【ゴゴゴ】

デッキの概要

 ORDER OF CHAOSで登場した「ゴゴゴ」と名のついたモンスター群でエクシーズ召喚を行うビートダウンデッキ
 また全てのゴゴゴモンスターレベル4であるため、ランク4のエクシーズ召喚に特化した構築になりやすい。

《ゴゴゴジャイアント/Gogogo Giant》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻2000/守   0
このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地の「ゴゴゴ」と名のついた
モンスター1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
その後、このカードは守備表示になる。
また、このカードは攻撃した場合、バトルフェイズ終了時に守備表示になる。
《ゴゴゴゴーレム/Gogogo Golem》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1800/守1500
フィールド上に表側守備表示で存在するこのカードは、
1ターンに1度だけ戦闘では破壊されない。
《ゴゴゴゴースト/Gogogo Ghost》
効果モンスター
星4/闇属性/アンデット族/攻1900/守   0
このカードが特殊召喚に成功した場合、
自分の墓地の「ゴゴゴゴーレム」1体を選択して表側守備表示で特殊召喚できる。
その後、このカードは守備表示になる。
「ゴゴゴゴースト」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
《ゴゴゴギガース/Gogogo Gigas》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻   0/守2200
このカードが墓地に存在し、
自分が「ゴゴゴ」と名のついたモンスターの特殊召喚に成功した場合、
このカードを墓地から表側守備表示で特殊召喚できる。
「ゴゴゴギガース」の効果は1ターンに1度しか使用できず、
この効果を発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

デッキ構築について

 デッキを組む際には、ゴゴゴの特徴である「レベル4」や「岩石族アンデット族」といった種族属性を活かした構築が求められる。
 中でも《ゴゴゴジャイアント》《ゴゴゴゴースト》効果の性質上、墓地を肥やす要素はどのような形であっても必要になってくる。

ゴゴゴと名のついたモンスター

 《ゴゴゴジャイアント》3体だけでもデッキとしては一応機能するが、安定性を考えると他のゴゴゴも少なくとも1枚は入れておいた方が良い。
 また《ゴゴゴゴースト》を使う場合は、その効果による蘇生先である《ゴゴゴゴーレム》は絶対に外せない存在になってくる。
 なお、この4体だけでも《ゴゴゴジャイアント》《ゴゴゴゴースト》《ゴゴゴゴーレム》《ゴゴゴギガース》と繋げられる点も覚えておこう。

採用するエクシーズモンスターについて

 前述の通り、チューナーなどを使わない場合、エクストラデッキ15枚はほぼランク4のエクシーズモンスターで埋め尽くすことになる。
 特に【アンデット族】の要素を取り入れて《ゴゴゴゴースト》を使う場合は、素材が3体必要になるものでも積極的に採用して問題ない。
 《No.101 S・H・Ark Knight》《鳥銃士カステル》など、とにかく汎用性の高い効果を持つものをなるべく多種多様に採用しよう。
 なお【岩石族】【ダーク・ガイア】に特化させる場合は、岩石族悪魔族エクシーズモンスターを優先して採用するのも良いだろう。
 また《ブロック・ゴーレム》を使用する場合は、その制約の性質上、必然的に地属性エクシーズモンスターが優先されることになる。

その他相性のいいモンスター

岩石族モンスター
 →【ゴゴゴ岩石】

アンデット族モンスター
 →【ゴゴゴアンデ】

相性のいい魔法・罠カード 

ゴゴゴサポートカード

―その他相性の良いカード

戦術

《ゴゴゴゴースト》を用いる場合

 序盤は墓地《ゴゴゴゴーレム》を落とすことを優先してデュエルを進め、ゴゴゴ2種類の効果を活かせる下地を作ることが肝心。
 《召喚僧サモンプリースト》効果を用いれば、楽に任意のゴゴゴデッキから引っ張り出すことができる。
 《ゴゴゴゴーレム》墓地に置かれた後は《ゴゴゴゴースト》《ゴゴゴジャイアント》ランク4のエクシーズモンスターを展開する。
 ただし《ゴゴゴジャイアント》手札に引き寄せるのは決して容易ではないため、投入可能なら《強欲で謙虚な壺》などはおさえておきたい。
 なお【アンデット族】寄りの場合は、《召喚僧サモンプリースト》から《ゾンビ・マスター》なども出せるため、素早く展開に移ることができる。
 手札に持ってくるのが難しい《ゴゴゴジャイアント》とその効果に頼らなくても、十分にエクシーズ召喚する機会が見込めるだろう。
 状況次第では《召喚僧サモンプリースト》《ゾンビ・マスター》《ゴゴゴゴースト》《ゴゴゴゴーレム》と繋ぐことも可能である。

