大革命(だいかくめい)

デッキの概要

 《弾圧される民》《逃げまどう民》《団結するレジスタンス》を揃え、《大革命》発動して圧倒的なアドバンテージ差を付け勝ちを狙っていく【ローレベル】の派生デッキ
 キーカードを場に揃えるまでの難度すらかなり高く、これらをいかに短いターンで揃えて行くかが鍵となる。

《大革命/Huge Revolution》
通常罠
自分のメインフェイズで自分フィールド上に「逃げまどう民」「弾圧される民」
「団結するレジスタンス」が表側表示で存在する時のみ発動する事ができる。
相手の手札を全て墓地に送り、フィールド上の相手がコントロールする
カードを全て破壊する。
《弾圧される民/Oppressed People》
通常モンスター
星1/水属性/水族/攻 400/守2000
いつの日か自由を手にする事ができると信じて日々の生活に耐えている。
《逃げまどう民/People Running About》
通常モンスター
星2/炎属性/炎族/攻 600/守 600
いつも苦しみに耐えているが、いつか必ず革命を起こすと心に誓っている。
《団結するレジスタンス/United Resistance》
通常モンスター
星3/風属性/雷族/攻1000/守 400
強大な力に立ち向かう誓いを交わすために集結した人々。
革命の日は近い。

デッキ構築に際して

 《弾圧される民》はともかく、《逃げまどう民》《団結するレジスタンス》は弱小通常モンスターである。
 1ターンでも生き延びることが難しく、とても次のメインフェイズまで耐えられない。
 そのため1ターンで全てフィールド上に出し、そのまま《大革命》発動できる構築を目指す。

モンスターカードについて

《大革命》発動条件を満たすためのモンスター
 いずれもレベル3以下の通常モンスターであり、【ローレベル】サポートカードにも対応する。

―その他のモンスター

エクストラデッキについて

 必須と呼べるモンスターは少なく、比較的自由にエクストラデッキを構築できる。
 主に《弾圧される民》を始めとした通常モンスター3体のステータスの低さを補える高攻撃力、または連続攻撃ができるモンスターを採用したい。

エクシーズモンスター
 《弾圧される民》ら3体は複数投入する事になるので、ランク1〜3を中心に採用する。
 また、《未来への思い》を採用した場合のデメリットを回避する目的での採用も考えられる。

シンクロモンスター
 《魔の試着部屋》採用型で通常モンスターチューナーを採用するならば選択肢となる。

融合モンスター

リンクモンスター
 《レスキューフェレット》採用型では優先的に採用したい。

魔法・罠カードについて

―専用サポートカード

通常モンスターサポート

―その他のカード

戦術

 展開自体は《魔の試着部屋》《ダーク・ドリアード》コンボ《未来への思い》が決まれば1ターンで3体を揃えられる。
 しかし《大革命》発動タイミングが自分ターンメインフェイズ限定となっており、セットして相手ターン発動することができない。
 事前にセットするか、上述の通り《トラップトリック》《砂塵の大竜巻》《王家の神殿》を使ってフォローする必要があるだろう。
 いかにして短時間で3体を揃え、《大革命》発動に繋ぐかが鍵となる。

 一方で発動条件となる3体の総攻撃力は2000であり、早いターンで成功したとしてもライフポイントを削り切るのはほぼ不可能。
 《大革命》の後の相手墓地の状況と次のドロー次第ではあっさり戦線を立て直される可能性は十分に考えられる。
 3体をエクストラデッキモンスターの素材にする等で打点の底上げに努め、可能な限り1ターンキルできるルートも開拓しておきたい。

《大革命》発動した後の展開例

 《ダーク・ドリアード》《魔の試着部屋》とのコンボ《弾圧される民》《逃げまどう民》《団結するレジスタンス》《チューン・ウォリアー》を展開した場合。

 この時点で《暴走召喚師アレイスター》《ダーク・ドリアード》《HSRチャンバライダー》が並ぶ。
 総攻撃力は1800+1800+2200+2400の8200となり1ターンキルを達成できる。

 この時点で総攻撃力は1500+1800+2200+2400の7900となる。
 また、手札を1枚捨てて《ジェット・シンクロン》自己再生し、幻獣機トークン《ダーク・ドリアード》とでレベル8のシンクロ召喚にも繋げられる。
 《ジェット・シンクロン》幻獣機トークンレベル4をシンクロ召喚し、《ダーク・ドリアード》とでランク4をエクシーズ召喚することもできる。
 いずれの場合でも攻撃力1900以上のモンスターであれば1ターンキルを達成できる。

デッキの派生

 コンボデッキにおいてコンボ自体に関係ないカードデッキの安定性を下げる要因になる。
 デッキの派生を参考に「他の勝ち筋」も考えながら戦いたい。

【凡骨ビート】

 《冥界の使者》レベル通常モンスターサーチしても良いが、《凡骨の意地》との兼ね合いに注意。
 《黙する死者》での蘇生や、《闇の量産工場》《補充要員》《魂を呼ぶ者》でのサルベージもできる。

