【ロックバーン】

デッキの概要

 ロックバーンを複合させたデッキの総称。
 相手の行動をロックし、カードの効果相手ダメージを与えるのが基本的な戦術。
 コントロールデッキの要素があり、速攻で勝負を決めにかかる【フルバーン】とは対照的。

 構造が単純で分かりやすいだけに、実際のデュエルではデッキ間の相性が大きく影響する。
 メインから魔法・罠カード破壊する効果モンスター複数枚採用しているデッキには非常に分が悪い。
 また、マッチ戦では《王宮のお触れ》《トラップ・スタン》等をサイドデッキから採用することも多く、マッチ2戦目以降は非常に苦しい戦いを強いられる。

 勝利だけを追及するなら1戦目に勝利した後《光の護封壁》から《自爆スイッチ》を連打し、2戦目と3戦目を引き分ける手がある。
 また、サイドからの《王宮のお触れ》投入を見越して《デビル・フランケン》1ターンキルを狙う戦術もある。

 ロックによる攻撃の抑制、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》の存在により、多くのバーンデッキが苦手とする《冥府の使者ゴーズ》に高い耐性を持つ。

デッキ構築に際して

ロック

―全体ロック永続カード
 【ロックバーン】の存在意義はビートダウンに対する勝利である。
 そのため、相手モンスター攻撃を封じるために全体ロック永続カードを投入する。

―その他

火力

―累積火力
 ロックカードにスロットを割くと【フルバーン】に比べてダメージソースが減少するが、その分「1枚で与えるダメージ」を増加させたい。
 そこで、毎ターンの特定フェイズダメージを累積する誘発効果モンスター永続カードが活きてくることになる。

相手(もしくは自分)のカードの数に比例して強化される火力
 ロックを仕掛けることで、自分相手コントロールするカードの数は増える。
 そのため、自分相手カードの数に比例して強化される火力が活きてくる。

防御カード

このデッキの弱点

デッキの派生

【ジャマキャン】

 《マジック・キャンセラー》を採用した【ロックバーン】。
 罠カードの割合を高くして、《マジック・ジャマー》の代わりに《マジック・キャンセラー》を採用する。
 永続的に効果を封じられるがモンスターカードであるため、モンスター除去には警戒すべき。
 特に《激流葬》等の召喚反応型罠に加え、《強制脱出装置》等のタイミングを選ばない罠には要注意。

【除去反転】

 【ロックバーン】で活躍する《ステルスバード》以外にも、【ロックバーン】に適したサイクル・リバースモンスターは存在する。
 《デス・ラクーダ》によるドロー効果は、ロックカードを用いることで真価を発揮する。
 また《番兵ゴーレム》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》手札に戻し、相手モンスターを潰す機会を増やすのもいい。
 この場合相手へのダメージは少なくなるものの、相手には「《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》が厄介で、うかつに2体以上フィールド召喚できない」とプレッシャーをかけられる。

 ただサイクル・リバースを多用した場合、効果モンスターによるダメージよりも、彼らによる直接攻撃によるダメージを期待できることが多い。
 これはロックカードで敵の攻撃を防ぎつつ、《スカラベの大群》《イナゴの軍勢》などで、相手フィールドを壊滅させて殴り倒せるからである。
 こうなるとバーンとしての意味合いは薄くなるが、シナジー的にも【ロックバーン】と【除去反転】を組み合わせる意義はある。

サンプルレシピ

登場環境において

 【ロックバーン】というギミックは古くから存在していたが、カードの選択肢が増えるまでは中々頭角をあらわさなかった。
 始祖と言われる《ビッグバンガール》《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》を軸にした【キュアバーン】が登場したのは第2期のことである。
 また、【ロックバーン】の基礎を作ったのは【ジャマキャン】であり、当時の流行を踏まえたメタデッキとしても生まれた。
 しかし、どちらも火力ロックパーツが不充分であり、回復カードダイレクトアタッカーで補っていた。
 このデッキジャンルが確立されたのはメタ先であった魔法カードの減少、恒久的な火力の増加によるものである。
 相次ぐ魔法カードの制限強化によって《マジック・キャンセラー》が不要となり、火力ロックパーツが整ったのは第4期前半のことであった。
 《サイクロン》の制限化やファラオの遺産で登場した《レベル制限B地区》の影響は大きかったと思われる。

参考

  • コナミのゲーム作品において―
    タッグフォースシリーズで購買部のセイコさんが使用するデッキ
    一見、本編でのデュエルの描写以前の出番の少なさ、同じ購買部のトメさんがアニメ・ゲーム共に超初心者級であることなどから強いとは考えにくいが、実はデュエリストレベル10(最高レベル)の【ロックバーン】使いなのだ。
    カードプールの増加によって、相対的にロックを破りやすくなった3ではレベル9に降格しているが、それでも十分強敵である。
    当然ナメてかかって返り討ちにあうデュエリストも少なくなく、勝利を狙うならある程度メタを張らなければいけないだろう。

代表的なカード

関連リンク

広告