《ゴゴゴゴースト》を用いない場合

 《召喚僧サモンプリースト》などで展開のための準備を済ませておくと戦いやすい点に関しては同じである。
 しかし《ゴゴゴゴースト》を使わない場合、必ずしも《ゴゴゴゴーレム》墓地へ送る必要はなく、《ゴゴゴギガース》でも構わない。
 《ゴゴゴゴースト》を用いない時、大抵の場合はゴゴゴ【岩石族】なり【ダーク・ガイア】なりにそのまま混ぜられている程度である。
 敢えてゴゴゴによるエクシーズ召喚を急がなくても、《地球巨人 ガイア・プレート》《E−HERO ダーク・ガイア》でも十分に戦える。
 とはいえ《封印の黄金櫃》《強欲で謙虚な壺》など、《ゴゴゴジャイアント》手札に持ってくる手段はそれなりに準備しておこう。
 《召喚僧サモンプリースト》リクルートした後、《BF−精鋭のゼピュロス》《A・ジェネクス・バードマン》で回収するという手もある。

その他

 《召喚僧サモンプリースト》を軸に据える場合、その効果をより確実に使うために魔法カードは比較的多めに採用する必要があるだろう。
 【アンデット族】寄りの構築にする場合、採用する罠カード《王宮のお触れ》カウンター罠などの4〜5枚に留めておくことも考えられる。
 またエクシーズ召喚するエクシーズモンスターは、できるだけ能動的にエクシーズ素材を消費し、墓地へ送ることができるものを優先したい。
 特に《ゴゴゴゴーレム》の投入枚数が少ない場合、エクシーズ素材として存在しているために後続の《ゴゴゴゴースト》が機能しにくい場合がある。
 エクシーズ召喚を連発できる準備が整ったら《ヴェルズ・ウロボロス》などを出し、フィニッシャーとしたい。
 全体除去に加え、自身のエクシーズ素材を1度に全て墓地へ送ることができる《No.91 サンダー・スパーク・ドラゴン》は特にお勧めの1枚である。

デッキの種類

【ゴゴゴ岩石】

 ゴゴゴを、岩石族コアキメイル4種や《地球巨人 ガイア・プレート》などと共に用いる【岩石族】がベースとなるデッキ
 主に自身の種族岩石族である《ゴゴゴジャイアント》と、《ゴゴゴゴーレム》または《ゴゴゴギガース》【岩石族】に混ざる形になる。

 岩石族ゴゴゴ墓地へ送る手段として《岩投げアタック》《岩投げエリア》を採用しやすいのが【岩石族】寄りにする利点の1つ。
 コアキメイル維持コスト《地球巨人 ガイア・プレート》墓地コストという形ではあるが、自身の種族も活かすことができる。
 特に【ダーク・ガイア】の要素を持つ【岩石族】で使う場合、岩石族側の融合素材としてゴゴゴが持つ高い攻撃力は十分に役立つ。
 この型の場合《一族の結束》《ブロック・ゴーレム》も使えるが、エクシーズ召喚の幅が狭まるという難点もあるので注意しよう。

【ゴゴゴアンデ】

 《ゴゴゴゴースト》効果をより有効に使用するために、デッキ【アンデット族】の要素を色濃く取り入れたデッキ
 基本《ゴゴゴゴースト》はフル投入前提のデッキで、《ゴゴゴゴースト》を使う場合はこの型が強く推奨される。

