【フェザーパーミッション】

デッキの概要

 《E・HERO フェザーマン》と、専用カード《フェザー・ウィンド》を中心としたパーミッションデッキ
 【E・HERO】【ローレベル】【戦士族】等のギミックによる戦線構築と、【パーミッション】の守りを組み合わせられる。

《E・HERO フェザーマン/Elemental Hero Avian》
通常モンスター
星3/風属性/戦士族/攻1000/守1000
風を操り空を舞う翼をもったE・HERO。
天空からの一撃、フェザーブレイクで悪を裁く。
《フェザー・ウィンド/Feather Wind》
カウンター罠
自分フィールド上に「E・HERO フェザーマン」が
表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
魔法・罠の発動を無効にし、そのカードを破壊する。

デッキ構築に際して

 《フェザー・ウィンド》は強力だが発動条件があるため、これだけに頼りすぎず汎用カウンター罠との使い分けが重要。
 これらを効率よく維持、活用するために以下のようなカードを採用していきたい。

《E・HERO フェザーマン》フィールドに維持する

《フェザー・ウィンド》を使いまわす

下級モンスターに関して

上級モンスターに関して

融合モンスターに関して

 属性指定の融合素材を持つE・HEROや、《マスク・チェンジ》特殊召喚出来るM・HEROがメインになる。
 蘇生による使い回しを阻害する代わりに手札消費の無い《ミラクル・フュージョン》や、手札コストがかかる代わりに無効にされない《超融合》が活用できる。

魔法・罠カードに関して

 デッキの肝であるカウンター罠についての説明は、【パーミッション】に譲る。
 このデッキではそれに加え《フェザー・ウィンド》も採用できるため、より強固な守りを展開できるが、その分手札事故が起きないよう、モンスターカードとの枚数調整は慎重に行いたい。

 魔法カードに関しては、【パーミッション】同様必須カードと呼べるものはない。
 融合のギミックを使うのであれば、当然融合カードが必要となるが、やはり積みすぎると手札事故が起きる。

基本戦術

 《フェザー・ウィンド》をはじめとするカウンター罠相手の行動を妨害。
 こちらは《冥王竜ヴァンダルギオン》や各種融合モンスター等をフィニッシャーとする。
 以上が理想的な流れとなる。

 基本は他の【パーミッション】と変わりはないが、やはりノーコストである《フェザー・ウィンド》は強み。
 《魔宮の賄賂》等の汎用性の高いものも加え、より多くのカウンター罠を積み込める。

 従来の【パーミッション】に比べ、E・HERO通常モンスターサポートカード使用出来る点もポイント。
 特に《王者の看破》使用出来る《E・HERO ネオス》は重要。
 重複したり墓地へ送られた《E・HERO フェザーマン》融合素材として活用できる。

このデッキの弱点

 他の【パーミッション】と同じく、カウンター罠無効化、破壊に弱い。
 罠カード封じや全体除去等弱点は多く、その対策として《神の宣告》《魔宮の賄賂》《天罰》等を投入したい。
 融合召喚を取り入れる場合、特殊召喚メタカードに弱くなる。
 高速化が進む環境において、《E・HERO フェザーマン》を守るためにも、カウンター罠は多数採用して差し支えない。

登場環境において

 このデッキができた当時では効果無効にするカードコストが重いものが多く、大会などで活躍はしなかったものの一定の個性を持ったデッキとなっていた。
 現在では《鋼核の輝き》といった同じような効果を持つカードが登場し、範囲も広い《王者の看破》等も登場した事で、このデッキならではの利点というものが少なくなってしまっている。
 ただし《E・HERO ネオス》を共に採用すれば通常モンスターサポートカードを共有しつつ《王者の看破》を採用できるため、全く組むメリットと個性がなくなったわけではない。

代表的なカード

関連リンク

広告