ブラフ/Bluff

 英単語の「Bluff」が由来で、「虚勢、はったり、こけおどし」のこと。
 ゲームにおいては「相手の動揺を誘うために行うフェイント」を指す言葉として用いられる。

 デュエルでは、自分手札セットされたカード等の非公開カードに何らかのアクションや言葉を加えて行われる。
 特定のカードの存在を匂わせることで心理的にプレッシャーをかけ、相手のプレイングを抑制、あるいは誘導を狙うテクニックである。

  • ブラフの例
  1. モンスター召喚しないことで、手札《トラゴエディア》《サイバー・ドラゴン》があるように推測させる。
  2. フィールドカードを出さないことで、手札《冥府の使者ゴーズ》があるように推測させる。
  3. 魔法&罠カードゾーンカードセットする事で、《激流葬》《聖なるバリア −ミラーフォース−》《神の宣告》等の厄介な罠カードを推測させる。
  4. ターン目に魔法&罠カードゾーンに大量のカードセットする事で、《スターライト・ロード》アーティファクトを警戒させ、全体除去を躊躇させる。
  5. 相手の行動時、(すぐに効果処理に移らず)手札を見ながら思案するそぶりを見せることで、《エフェクト・ヴェーラー》《幽鬼うさぎ》《オネスト》等の手札誘発を推測させる。
  6. 唐突にメインフェイズ優先権を放棄しバトルフェイズでの効果の発動を匂わせることで、《PSYフレームロード・Ω》《エフェクト・ヴェーラー》のようなメインフェイズにのみ発動できるカードを使うべきか相手に考えさせる。
  • 限定的なブラフの例
  1. 光属性モンスター攻撃表示フィールドに出す事で、手札《オネスト》があるかのように推測させる。
  2. 自分鳥獣族デッキの場合、相手伏せカード《ゴッドバードアタック》であるように推測させる。
  3. 《E・HERO シャドー・ミスト》伏せカードフィールドに出すことで伏せカードチェンジであるように推測させる。
  4. 【アーティファクト】【魔界劇団】で、伏せカードが「相手によって破壊された場合」を発動条件として強力な効果発動するカードであるように推測させる。
  5. 《爆導索》を見せることで相手のプレイングを拘束する。

 遊戯王OCGには特定の召喚条件発動条件を満たせばノーコストプレイできるカードが豊富に存在するため、それらの条件に基づくブラフの「セオリー」とでも言うべき状態が多発しやすい。
 カードの知識がある者ほど影響力の高いカードの存在を想定してプレイングすることが多く、ブラフにかかりやすい。
 (もちろん、知識のない初心者は何の警戒もせずに行動して自ら墓穴を掘ることも多いが)
 上級者は多くの情報を考慮した上で最善と思われるプレイングをし、相手が仕掛けてきたブラフを無意味なものにさせることもしばしばである。

