起爆獣(きばくじゅう)ヴァルカノン】

デッキの概要

 《起爆獣ヴァルカノン》を中心とした【正規融合】【ビートバーン】の両面を持つデッキ
 融合素材の指定が「機械族モンスター炎族モンスター」と緩いため、幅広い構築が可能である。

《起爆獣ヴァルカノン/Ignition Beast Volcannon》
融合・効果モンスター
星6/地属性/機械族/攻2300/守1600
機械族モンスター+炎族モンスター
このカードが融合召喚に成功した時、
相手フィールド上に存在するモンスター1体を選択して発動する事ができる。
選択した相手モンスターとこのカードを破壊して墓地へ送る。
その後、墓地へ送られた相手モンスターの攻撃力分のダメージを相手ライフに与える。
《重爆撃禽 ボム・フェネクス/Blaze Fenix, the Burning Bombardment Bird》
融合・効果モンスター(制限カード)
星8/炎属性/炎族/攻2800/守2300
機械族モンスター+炎族モンスター
自分のメインフェイズ時、フィールド上に存在するカード1枚につき
300ポイントダメージを相手ライフに与える事ができる。
この効果を発動するターンこのカードは攻撃する事ができない。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

デッキ構築に際して

 デッキの構築としては【機械族】【炎族】の混合となる。
 基本的にアドバンテージを稼ぐ事を意識しつつ、それらを《起爆獣ヴァルカノン》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》火力へと変換するのが理想である。

 また重要となるのは《融合》を軸とするか、《フュージョン・ゲート》を軸とするかである。
 もちろん、両者を採用する事も考えられるが、どちらかを中心にするかによって採用するカードが変わる。

モンスターカードについて

―メインとなるモンスター
 主に《起爆獣ヴァルカノン》フィニッシャー《重爆撃禽 ボム・フェネクス》はメインアタッカーとして利用する事になる。

機械族モンスター
 マシンナーズガジェット等、アドバンテージを稼げるモンスターが多く、ある程度自由に選択できる。

炎族モンスター
 カードプールの関係上、機械族よりも選択肢は少なくなってしまう。

エクシーズモンスター
 レベル4を多めに採用しているならばランク4を採用することができる。

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

 主に融合召喚サポートするカード、採用した機械族炎族モンスターサポートするカードを採用すると良い。

融合召喚補助

カテゴリサポートカード

―その他のカード

戦術

 基本的には【爆風ロケット】【ガジェット】等のハンド・アドバンテージを意識するデッキと同様となる。
 最も異なって来るのは、得たハンド・アドバンテージ融合召喚へと利用する点である。
 先のデッキではそれぞれ、得たアドバンテージコストや、単純な1:1交換カードで利用する。
 しかし【起爆獣ヴァルカノン】では得たアドバンテージ融合素材とし、それによる大型モンスターという火力に利用する。
 もちろん、融合召喚に括るだけでなく、【爆風ロケット】の様に手札コストとして利用する方法も用意すると良い。

 このデッキの大きな特徴は同じ融合素材を用いる融合召喚先が2種類存在している事である。
 それぞれの役割が被っていないため、状況に応じて使い分ける事が鍵となる。

 また、《起爆獣ヴァルカノン》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》バーンしきれるライフポイントの「安全圏」も生まれてくる。
 つまり《起爆獣ヴァルカノン》の存在から相手は自身の残りライフポイントを超える攻撃力を持つモンスターフィールド上に並べ難くなる。
 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》も同様にフィールド上にカードプレイし難くなる。
 この「見えない縛り」をうまく生かして行くことも重要となってくる。

《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を使用する

 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》の優れている点は、その攻撃力
 《起爆獣ヴァルカノン》を使って除去するまでもない状況ではない場合、主にこちらを融合召喚する。

 また、バーン効果も持っているため、ロック相手にした場合や、伏せカードを警戒し攻撃をし難い状況等でも有効に使用できる。
 少なくとも、ロックカードまたは伏せカード《重爆撃禽 ボム・フェネクス》で600ポイントダメージとなる。
 フィールド上のカードが4枚存在するだけで、1度に1000ポイント程度のダメージは見込めるため、バーン効果の存在を忘れない様にしたい。

