しきデッキである。

 元々は《キャノン・ソルジャー》軸のデッキを指す名称であったが、現在は射出を行うデッキ全般を指すようになっている。  

《キャノン・ソルジャー/Cannon Soldier》
効果モンスター(禁止カード)
星4/闇属性/機械族/攻1400/守1300
自分フィールド上に存在するモンスター1体をリリースする事で、
相手ライフに500ポイントダメージを与える。

デッキ構築に際して

 【キャノンバーン】というデッキ名にこそなっているが、カードプールの増加に伴い、《キャノン・ソルジャー》に拘る必要はなくなっている。
 更に、当の《キャノン・ソルジャー》《トゥーン・キャノン・ソルジャー》18/07/01において禁止カードになっており、それらを使用する構築は運用できなくなっている。
 射出のページを参考にしながら、デッキコンセプトに合わせたものを選択しよう。

 最も汎用性の高いものは、禁止カードにまでなった《ダーク・ダイブ・ボンバー》エラッタ以前)であろう。
 シンクロ召喚を組み込んだデッキであれば、腐る事なく容易に1ターンキルを狙えたのである。
 例えば【増草剤1キル】は、【植物族】《ダーク・ダイブ・ボンバー》を採用するだけでも成り立っていた。

 《ファイアウォール・ドラゴン》を組み込むことで《血の代償》の様に下級モンスター特殊召喚し続けられ、《暗黒プテラ》ガジェットを用いたものは同じような動きで1ターンキルが可能だったが19/01/01において《ファイアウォール・ドラゴン》禁止カードとなったためこの動きは不可能となった。

デッキの派生

【アンデットオーム】

 《ゾンビ・マスター》蘇生を初めとしたアンデット族特有の展開力を活かし、《プリーステス・オーム》射出をするデッキ
 詳しくは該当ページ参照。

【ギガプラ1キル】

  1. 《超合魔獣ラプテノス》《ギガプラント》2体(A、Bとする)射出カードを並べる。
  2. 《ギガプラント》(A)で、手札墓地《ギガプラント》(B)を特殊召喚
  3. 《ギガプラント》(A)を射出
  4. 《ギガプラント》(B)で《ギガプラント》(A)を蘇生
  5. 《ギガプラント》(B)を射出
  6. 《ギガプラント》(A)で《ギガプラント》(B)を蘇生。3.へ戻る。

【継承の印1キル】

  1. 射出カード墓地《宇宙砦ゴルガー》を3枚(いずれかが蘇生制限を満たしていればよい)、手札《継承の印》を揃える。
  2. 《継承の印》《宇宙砦ゴルガー》蘇生し、効果で装備している《継承の印》バウンスする。
  3. 効果を使った《宇宙砦ゴルガー》射出。2.に戻る。

現在は構築不可能なデッキ

 キーカード禁止カードとなったりエラッタを受けたため、構築が不可能・困難となったものを紹介する。

【サイエンカタパ】

 《魔導サイエンティスト》で七体の融合モンスター特殊召喚《カタパルト・タートル》射出する事を目標としたデッキ
 世界大会でも流行し、究極の【キャノンバーン】とも言える。

【混黒1キル】

 《混沌の黒魔術師》魔法カードサルベージする効果を利用して無限ループを行うデッキ
 《カタパルト・タートル》を使った無限ループではないタイプや、《王宮の鉄壁》を使ったタイプも存在する。
 詳しくは該当ページ参照。

【増草剤1キル】

 《氷結界の龍 ブリューナク》《生還の宝札》《増草剤》、そして射出カードで決める1ターンキル

  1. 《増草剤》で適当な植物族モンスターを蘇生《生還の宝札》で1ドロー
  2. 《氷結界の龍 ブリューナク》《増草剤》手札戻す
  3. 植物族モンスター射出。1.に戻る。

【ゾンビキャリア1キル】

  1. 《ゾンビキャリア》墓地へ送る
  2. 《王宮の鉄壁》《生還の宝札》発動
  3. 手札1枚をデッキトップに戻し、《ゾンビキャリア》蘇生
  4. 《生還の宝札》効果で1枚ドロー
  5. 射出カード《ゾンビキャリア》射出
  6. 《王宮の鉄壁》が場にあるため、「墓地へは送られずゲームから除外される」という効果無効となり墓地へ送られる。
  7. 以下、2.に戻る