 《ジェネティック・ワーウルフ》《アレキサンドライドラゴン》など攻撃力の高い通常モンスターを併用すれば、ビートダウンも可能。
 《大革命》発動後は《逃げまどう民》あたりを《フロストザウルス》《魔法剣士トランス》リリースに使用すれば場を支配できる。
 《ジャスティブレイク》が使えるのも強み。

 永続カードが多いので、《宮廷のしきたり》《偽物のわな》が半ば必須となる。

【次元召喚】

 《次元の裂け目》《魂の解放》等で除外し、《異次元からの帰還》《次元融合》で揃える。
 《大革命》発動させればまとめて葬れるので、《次元融合》相手モンスターでの帰還は気にしなくて良い。

 ライフポイントの消費が激しいので、《魂吸収》などライフゲインを何枚か入れたい。
 《ドレインシールド》ならば、回復しながら《大革命》要員を守れるのでおすすめ。

 《大革命》発動後は、生け贄召喚するなり、帰還したモンスターで総攻撃するなりして、速攻で勝負を決めたい。

【トランス】

 《おジャマトリオ》《地盤沈下》《サイバー・ブレイダー》コンボで、相手を封殺する。
 自爆特攻を避けるために《光の護封壁》も採用してしまえば、完全に相手を沈黙させられる。
 そのあとゆっくりとフィールド《大革命》要員を揃えていけばよい。
 注意すべきは《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》くらいである。

 《大革命》発動後は、すぐに1ターンキル出来るようにしたい。
 ロックを維持して勝つギミックを入れることも肝要だろう。

【ジェムナイト】

 《ジェムナイト・フュージョン》などで《逃げまどう民》《弾圧される民》《団結するレジスタンス》墓地へ送り《ジェムナイト・オブシディア》《思い出のブランコ》《トライワイトゾーン》蘇生させ、《大革命》を狙う。
 《馬の骨の対価》《凡骨の意地》と相性が良く、ジェムナイト地属性である事も相まって非常に《風林火山》が狙いやすい。
 《団結するレジスタンス》《トライワイトゾーン》に対応していないため、サーチ手段として《封印の黄金櫃》デッキに投入しておくと良いだろう。

【高等儀式術】

 《高等儀式術》により、《逃げまどう民》《弾圧される民》《団結するレジスタンス》墓地へ送り《未来への思い》で一気に三体を蘇生させて《大革命》を狙う。
 採用する儀式モンスターは最低でも《逃げまどう民》《弾圧される民》《団結するレジスタンス》レベルの合計であるレベル6以上が望ましい。
 候補としてはドロー効果を備える《竜姫神サフィラ》《ヴァルキュルスの影霊衣》等が扱いやすい。
 特に《ヴァルキュルスの影霊衣》サーチ兼ねレベル儀式モンスターとして使える《ブリューナクの影霊衣》を採用して使い分けができる他、2枚目以降も手札誘発効果などで腐るリスクを抑えられる。
 他には、《高等儀式術》で落とすモンスター手札に引きすぎると事故になる為、《打ち出の小槌》も多めに採用しておきたい。
 また、《未来への思い》エクシーズ召喚を行わないと4000ライフを失う為、レベル1〜3のモンスターも多めに採用するなど《大革命》を決めたターンエクシーズ召喚する手段も必要となる。
 逆に4000ライフを犠牲にする代わりに《光と闇の竜》《オベリスクの巨神兵》のような強力なモンスターを出すのも一つの手だろう。

【星杯】

 《逃げまどう民》《弾圧される民》《団結するレジスタンス》と同様に種族属性が統一されていない星杯を採用したデッキ
 通常モンスターをサポートするカテゴリであるため共存はしやすいだろう。
 《星杯に誘われし者》地属性であるほか、通常モンスター1体でリンク召喚できる《リンク・スパイダー》地属性であるため《風林火山》が狙いやすくなる。
 リンク召喚を採用する利点として、3つ以上リンク先がある状態で《レスキューフェレット》を使うことで、《逃げまどう民》《弾圧される民》《団結するレジスタンス》デッキからリクルートできる。

このデッキの弱点

 共通の弱点として、罠カードキーカードのため、《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》は天敵。
 2枚以上の除去が行われる場合は《スターライト・ロード》《大革命返し》で防がれるのもネック。
 他にも特殊召喚封じも多くのカードが腐ってしまう。

 《大革命》でのハンデス全体除去に成功しても【彼岸】【幻影騎士団】【シャドール】といった墓地発動の多いデッキでは逆にアドバンテージを与えかねない。
 《マクロコスモス》で対応する手もあるが、こちらも蘇生等を多用する構築の場合は逆に首を絞めかねないジレンマが生じる。

 また、罠カード破壊効果自体に耐性を持つモンスターも厄介で、【マジェスペクター】は特に苦戦を強いられる。
 勝ち筋をほぼ潰されており、可能な限りハンデスで無力化しなければほとんど対処のしようがない。
 また、《アルティメットサイキッカー》貫通効果《弾圧される民》以外の通常モンスターにとって格好の的である。

代表的なカード

関連リンク

 

広告