《起爆獣ヴァルカノン》を使用する

 《起爆獣ヴァルカノン》の優れている点は、除去効果とそれに付随するバーン効果である。
 相手フィールド攻撃力の高いシンクロモンスター融合モンスター等が存在している場合に、こちらを融合召喚する。

 除去効果無効にされない限り防がれ難く、バーン効果は無くなってしまうが《奈落の落とし穴》等を発動されても除去は達成できる。
 とはいえ、単純な除去ならば《地砕き》等で十分であるため、やはりバーン効果を発揮したい。  バーン効果を有効活用するならば、やはり大型のモンスターを狙って行きたい。
 基本的に《重爆撃禽 ボム・フェネクス》戦闘破壊を行えない攻撃力2800以上の相手を目標にすると良い。
 また戦闘に強い《No.39 希望皇ホープ》等のモンスターが存在する場合もこちらに軍配が上がる。

 相手フィールド上のモンスター3体以下の攻撃力の合計が8000を超えていれば、1ターンキルを狙う事ができる。

デッキの種類

《融合》

 《融合》をメインとしたもの。
 融合素材としたモンスター墓地へ送られる
 そのため墓地を利用するカードが採用でき、多くの《融合》融合召喚サポートカードを使用できる。

 その性質上、基本的にこちらでは機械族マシンナーズカラクリジェネクス炎族ヴォルカニックフレムベルを採用する事になる。
 もちろんそれに括らず《フレムベル・ヘルドッグ》リクルート対象としてラヴァルチューナーを採用する等も考えられる。

 《ヴォルカニック・ロケット》《ヴォルカニック・バレット》を採用した場合には、ブレイズ・キャノンを活用するためにも《サンダー・ブレイク》等の手札コストを要求するカードも用意しておきたい。

 《融合回収》によって召喚に成功した時に効果発動する《マシンナーズ・ギアフレーム》《ヴォルカニック・ロケット》《炎帝近衛兵》等を使い回す事もできる。
 再利用の手段が少ないこれらのカードを再利用する事ができるのは一つの利点であるため、積極的に狙って行きたい。

《フュージョン・ゲート》

 《フュージョン・ゲート》をメインとしたもの。
 こちらは《融合》軸と異なり、墓地利用や《融合》融合召喚サポートカードを使用し難い。
 一方で、ディスアドバンテージを少なく融合召喚が可能であり、融合素材の許す限り融合召喚を行う事ができる。
 また、除外されてしまった融合素材帰還等へ繋げることができる様な、除外を利用できる構築が望ましい。

 その性質上、基本的にこちらでは機械族ガジェットレアル・ジェネクス炎族ラヴァルを採用する事になる。
 もちろんこちらもそれに括らず墓地利用が少ないカラクリを採用する等も考えられる。

 ラヴァルチューナー融合素材とし除外した後、《ラヴァル・キャノン》帰還させ、シンクロ召喚へと繋げる事が理想となる。
 また既に効果を使用したガジェット融合素材とし、ステータスの低いガジェットステータスの高い《重爆撃禽 ボム・フェネクス》へ変換する事も重要となってくる。
 ジェネクスでは《ジェネクス・コントローラー》《A・ジェネクス・バードマン》レベル3である事を利用して《虚空海竜リヴァイエール》エクシーズ召喚を狙っても良い。

 また連続で融合召喚を行う事が容易なため、《チェーン・マテリアル》を用いて1ターンキルをする事もできる。
 詳しくは【マテリアル1キル】を参照。

ハイビート

 融合召喚をメインとせず、ステータスの高い下級モンスターでのビートダウンを中心としたもの。
 デッキの動きとしては、今までの【ビートバーン】と異なり、所謂【爆風ロケット】に近い構築となる。
 《融合回収》等の事故率が高くなってしまう様なカードを極力採用せず、融合召喚は「できたらやる」「必要がでた場合にやる」程度となる。

 基本的には《ヴォルカニック・ロケット》《マシンナーズ・ギアフレーム》等の手札補充に長けたアタッカーがメインとなる。
 《マシンナーズ・ギアフレーム》サーチ先には《マシンナーズ・フォートレス》を採用してしまって問題ない。

 またハイビートに括らず、【ガジェット】【ジェネクス】を中心としたデッキにする事も可能である。
 《ヴォルカニック・バレット》を採用する事で《サンダー・ブレイク》等の除去カードを採用できる様にし、そこに《融合》を挿すだけで良い。
 さらに《炎帝近衛兵》《スクラップ・リサイクラー》等のドローソースを挿し、デッキの回転力を上げるのも面白い。

