【除去ハン】

デッキの概要

 ハンド・アドバンテージに主眼を置いた除去デッキ
 自分ドローサーチ手札を稼ぎつつ、相手にはモンスター除去手札破壊ディスアドバンテージを負わせる。

 その性質上罠カードが多くなるため、【罠ハン】と呼ばれることもある。
 かつては《炸裂装甲》がよく投入されていたので、【炸ハン】とも呼ばれた。
 《次元幽閉》登場以降はそちらが優先されやすくなった。

 また特にガジェットを投入したタイプは【除去ガジェット】《E・HERO エアーマン》《E・HERO オーシャン》を投入したタイプは【E・HEROビート】と呼ばれる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 1:1交換以上の除去を狙いづらい現環境では、その損失を補う手段が重要となる。
 ゆえにノーコストドローハンデスを行えるモンスターを採用したい。
 できれば、戦闘ダメージを与えた時や召喚に成功した時に効果発動するモンスターが望ましい。

 これらのモンスターを守るため、罠カード速攻魔法等のスペルスピード2以上のモンスター除去戦闘補助がより重要となる。

魔法・罠カードについて

 《聖なるバリア −ミラーフォース−》《激流葬》のような、1:1交換以上を望める除去手段を用意する。
 魔法カードならば《抹殺の使徒》《地割れ》罠カードならば《次元幽閉》《奈落の落とし穴》を可能な限り投入する。
 全体除去としては優れるが、確実に2:2交換できない《ライトニング・ボルテックス》は、少々採用を見送りたいか。

 《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》《首領・ザルーグ》等の元々の攻撃力があるモンスターには、《収縮》《鎖付きブーメラン》も使える。
 罠カードの枚数が膨れ上がりがちなデッキなので、速攻魔法である《収縮》事故回避の面でも有効。
 他に《突進》から《魔のデッキ破壊ウイルス》を狙うのも悪くない。

デッキの派生

【アンデット族】

 《魂を削る死霊》に加えて《朽ち果てた武将》《デス・ラクーダ》を採用する。
 《ピラミッド・タートル》《ゴブリンゾンビ》サーチし、《生者の書−禁断の呪術−》蘇生する。
 攻撃力が低く、直接攻撃をしないといけないため、《収縮》《銀幕の鏡壁》等の間接除去は重用されない。

【戦士族】

 【トマハン】の要領で、《首領・ザルーグ》を軸に置く。
 《ならず者傭兵部隊》《異次元の女戦士》《D.D.アサイラント》等は優秀な除去手段となる。
 これらを《黒蠍−棘のミーネ》《キラー・トマト》《増援》サーチ《戦士の生還》サルベージする。
 相手ターンにも戦闘ダメージを与えられる《収縮》《銀幕の鏡壁》《モンスターBOX》が活躍する。

【トゥーン】

 《トゥーン・ヂェミナイ・エルフ》《トゥーン・仮面魔道士》で、直接攻撃によるハンド・アドバンテージ獲得を狙う。
 前者は攻撃力の高さから場持ちが良く、《鎖付きブーメラン》《鎖付き爆弾》で補助できる。
 後者はその点で劣るが、《キラー・トマト》によるリクルートが可能。

 これらの場持ちの良さを向上させるため、《カイザーコロシアム》《群雄割拠》相手の展開を鈍らせたい。
 両者とも魔法使い族なので、《魔法族の里》も採用できる。
 トゥーンゆえの遅効性は《収縮》《次元幽閉》《神の宣告》で補う。

 トゥーンのみに頼るのが不安ならば、《N・グラン・モール》《異次元の女戦士》《ならず者傭兵部隊》等も採用していこう。

このデッキの弱点

代表的なカード

関連リンク

広告