【スピードロイド】

デッキの概要

 ブースターSP−ハイスピード・ライダーズ−で登場したスピードロイドを中心とした【シンクロ召喚】
 属するモンスターが全て風属性機械族で統一されており、風属性に関連した効果を持つカードもあるため、【風属性】の要素も若干含む。

  • 略称の【SR】と表記されることもある。
《SRベイゴマックス/Speedroid Terrortop》
効果モンスター(制限カード)
星3/風属性/機械族/攻1200/守 600
「SRベイゴマックス」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
デッキから「SRベイゴマックス」以外の
「スピードロイド」モンスター1体を手札に加える。
《SRタケトンボーグ/Speedroid Taketomborg》
効果モンスター
星3/風属性/機械族/攻 600/守1200
自分は「SRタケトンボーグ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
(1):自分フィールドに風属性モンスターが存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードをリリースして発動できる。
デッキから「スピードロイド」チューナー1体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで
自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
《スピードリバース/Speed Recovery》
通常魔法
(1):自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
(2):墓地のこのカードを除外し、
自分の墓地の「スピードロイド」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを手札に加える。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

デッキ構築に際して

 スピードロイドモンスターサーチリクルート蘇生レベル変動といったシンクロ召喚に必要な要素を多く持つカテゴリである。
 そのため互いのシナジーが強く、純構築でも十分なシンクロ召喚が可能である。

 また、《SRタケトンボーグ》《SRオハジキッド》など、風属性以外の展開を封じる制約を持つカードが存在する関係上、エクストラデッキは通常の【シンクロ召喚】に比べ風属性を多めに採用すると良い。
 メインデッキの方も構築次第では【風属性】寄りにすることも可能である。
 なお、墓地利用カードが多い一方で墓地を肥やす事自体には秀でていないため、墓地利用カード墓地を肥やすカードとのバランスには気を付けたい。

モンスターカードについて

スピードロイドモンスター
 シンクロモンスターについてはエクストラデッキの項を参照の事。

―相性の良い風属性モンスター

  • 展開補助

―それ以外の属性で相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

スピードロイドシンクロモンスター
 どれも扱いやすいシンクロモンスターではあるが、主力やフィニッシャーとするにはやや力不足な点も目立つ。
 スピードロイドサポートカードに対応するのが最大の長所であり、《スピードリバース》蘇生すればさらなるシンクロ召喚への足掛かりとなる。

スピードロイド以外のエクストラデッキモンスター
 《SRタケトンボーグ》《SRオハジキッド》、相性の良い《ガスタの神裔 ピリカ》の存在から風属性モンスターが中心となりやすい。
 以下に代表的な風属性モンスターを記す。

魔法・罠カードについて

スピードロイドサポートカード

―それ以外で相性の良いカード

戦術

 《SRベイゴマックス》召喚特殊召喚して《SRタケトンボーグ》サーチし、特殊召喚後にチューナーリクルートしてシンクロ召喚を行うのが基本戦術である。
 サーチ蘇生リクルートサルベージを常に自分ターンで行えるように意識しておき、しぶとくシンクロ召喚エクシーズ召喚を続けたい。
 邪魔なカードメタになるカードに対しては、《ヒドゥン・ショット》や各種汎用カードで対処していきたい。

基本的な動き

 《SRベイゴマックス》1枚から動き出せるのが特徴。
 自身の効果特殊召喚し、スピードロイドサーチすることで様々な展開が可能。

風属性レベルシンクロモンスター2体

条件:手札《SRベイゴマックス》(必須)、《SRタケトンボーグ》《SR三つ目のダイス》《SR電々大公》《SR赤目のダイス》のうち2枚、自分フィールドモンスターが存在しない
   ※《SR電々大公》《SR赤目のダイス》の組み合わせは不可
結果:フィールド風属性レベルシンクロモンスター2体、墓地《HSRマッハゴー・イータ》《SR三つ目のダイス》

