これらのキーワードがハイライトされています:ゴーズ

冥府(めいふ)使者(ししゃ)ゴーズ/Gorz the Emissary of Darkness》

効果モンスター
星7/闇属性/悪魔族/攻2700/守2500
自分フィールド上にカードが存在しない場合、
相手がコントロールするカードによってダメージを受けた時、
このカードを手札から特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した時、受けたダメージの種類により以下の効果を発動する。
●戦闘ダメージの場合、自分フィールド上に「冥府の使者カイエントークン」
(天使族・光・星7・攻/守?)を1体特殊召喚する。
このトークンの攻撃力・守備力は、この時受けた戦闘ダメージと同じ数値になる。
●カードの効果によるダメージの場合、
受けたダメージと同じダメージを相手ライフに与える。

 遊戯王R 第3巻 付属カードで登場した闇属性悪魔族最上級モンスター
 自分フィールドが空の状態で相手カードによってダメージを受けた時に自身を手札から特殊召喚する誘発効果、この方法で特殊召喚に成功した時にダメージの種類によって発動する誘発効果を持つ。

 比較的発動しやすい自己特殊召喚能力、高い攻撃力、そしてボード・アドバンテージないしライフ・アドバンテージを得られる追加効果を併せ持つ。
 自分フィールドががら空きの状態から、追撃を防ぎつつ攻めに転じられる、反撃の一手として優れたモンスターである。
 ライフポイントに余裕がなければ効果発動しにくいが、状況に応じて通常召喚蘇生も可能。
 最上級モンスターながら、手札事故の要因となることはそうそうない。

 戦闘ダメージトリガー特殊召喚した場合、受けた戦闘ダメージと同等の攻守を持つ冥府の使者カイエントークンが生成される。
 ボード・アドバンテージが+1される上、カイエントークン相手モンスター攻撃力次第で高いステータスを得る事ができ、アタッカーとしても期待できる。
 またカイエントークン攻撃力は基本的に攻撃モンスターと同値であるため、どれほど攻撃力の高い相手にも次のターン攻撃相打ちに持ち込む事ができ、一種の除去カードとしても機能する。
 もちろん攻撃モンスター攻撃力2700未満なら、次のターンにこのカードでそのモンスター戦闘破壊した後カイエントークンで追撃すればよい。

 効果ダメージトリガー特殊召喚した場合、受けたダメージと同値のバーンが発生する。
 戦闘ダメージと比べるとこちらの効果を使用する機会は少ないが、ビートダウンデッキでも《No.61 ヴォルカザウルス》などバーンを伴う効果を使う事は決して少なくない。
 特に《破壊輪》《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》のようなお互いダメージを与える効果に対しては効果覿面で、相手にだけ2倍のダメージを与えられる。

 問題点として、自分フィールドが空の状態でダメージを受ける必要があるため、永続魔法フィールド魔法罠カード全般、そしてペンデュラム召喚との相性が悪く、採用できるデッキはある程度限られる。
 またダメージを受けてから特殊召喚される都合上致命傷を防ぐことができず、1ターンキル対策としては《バトルフェーダー》《速攻のかかし》《SRメンコート》等の方が優秀である。
 かつては【スタンダード】をはじめ幅広いデッキで使用されたが、今日では類似カードも増加したことから、特にこのカードを採用すべきシナジーのあるデッキで使われている。
 レベル7のシンクロ素材エクシーズ素材が必要なデッキ、高攻撃力悪魔族が欲しい【ダーク・ガイア】効果発動条件を満たしやすい【フルモンスター】【スピリット】などが挙げられる。

  • 海外版のこのカードは封入されているパッケージの形状に問題があるためか、裏面にはっきりと目視できる初期傷が多いことで有名である。
  • 第2回カリスマデュエリスト最強決定戦「ジャンボ牛尾vsデュエ・ルア」においてカリスマデュエリストの間では「ズーゴー」という俗称で呼ばれていた。
    このカードを警戒しないデュエ・ルアは外野に突っ込まれていたが、デュエ・ルアは梶木デッキにこのカードが投入されていない事を知っていたため、攻撃力の高いほうから攻撃した。
    また、第3回カリスマ最強決闘者決定戦の「アイカワvsデュエ・ルカ」において、アイカワが使用。
    デュエ・ルカが《BF−孤高のシルバー・ウィンド》でこのカード攻撃するのを忘れていたことがたたり、最後はこのカードフィニッシャーとなった。
  • 「闇遊戯vs夜行」戦時、誤植により「冥府の使者」が「冥府の者」となっていた。
  • 遊戯王Rの5巻では、ヘッドギアを外した「ゴーズ」と「カイエン」のデザインが描き下ろされている。
  • アニメARC-Vのストロング石島のCMで、このカードが確認できる。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