 上記の【ボルト・ヘッジホッグ1キル】に絡めるのもあり。
 1ターンで勝負をつけるのも可能なため、《成金ゴブリン》も採用圏内である。
 この場合むやみに《王宮の鉄壁》発動させるのはできるだけ避けよう。
 下手をすると相手《ゾンビキャリア》を無限に蘇生させられてしまうからである。

【キャノンプテラ1キル】

 《暗黒プテラ》《血の代償》とのコンボによる無限ループを狙う。
 詳しくは《キャノン・ソルジャー》を参照。

【ガジェットバーン】

  1. 自分フィールド上に射出カード《血の代償》を、手札ガジェットどれか1体、《貪欲な壺》3枚を揃える。
  2. 手札ガジェット通常召喚する。これによりデッキから特定のガジェット手札加える
  3. 射出カードガジェット射出
  4. 《血の代償》効果でさっき加えたガジェット通常召喚効果で特定のガジェット手札加える
  5. 3.に戻って墓地ガジェットが5体以上、手札ガジェットが1枚存在という状態になるまで繰り返した後、《貪欲な壺》発動
  6. 以下、3.に戻って繰り返し。
    相手よりライフポイントが1以上多くないとできない。

 また、《ダイガスタ・エメラル》によって墓地ガジェット《ダイガスタ・エメラル》デッキ戻す事で、デッキ内のガジェットを切らさずに無限ループを達成する事もできる。
 ただし《ダイガスタ・エメラル》エクシーズ召喚を行う都合上、単純に考えて弾数が半分になるため、何らかのライフ回復が必要である。

【ボルト・ヘッジホッグ1キル】

 《王宮の鉄壁》《ボルト・ヘッジホッグ》除外されるのを防ぎつつ、延々とそれを射出していく無限ループを利用したデッキ
 《成金ゴブリン》《おろかな埋葬》等を駆使して《ボルト・ヘッジホッグ》チューナー射出効果を持つモンスターを素早く並べたい。

 チューナーは、《増援》サーチできる戦士族チューナーがいい。
 《増援》を共有でき、墓地を肥やす《調律》でもサーチできる《ジャンク・シンクロン》を採用すれば、シンクロ召喚を主力にできる。
 《トゥルース・リインフォース》リクルートできる《X−セイバー パシウル》は、としても活躍する。
 戦士族である《終末の騎士》からサーチでき、《王宮の鉄壁》とは相性のよい《ゾンビキャリア》などもよいだろう。

 射出効果を持つカード《ボルト・ヘッジホッグ》とのシナジーを考え、《キャノン・ソルジャー》《トゥーン・キャノン・ソルジャー》が適している。
 墓地を肥やすのにターンはまたぐようになったが、【未来オーバー】の要素も無理なく組み込みつつ1ターンキルを狙える。
 この際、《ニトロ・シンクロン》等の機械族チューナーも採用すれば、それらも墓地に落とすことが出来る。

 そのほか、ランク2のエクシーズモンスターを多く採用する事で、《王宮の鉄壁》が引けなかった場合でも戦力の確保や射出対象を増やす事ができる。
 ランク2のエクシーズモンスターを12体採用した場合、フィールド《トゥーン・キャノン・ソルジャー》チューナー墓地《ボルト・ヘッジホッグ》を2体用意する事で《王宮の鉄壁》無しで1ターンキルが達成可能となる。

【イレカエル1キル】

 【ガエル】の一種で《イレカエル》で大量のガエルを墓地へ送り、《粋カエル》自己再生リリースを確保する1ターンキルデッキ

《ファイアウォール・ドラゴン》

 高い展開能力を持ち《血の代償》と同等あるいはそれ以上となる《ファイアウォール・ドラゴン》を軸としたタイプ。
 無限ループあるいは大量展開による1ターンキルが可能なる領域にあり、最終的に4枚もの射出持ちカード禁止カードに送り込むことになった。

《キラー・スネーク》+《苦渋の選択》採用型

 第2期環境中盤で活躍したデッキ
 《苦渋の選択》によってエラッタ前の《キラー・スネーク》を一気に墓地へと叩き込み、射出の玉数を稼ぐ。
 補助には《血の代償》が採用されており、《キラー・スネーク》は壁モンスターとしても機能する等臨機応変な戦いが可能。
 ただし、早期決着する構成ではないので、(当時としては)攻撃力を上げやすかった《ムカムカ》や、各種魔法カード罠カードアドバンテージを広げる戦い方を主軸とした。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告