  1. 《SRベイゴマックス》特殊召喚
  2. 《SRベイゴマックス》効果手札にないスピードロイドサーチ
    手札《SRタケトンボーグ》《SR三つ目のダイス》《SR電々大公》or《SR赤目のダイス》にする。
  3. 《SRタケトンボーグ》特殊召喚
  4. 《SR三つ目のダイス》以外のスピードロイドチューナー召喚特殊召喚する。
    《SR赤目のダイス》召喚特殊召喚した際には効果《SRベイゴマックス》レベルを4に変更する。
    1. 《SRタケトンボーグ》リリースし、《SR電々大公》《SR赤目のダイス》のうち、手札に無い方を特殊召喚
    2. 手札から《SR電々大公》または《SR赤目のダイス》召喚
  5. 《SRベイゴマックス》レベル4)と《SR赤目のダイス》《HSRマッハゴー・イータ》シンクロ召喚
  6. 《HSRマッハゴー・イータ》《SR電々大公》風属性レベルシンクロモンスターAをシンクロ召喚
  7. 《SR電々大公》墓地から除外し、手札《SR三つ目のダイス》特殊召喚
  8. フィールドスピードロイドチューナーが存在するので、《HSRマッハゴー・イータ》自己再生
  9. 《HSRマッハゴー・イータ》《SR三つ目のダイス》風属性レベルシンクロモンスターBをシンクロ召喚

 モンスター効果に対して強い《クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン》を2体並べることができる。
 魔法・罠カードによる破壊を対策するのであれば一方を《スターダスト・ドラゴン》にしても良い。
 また、墓地《HSRマッハゴー・イータ》を用意できるため、次のターン以降もスピードロイドチューナーが存在すれば自己再生を狙える。
 《SR三つ目のダイス》除外することで1度だけ攻撃を防ぐこともできる。

 《SRベイゴマックス》とで《HSRマッハゴー・イータ》シンクロ召喚できればよいため、《SR赤目のダイス》《SRドミノバタフライ》でも代用可能。
 ただし、《SRドミノバタフライ》エクストラデッキへ送られるため、蘇生サルベージはし難くなる。

デッキの種類

《霞の谷の神風》

 《霞の谷の神風》を採用することで【セルフ・バウンス】要素を組み込んだ構築。
 非チューナースピードロイド手札にあって腐ることは殆どなく、バウンスの起点となる《霞の谷のファルコン》風属性なので、シナジーは中々。
 《霞の谷の神風》効果《SRベイゴマックス》特殊召喚したり、《チキンレース》を使いまわすことでアドバンテージを稼ぐのが狙い。
 《霞の谷の雷神鬼》はこのデッキで不足しがちな打点を補うこともできる。
 《BF−精鋭のゼピュロス》も有力候補であり、ランク4のエクシーズ召喚も狙いやすくなる。

《星邪の神喰》

 一部のスピードロイド効果発動できる《星邪の神喰》を中心に据え、それと相性の良いモンスターと合わせ墓地アドバンテージを得つつ戦う構築。
 墓地アドバンテージを最重要視するので、《クリバンデット》《光の援軍》といった墓地を肥やすことができるカードは必須。
 《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》の他、《星邪の神喰》が起動できる《SRバンブー・ホース》《SR三つ目のダイス》をメインに採用する。
 《SR三つ目のダイス》《ネクロ・ガードナー》《ペロペロケルペロス》《超電磁タートル》らを併用することで非常に堅い布陣を敷き、《虚空海竜リヴァイエール》で再利用することで粘り強く戦うことができる。
 これらだけでは展開力が不足するので、《SR電々大公》《SR赤目のダイス》《幻獣機オライオン》《幻獣機ブルーインパラス》辺りを採用しておきたい。
 特有の弱点としては《王宮の鉄壁》《オッドアイズ・メテオバースト・ドラゴン》があり、どちらも敷き詰めた布陣が全く用を成さなくなってしまう。
 かなりの勢いでデッキを減らしていくので、デッキ破壊に対しても脆い。