発動条件について

Q:「自分フィールド上にカードが存在しない場合」とはフィールドゾーンペンデュラムゾーンも含みますか?
A:含みます。自分フィールド魔法ペンデュラムモンスターコントロールしている時は条件を満たせません。(14/03/21)

Q:「相手コントロールするカードによって」とありますが、相手手札墓地発動した効果ダメージを受けた場合でも発動できますか?
A:その場合でも発動できます。(14/06/27)

戦闘ダメージを受けての特殊召喚について

Q:《魂を削る死霊》直接攻撃を受けた時、手札はこのカード1枚でした。このカード特殊召喚できますか?
A:はい、できます。《冥府の使者ゴーズ》と《魂を削る死霊》を同じチェーンブロックに乗せて処理します。
  ターンプレイヤー《魂を削る死霊》チェーン1、非ターンプレイヤーの《冥府の使者ゴーズ》はチェーン2になります。
  逆順で《冥府の使者ゴーズ特殊召喚《魂を削る死霊》効果不発(手札がありません)。
  その後、冥府の使者カイエントークン特殊召喚します。

Q:相手の場に《門前払い》が存在する状況で戦闘ダメージを受けた場合、特殊召喚できますか?
A:はい、できます。
  《門前払い》効果と同時に発生するため、それにチェーンする形で特殊召喚効果が発生します。
  戦闘ダメージで発生する効果はこのカードの効果と同時にタイミングが訪れるためチェーンする形になります。

Q:《破壊輪》自分フィールド上唯一のカード破壊されダメージを受けたとき、特殊召喚できますか?
A:はい、可能です。ただしチェーンブロック1で《破壊輪》発動されている場合に限ります。
  《魔導戦士 ブレイカー》《氷帝メビウス》効果チェーンした場合など、チェーン2以後であれば、発動タイミングを逃しているため特殊召喚できません。

Q:《破壊輪》自分フィールド上唯一のカード《クリッター》破壊されダメージを受けました。
  《クリッター》効果発動しつつこのカード特殊召喚できますか?
A:《クリッター》効果を使いつつ、特殊召喚する事が出来ます。(08/06/23)

Q:自分フィールド上にモンスターが1体攻撃表示で居るとき、そのモンスター戦闘で破壊されました。
  戦闘ダメージを受けたとき、このカード特殊召喚できますか?
A:いいえ、戦闘ダメージを受けるときには、まだそのモンスターが場に居るためこのカード特殊召喚できません。

Q:相手ターンに3000の戦闘ダメージを受けた時にこのカード特殊召喚《ヘル・テンペスト》効果を同時に発動できますか?
A:いいえ、ダメージを受けたときには《ヘル・テンペスト》フィールド上に存在するので特殊召喚できません。
  (相手ターン発動するということは、あらかじめ伏せてあったということです)
  《ヘル・テンペスト》フィールドを離れたあとは、発動タイミングを逃しているため特殊召喚できません。

Q:戦闘ダメージでの《冥府の使者ゴーズ》自身、冥府の使者カイエントークン特殊召喚《奈落の落とし穴》発動できますか?
A:いいえ、できません。ダメージステップ中なので、発動不可能です。(08/08/19)

冥府の使者カイエントークンについて

Q:自分フィールド上で《群雄割拠》発動している状態で、相手は《冥府の使者ゴーズ》を特殊召喚できますか?
  可能な場合、冥府の使者カイエントークン特殊召喚できますか?
A:《冥府の使者ゴーズ》の特殊召喚は行えます。
  しかし《群雄割拠》効果が適用されているため、冥府の使者カイエントークン特殊召喚する効果発動しません。(11/10/17)

効果ダメージによる特殊召喚について

Q:カードの効果によるダメージの場合、ダメージステップ以外なら《奈落の落とし穴》発動できますか?
A:はい、ダメージステップでなければ可能です。

Q:手札にこのカードが2枚ありカードの効果によるダメージを受けた時、その2枚を同時に特殊召喚することができますか?
A:いいえ、1枚のみです。

Q:カードの効果によるダメージを受けた時にこのカード特殊召喚する効果は、ダメージステップでも発動できますか?
A:ダメージステップ中にて、カードの効果によってダメージを受けた場合でも、このカードを自身の効果によって特殊召喚する事ができます。(10/12/20)

Q:《団結の力》と、それを装備したモンスターのみが自分フィールド上に存在する時に、そのモンスター《破壊輪》破壊され自分ダメージを受けたならば、《冥府の使者ゴーズ》を手札から特殊召喚できますか?
A:手札から《冥府の使者ゴーズ》を特殊召喚できます。(12/03/12)


Tag: 《冥府の使者ゴーズ 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 悪魔族 攻2700 守2500

広告