 融合召喚のタイミングとしては

  1. バーン効果で勝利できる。
  2. 《サンダー・ブレイク》《ブレイズ・キャノン》除去するよりも効果が期待できる。
  3. 《マシンナーズ・フォートレス》では攻撃力が足りない。

 等が考えられる。

デッキの派生

【マテリアル1キル】

 《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》を用いて、1ターンキルを特化にした。

 基本的に《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を連続で融合召喚する事になる。
 効果の関係上、先に《重爆撃禽 ボム・フェネクス》融合召喚し、それでも足りない様なら《起爆獣ヴァルカノン》でトドメを刺すと良い。
 相手フィールド上に存在するモンスター3体の攻撃力の合計が8000以上ならば《起爆獣ヴァルカノン》3体を融合召喚するだけでも勝利できる。

 先にも述べた様に、フィールド上のカードの枚数には《重爆撃禽 ボム・フェネクス》《フュージョン・ゲート》が含まれるため、実質「−2」のカード枚数で考えると良い。
 また、残りライフポイント分は《起爆獣ヴァルカノン》や、《No.15 ギミック・パペット−ジャイアントキラー》で補う事もできる。
 これらは《重爆撃禽 ボム・フェネクス》を使用して特殊召喚できるため、メインデッキ融合素材数が少なくとも無理なく併用できる。

 また、こちらはメインデッキエクストラデッキの双方を圧迫する事になるが、ターン中は融合素材が存在するかぎり融合召喚を続ける事ができる。
 そのため、これらを先に展開する事でも火力を上乗せでき、これだけでも必要なフィールド上のカードの枚数が3枚まで落ちる。
 加えて、これら融合モンスターレベルモンスターを利用する事で、《セイクリッド・トレミスM7》による《重爆撃禽 ボム・フェネクス》の再利用が可能になる。
 レベル融合モンスター2体と、適当な融合モンスターもしくはフィールド上のカード2枚で、1ターンキルの条件は達成できるため、相手に依存する事もないので《大嵐》などから安全にコンボを始動できる。
 メインデッキエクストラデッキにある程度の素材数を確保しておけば、《セイクリッド・トレミスM7》や、これのエクシーズ素材として墓地に落ちた融合モンスターをも融合素材にできる事も手伝い、《エフェクト・ヴェーラー》罠カードによる融合モンスター除去からも立て直しが利く。
 機械族に関しては上に上げた融合モンスターエクシーズモンスターに加え、《カードカー・D》《速攻のかかし》《カードガンナー》《サイバー・フェニックス》といったものが扱えるためデッキに積み込んでもあまり無理はないが、炎族は基本的に単体でこのデッキの目的と合致する動きがとれない。
 あまり立て直しにこだわってデッキスペースを割き過ぎると、《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》コンボ自体が遠のく恐れもあるので枚数はよく吟味したい。

 レベル融合モンスターは、融合素材が他のカードに転用できるものが大前提。
 《起爆獣ヴァルカノン》以外では、《E・HERO ザ・ヒート》を用いる事で、《カードカー・D》などの地属性とで融合召喚できる《E・HERO ガイア》が扱いやすい。
 エクシーズ召喚を経由すると《E・HERO ガイア》自体を融合素材にする機会も得られるので、複数を用意したい。
 攻撃表示モンスターに対しては直接攻撃が行えるようなものなので、《チェーン・マテリアル》がない場合に展開せざるを得なくなっても、ダメージを稼ぎやすい。

 また光属性機械族や、E・HEROを用意すれば、《E・HERO The シャイニング》も併用できる。
 《テラ・フォーミング》の存在から、《チェーン・マテリアル》に比べ《フュージョン・ゲート》手札にある確率は高い。
 そういった状況で、フィールドとして立たせられる戦力は貴重。
 破壊されても《フュージョン・ゲート》で再度融合召喚でき、墓地の自身は《E・HERO ガイア》融合素材にできる。
 また、コンボ始動時に《E・HERO The シャイニング》を先に並べておけば、《激流葬》を受けても融合素材が回収できるので立て直しが容易。
 フィールドに出した《E・HERO The シャイニング》破壊されないようであれば、同名カード《重爆撃禽 ボム・フェネクス》から《No.15 ギミック・パペット−ジャイアントキラー》へと繋ぎ、エクシーズモンスターやその後に墓地へ行くエクシーズ素材ともそも融合素材にしてしまえる。

