【ディフォーマー】

デッキの概要

 CROSSROADS OF CHAOSで登場したディフォーマーを中心としたデッキ
 「表示形式によって変化する効果」と、サポートカードによってテクニカルな動きをする。
 デッキの中核《D・モバホン》の存在もあり、その展開力は一級品。
 1ターンで一気にモンスターフィールドが埋まる事も珍しくなく、その制圧力とトリッキーな効果相手を翻弄する。

《D・モバホン/Morphtronic Celfon》
効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:サイコロを1回振り、
出た目の数だけ自分のデッキの上からカードをめくる。
その中からレベル4以下の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスター1体を選び、
召喚条件を無視して特殊召喚し、残りのカードはデッキに戻してシャッフルする。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
●守備表示:サイコロを1回振り、
出た目の数だけ自分のデッキの上からカードを確認して
元の順番でデッキの上に戻す。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。
《D・スマホン/Morphtronic Smartfon》
特殊召喚・チューナー・効果モンスター
星1/地属性/機械族/攻 100/守 100
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の「D(ディフォーマー)」モンスター1体を除外した場合に特殊召喚できる。
(1):このカードは表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけデッキの上からカードをめくる。
その中から「D(ディフォーマー)」カード1枚を手札に加え、
残りはデッキに戻してシャッフルする。
●守備表示:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
サイコロを1回振り、出た目の数だけデッキの上からカードを確認し、
デッキの上か下に好きな順番で戻す。 
《D・ボードン/Morphtronic Boarden》
効果モンスター
星3/地属性/機械族/攻 500/守1800
このカードはこのカードの表示形式によって以下の効果を得る。
●攻撃表示:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
自分フィールド上の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスターは
相手プレイヤーに直接攻撃できる。
●守備表示:このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
このカード以外の自分フィールド上の「D(ディフォーマー)」と名のついたモンスターは
戦闘では破壊されない。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ディフォーマーモンスター

―その他のモンスター
 サーチリクルート等はディフォーマーモンスター効果やそのサポートカードで充分フォローできる。
 そのため基本はそれらのカード発動を手助けするモンスター手札誘発などの妨害系カードをメインに採用したい。
 ディフォーマー以外を投入しすぎると《D・モバホン》《D・スマホン》効果を阻害してしまう点も注意。

エクストラデッキモンスターについて

シンクロモンスター
 レベルが分散しており、同レベルモンスターの展開手段も限られているため、シンクロモンスターをメインに採用したい。

リンクモンスター
 新マスタールール施行後は、複数体シンクロモンスターを展開するためにはリンクモンスターが必須となった。
 展開力に長けたこのデッキリンク素材を用意することは比較的容易く、《鎖龍蛇−スカルデット》等の強力なリンクモンスターを展開することも可能である。
 エクストラデッキのバランスを考えつつ、必要に応じて採用していきたい。

魔法・罠カードについて

ディフォーマー専用サポートカード

―その他の魔法・罠カード

戦術

 まずはデッキの核となる《D・モバホン》を手早くサーチリクルートし、効果を使って展開していくのが序盤の動きとなる。
 その過程でもう一体の《D・モバホン》リクルートするか、《D・スマホン》から《D・リペアユニット》サーチできれば更なる展開を狙える。

 その後はチューナー・非チューナーを揃え、ディフォーマーの決定力不足をシンクロ召喚で補う。
 幅広いレベルシンクロ召喚が可能であり、どのレベル帯でもシンクロ召喚に繋げられるようシンクロモンスターを用意できるとなお良い。
 もちろん運が絡む点やリクルートしたディフォーマーによってはその時点で動きが止まることになる。
 《機械複製術》蘇生カードを用いて根気良く効果を使っていく必要があるだろう。

 基本的には大量展開からの1ターンキルがメインとなるため、相手伏せカード手札誘発には充分注意したい。
 1体1体のディフォーマーが貧弱であるため、大量展開の目処が立たなければ一気に盤面が瓦解してしまうことを念頭に入れたい。

デッキの種類

《D・ボードン》

 特定のディフォーマーを大量展開し、《D・ボードン》直接攻撃能力を付与させビートダウンを行う。
 1ターンキルを狙うタイプのものは通称【ボードン1キル】と呼ばれる。

 《D・ボードン》以外では全体強化できる《D・ラジオン》2回攻撃を行える《D・ラジカッセン》を揃えていく。
 これら3体を並べ、全員で直接攻撃を決めれば1300+1800+2000×2の合計7100ダメージとなる。
 よって《D・スマホン》等、攻撃力100以上のディフォーマーを更に1体揃えることができれば1ターンキル達成となる。
 《リミッター解除》《団結の力》を用いることでさらに1ターンキルを狙いやすくなるだろう。

 しかしシンクロ召喚軸と違い特定のモンスターを指定するので展開の柔軟性に乏しく、あちら以上に事故率が高くなりやすい。
 爆発力は申し分ないため、伏せ除去や防御札を使いつつ上記3体を速やかに揃えたいところである。

このデッキの弱点

 低ステータスモンスターを起点に大量展開を行うため、特殊召喚封じや《スキルドレイン》に弱い。
 また、《ライオウ》《王虎ワンフー》等を立たされるだけでも、その対処に多くのリソースを割かれてしまう。
 《D・スピードユニット》以外の伏せ除去モンスター除去も惜しまず投入したい。

 展開の最中の《激流葬》、展開後の《励輝士 ヴェルズビュート》による全体除去で場を荒らされる事も避けたい。
 巻き返す余力があるならば問題ないが、基本は《スターライト・ロード》《神の宣告》に代表されるカウンター罠で回避したいところ。

 《増殖するG》も厄介であり、《D・ボードン》軸ならまだしもシンクロ召喚軸は止め所が重要となる。
 ディフォーマーは使う効果によっては攻撃表示にする必要があり、低攻撃力を晒して相手ターンを渡すかシンクロ召喚を続けるかを考えなくてはならない。

代表的なカード

関連リンク

広告