 アンデット族側からは、レベル4で特殊召喚効果を持つ《馬頭鬼》《ゾンビ・マスター》《ピラミッド・タートル》などを採用できる。
 これに《召喚僧サモンプリースト》《終末の騎士》も採用すれば、かなり効率的に《ゴゴゴゴースト》効果を使うことができる。
 これ以上に《ゴゴゴゴースト》を出す手段が必要なら、相手デッキメタにもなり得る《生者の書−禁断の呪術−》がお勧めである。
 また、他の型よりもエクシーズ召喚を連発しやすくなるので、《エクシーズ・ギフト》《エクシーズ・リボーン》なども採用できる。
 その場合は、手札腐って《召喚僧サモンプリースト》コストに使える《ジェネレーション・フォース》の採用なども考えてみよう。

【ゴゴゴホープ】

 《希望郷−オノマトピア−》効果を最大限活かすために、【希望皇ホープ】の要素を多く取り入れたデッキタイプ。
 通常の【ゴゴゴ】に比べエクストラデッキが圧迫されるため、採用できるランク4の選択肢が狭まり対応力が落ちてしまうのが難点である。
 そのため1ターンで大きなダメージを与えられるような爆発力の高さを求めていきたい。

 デッキの軸になる《希望郷−オノマトピア−》はフル投入した上で、サーチ出来る《テラ・フォーミング》あたりも一緒に投入したい。
 《No.39 希望皇ホープ》エクシーズ召喚《ゴゴゴゴースト》リクルートして更なる展開に繋げていくのがデッキの基本的な動きになる。
 この際に《エクシーズ・チェンジ・タクティクス》発動していれば、大きなアドバンテージを稼ぐことも出来る。
 《ZW−阿修羅副腕》ダメージ上昇に大きく貢献し、自身もエクシーズ素材になれるレベル4なので好相性である。
 相手モンスター破壊して効果ダメージを与える《ホープ・バスター》も採用候補になる。
 RUMも相性が良く1ターンキルも見えてくる火力を誇るが、エクストラデッキの圧迫はより増すので、エクシーズモンスターの選別は慎重に行いたい。

 また、使用カードにZEXAL主人公である九十九遊馬のカードが多いため、彼のキャラデッキを作りたい人には向いているデッキである。

このデッキの弱点

特殊召喚封じ

 このデッキは基本的に《ゴゴゴジャイアント》《ゴゴゴゴースト》効果を用いてエクシーズ召喚したエクシーズモンスターが戦線の要となる。
 よって特殊召喚を封じられた場合、ゴゴゴには単独でそういったカードを処理する手段が存在しない点も考えるとかなり厳しい状況になる。
 【アンデット族】寄りの構築にしている場合、《ゴゴゴジャイアント》を上回る攻撃力を持つモンスター戦闘では処理できない危険性すらある。
 特殊召喚を封じる有用なカードの数はそう多くはないが、それがモンスター効果でも魔法・罠カードでも対応できるように対策をしておきたい。

除外

 《ゴゴゴジャイアント》《ゴゴゴゴースト》も、墓地蘇生対象となるゴゴゴ除外されてしまっては機能のしようがない。
 特に【アンデット族】寄りの構築の場合、《ゴゴゴゴーレム》《奈落の落とし穴》などで狙い撃ちにされる危険性が非常に高い。
 またデュエル序盤から《次元の裂け目》《マクロコスモス》を使われてしまうと、墓地を肥やすために動き始めることすらできない。
 その点も考えて《ゴゴゴゴーレム》は2枚以上入れておくか、《馬頭鬼》との相性も良い《異次元からの埋葬》の採用も考えておこう。

その他

 【岩石族】寄りにする場合、とにかく【アンデット族】寄りのものよりも圧倒的に速度が遅く、エクシーズ召喚できる機会も少なくなりがちである。
 元々早く動く方ではない【岩石族】《ゴゴゴゴーレム》《ゴゴゴギガース》を投入することで、さらに速度を低下させてしまうおそれさえある。
 【アンデット族】寄りの場合でも、うまく回ればエクシーズ召喚を連発できるものの、展開自体は決して早くはないことも忘れてはならない。
 またどちらともカード除去する手段に乏しい種族なので、《サイクロン》《ブラック・ホール》などの汎用性の高い除去は必ず入れておこう。
 例えば《デビリアン・ソング》などで全体のレベルを乱されると、ランク4ばかりが採用されているエクストラデッキからは何も出せなくなる。
 ゴゴゴ自体が一度フィールドに出して役目を終えると以降バニラ同然になるものばかりなので、相手メタを取り除く手段は欠かせない。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告