  • ブラフを成功させるには、それまでの試合展開もさることながら、表情や仕草などの心理戦や言葉による誘導が必要不可欠。
    これがTCGの醍醐味でもあり、ゲーム作品では味わえない駆け引きである。
    ただし、これらはあくまでも心理戦の範疇でなければならないので、行き過ぎないように注意が必要である。
    例えば、意図的にルールを間違えたり、相手をせかしたり、公開情報について嘘を付いたりするのは反則行為に当たる。
    (詳しくは大会罰則規定及び禁止事項と大会中のマナーを参照。)
  • 原作・アニメにおいて―
    ブラフを最も使いこなしたデュエリストと言えば、やはり闇遊戯であろう。
    ゲームの達人である闇遊戯にとって、心理戦は最も得意とするところである。
    「決闘者王国編」では、闇のプレイヤーキラー、舞にブラフを行っている。
    前者では《カードを狩る死神》(原作仕様)に対し罠カードセット、後者では舞の攻撃を躊躇させるために《モンスター回収》セットしてやり過ごしている。
    その後も闇遊戯は「バトルシティ編」やアニメオリジナルでも度々ブラフを仕掛け、高い成功率を誇った。
  • アニメ5D'sの「遊星vsボマー」戦においては《ジャイアント・ボマー・エアレイド》破壊効果を巡って熾烈な読み合いが繰り広げられた。
    「クロウvsボマー」戦においてクロウがわざと伏せカード効果を宣言していたのも一種のブラフである。
    そして宣言通りのカードであった際にボマーが「ブラフ」という単語を使用している。
    ちなみに同デュエルでは、クロウがマニュアルモード(第1コーナーを先に通過したプレイヤーが先攻になるライディング・デュエルの方式)を利用したドライビングテクニックとしてのブラフを仕掛けている。
  • アニメZEXALの「アストラルvsカイト」戦では、カイトがブラフとして通常魔法《フォトン・ハリケーン》をセットし、アストラルのエクシーズ召喚を躊躇わせることに成功した。
    「遊馬vsIII(スリー)」戦では、IIIの術中に落ちた遊馬の想像世界で「遊馬vs鉄男」戦が行われていたが、この際に鉄男がブラフとしてセットした装備魔法により遊馬が攻撃できなかった。
    アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬vsアストラル」戦では、遊馬は順当にダメージ計算すれば敗北するにも関わらず《ガガガガンマン》による自爆特攻を行い、アストラルに《No.39 希望皇ホープ》効果を使わせる事に成功している。
    このプレイングを、アストラルは「勝敗さえブラフに使った」と評している。
  • アニメVRAINSの「島直樹/ロンリーブレイヴvsハノイの騎士」戦ではお互い初手に下級モンスターが存在しない手札事故を起こしていたが、ブラフとして「完璧な手札だ」とまで断言している。
  • 遊戯王Rでの「海馬vs天馬夜行」戦では、海馬が夜行の伏せカードをブラフと推測した。
  • 漫画GXでは「三沢vsマッケンジー」戦で、三沢はマッケンジーがセットしたが最後まで発動しなかったカードをブラフと誤認することになった。
    (実際はブラフではなく《聖なるバリア −ミラーフォース−》だったが、マッケンジーが勝利を放棄したため発動されなかった)
    「響みどりvsマッケンジー」戦では、マッケンジーがみどりの攻撃を防ぐためにカード名を宣言しながらセットしている(実際にはルール違反である)。
    「十代vsマッケンジー」戦では、マッケンジーは十代がセットした罠カード《ディフェンド・ヒーロー》をブラフと判断して放置したが、これが敗因の一つとなった。
    一方で十代自身にはブラフの意図は全くなかったため、《サイクロン》でこのカードが狙われなかった事に困惑していた。
  • 漫画ARC-Vの「遊矢vs素良」戦では、素良が「病気の妹を零児に人質に取られている」と嘘をついて遊矢に罠カード発動を躊躇わせている。
    偽の写真まで用意する手の込みようであり、デュエル外での変則的とも言えるブラフであったが、ユーリにはあっさり見破られている。
    また「遊矢vs蓮」戦では、遊矢が通常魔法《ペンデュラム・ホルト》をセットし、さらには攻撃力300の《EMローリング・サンバー》を攻撃表示召喚した事で、「攻撃を誘っている」と警戒した蓮に相手のセットされた魔法・罠カード発動を封じるアクション・カード《リバース・ロック》を使わせた。
    その後一連の攻防の後に蓮は遊矢がセットしたそのカードを使用後、心中で「魔法カードをブラフに使っていたのか、抜け目がない」と評している。
    • 「遊矢vs素良」戦の様なデュエル外のブラフは、悪役がよく使うためかそれによって勝敗が変わることはあまりないが、例外も少なからず存在する。(「海馬vs乃亜」戦・「遊戯vs海馬」(3戦目)など)

関連リンク

広告