 融合モンスターとしての能力は活かし難く経路も限られるが、《ジェムナイト・ガネット》を採用すれば《ジェムナイト・ルビーズ》融合召喚できる。
 こちらは条件を満たす唯一の炎族なので、《セイクリッド・トレミスM7》利用時に無理なく炎族の数を確保できる点が有用。
 《ジェムナイト・ガネット》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》《起爆獣ヴァルカノン》《E・HERO ガイア》の全てに利用できるので、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》の再利用を考えるならばメインデッキを割く価値は十分にある。

 また、フィールド上のカードの枚数に関係なく《E・HERO エリクシーラー》《E・HERO ノヴァマスター》を加える事で無限ループを発生させる事もできる。

  1. 《フュージョン・ゲート》《チェーン・マテリアル》発動
  2. 任意の機械族炎族モンスター融合素材とし、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》融合召喚し、効果発動
  3. 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》・任意のHERO融合素材とし、《E・HERO ノヴァマスター》融合召喚
  4. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚し、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》等をエクストラデッキへ戻す
  5. 任意の機械族炎族モンスター融合素材とし、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》融合召喚し、効果発動
  6. 《重爆撃禽 ボム・フェネクス》《E・HERO エリクシーラー》融合素材とし、《E・HERO ノヴァマスター》融合召喚
  7. 《E・HERO ノヴァマスター》2体を融合素材とし、《E・HERO ノヴァマスター》融合召喚
  8. 《E・HERO エリクシーラー》融合召喚し、《重爆撃禽 ボム・フェネクス》等をエクストラデッキへ戻す
  9. 5〜8を繰り替えす

 こちらは、フィールド上のカードを気にせず1ターンキルが可能となるが、シナジーのないHEROを多く組み込むため、やや構築難易度が高くなる。
 また、《E・HERO エリクシーラー》が1体だと、《エフェクト・ヴェーラー》無限ループを止められてしまう。
 《セイクリッド・トレミスM7》エクシーズ召喚し、《E・HERO エリクシーラー》バウンスする事も可能だが、《E・HERO エリクシーラー》融合素材と別に確保する必要があり、結果的にメインデッキを多大に圧迫する。
 これは《E・HERO エリクシーラー》2体分の利用についても同様なので、《エフェクト・ヴェーラー》についてはある程度の諦めも必要である。
 一応《成金ゴブリン》デメリットを完全に無視できるのでコンボを始動させやすいというメリットはあるが、1枚程度ならば上記の《セイクリッド・トレミスM7》再利用型でも焼き切れる。
 「《エフェクト・ヴェーラー》の採用率は低いが、除去は多い」といった環境での利用を考えるべきだろう。
 あるいは、サイドデッキから他の【E・HERO】に移行しやすい点を活用していきたい。

このデッキの弱点

 サーチを多用してアドバンテージを得るため、《ライオウ》には滅法弱い。
 《マシンナーズ・ギアフレーム》では攻撃力を超えられず《ヴォルカニック・ロケット》でようやく相打ちにできる。
 また《スキルドレイン》発動されても、同様にアドバンテージを回復できず、さらに《起爆獣ヴァルカノン》効果まで封じられてしまうのも痛い。  さらに《大天使クリスティア》等で特殊召喚を封じられると切り札である《起爆獣ヴァルカノン》融合召喚できない。
 それらのカード《サンダー・ブレイク》《鳳翼の爆風》等できちんと対処して行きたい。
 《サンダー・ブレイク》では対処し難い《スターダスト・ドラゴン》《マテリアルドラゴン》等の破壊耐性効果持ちも存在する。
 そのためなるべく《鳳翼の爆風》は温存しておきたい。

 しかし、それらの対象をとる効果に強いカードは非常に厄介な相手となる。
 特に《重爆撃禽 ボム・フェネクス》戦闘破壊できない《オベリスクの巨神兵》《ジュラック・タイタン》等は、除去できないまま負けてしまう恐れもある。
 それらのカードは出される以前に対処するか、《地砕き》等のカードを構築段階で用意しておきたい。

代表的なカード

関連リンク

広告