リンク召喚(しょうかん)/Link Summon

リンク召喚に必要なもの

 リンク召喚を行う場合には、リンクモンスターをあらかじめエクストラデッキに入れておきましょう。
 また、リンク召喚を行うには、リンクモンスターに記載されているLINKの数値(=リンクマーカーの数)と同じ数のリンク素材を揃える必要があります。
 リンク素材として使用できるモンスターは、リンクモンスターカードに記されています。
 メインのデッキには、そのリンクモンスターの素材となれるモンスターを必要な数だけ入れておきましょう。

リンク召喚の手順

  1. 自分フィールドに、リンク召喚したいリンクモンスターの素材となるモンスターを揃えて準備をします。
    素材となるフィールドモンスター表側表示であれば攻撃表示でも守備表示でも構いません。
  2. 必要なモンスターが揃ったら、自分メインフェイズ時に「リンク召喚」を宣言します。
    素材として使用するモンスター墓地へ送ります。
  3. 墓地へ送ったモンスターを素材とするリンクモンスターエクストラデッキから取り出し、エクストラモンスターゾーン表側攻撃表示で出します。
    これでリンク召喚完了です。(リンクモンスターには守備表示が存在しませんので、必ず表側攻撃表示でフィールドに出します。)

 (公式ルールブック 新マスタールール対応 バージョン 1.0より引用)


  • 演出が変化した第14話からは監督が変更されているが、これが原因で演出が変わったのかは不明である。
    変更前の「遊作/Playmaker vs鬼塚/Go鬼塚」戦では、Playmakerが4連続のリンク召喚を行う際に4回も異空間に飛び込んでおり、演出に少々時間を要していたので簡略化を意識した可能性もある。
  • 共通口上は「現れろ、(デュエリスト固有)のサーキット。 アローヘッド確認。 召喚条件は(モンスター個別)。(リンク素材となるモンスター名と数 ※1)をリンクマーカーにセット。 サーキットコンバイン!! リンク召喚、現れろ、(モンスター個別)」
    ※1はリンクモンスターLINK数分のリンク素材とする場合、「リンク(またはリンクマーカー)●の(リンクモンスター名)」と表現されている。
    リボルバーは、「現れろ~サーキット。」までの口上を「現れるがいい。我が道を照らす未来回路」と述べている。
    演出が変更されてからは、「アローヘッド確認」や「サーキットコンバイン」を省く召喚口上が、ちらほら出てきている。
  • ハノイの騎士がリンクモンスターを知っていたこととGo鬼塚が何の前触れもなくリンク召喚を行なったことから前作のペンデュラム召喚と違い、一般のデュエリストにも馴染みがある召喚方法のようだ。

関連カード

リンク召喚に成功した効果発動、あるいは適用されるカードリンク召喚に成功したを参照。

リンク召喚でしか特殊召喚できないリンクモンスター

リンク召喚メタ

関連リンク

広告