デッキの派生

【エクシーズ召喚型】

 《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》サーチすることで、手札消費1枚でランク3のエクシーズ召喚が行える点に注目した構築。
 上記2種以外では、チューナー且つ攻撃封じや展開効果を持つ《SR三つ目のダイス》《SR電々大公》蘇生サルベージを兼ね備える《スピードリバース》も採用できる。
 基本的には【彼岸】【幻影騎士団】【魔人】等のランク3を中心としたデッキに上記のカードを混合させた構築となる。

【音響SR】

 種族属性が一致している【音響戦士】との混合デッキ
 音響戦士チューナーはそれぞれレベル種族属性を変更する効果を持っているため、通常では縛りが厳しいシンクロモンスター特殊召喚しやすい。
 除外に関係した効果を持つモンスターも多く、この点で《虚空海竜リヴァイエール》を併用しやすいと言える。
 また、ペンデュラムモンスター《音響戦士ギータス》《音響戦士マイクス》の両方を採用すればレベル2〜6のペンデュラム召喚も可能となる。
 ペンデュラムモンスターシンクロ素材にしても次のターンペンデュラム召喚で再びフィールド特殊召喚できるので、上手くいけば毎ターン安定してシンクロ素材を用意できる。

【ドラグニティSR】

 風属性シンクロ召喚デッキ【ドラグニティ】との混合型。
 スピードロイドからは《SRベイゴマックス》《SRタケトンボーグ》など特殊召喚が容易なモンスターを中心に、通常召喚権を《ドラグニティ−ドゥクス》に充てることで、展開力を大幅に高めることが可能。
 純正【スピードロイド】ではシンクロ召喚しにくい《ゴヨウ・キング》《PSYフレームロード・Ω》などの大型シンクロモンスターを1ターンで複数体並べられる速攻型のデッキである。
 難点は、【スピードロイド】・【ドラグニティ】ともに必要パーツが多めなので、防御系の罠カードを採用しにくくなることと、展開用の《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》エクストラデッキを圧迫することか。

【WWSR】

 同じく風属性の展開に長けたWWとの混合構築。
 WWは誓約のため展開先が風属性に限定されやすいのだが、スピードロイドはそのデメリットを共有できるので大きな問題になりにくい。
 上記で説明が述べられている《WW−スノウ・ベル》以外では以下のモンスターが存在する。

このデッキの弱点

 種族属性は統一されているため《群雄割拠》《御前試合》にはそれなりに強いものの、シンクロ召喚を基本戦術としている関係上それ以外のシンクロ召喚メタカードはほぼ全て弱点とする。
 具体的には《強制脱出装置》を始めとしたバウンス《虚無空間》《ライオウ》等の特殊召喚メタ《インヴェルズ・ローチ》《クリムゾン・ブレーダー》のような高レベルモンスターメタ等がある。

 スピードロイド召喚・特殊召喚に成功した時に効果発動するものが多く【スキルドレイン】系統のデッキには非常に弱いため《サイクロン》を始めとした除去カード積んでおきたい。
 それ以外にも低ステータスメタ《王虎ワンフー》《魔のデッキ破壊ウイルス》機械族メタ《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》《システム・ダウン》等にも十分注意したい。
 見かけることは少ないが、強力な風属性メタ《猛毒の風》も殆ど行動できなくなるため、こちらも速やかな除去が求められる。

 間接的な弱点ではあるが、レベル7以下のシンクロモンスターを主力にする関係上、高攻撃力モンスターで攻めるタイプのデッキ相手の場合はどうしても力負けしやすい。
 そのため《ヒドゥン・ショット》を始めとした除去コンバットトリック等の攻撃力を補う手段も用意しておきたい。

このデッキの歴史

第9期(2014年〜)

代表的なカード

関連リンク

広告