《ラーの翼神竜(よくしんりゅう)/The Winged Dragon of Ra》

効果モンスター
星10/神属性/幻神獣族/攻   ?/守   ?
このカードは特殊召喚できない。
このカードを通常召喚する場合、3体をリリースして召喚しなければならない。
(1):このカードの召喚は無効化されない。
(2):このカードの召喚成功時には、
このカード以外の魔法・罠・モンスターの効果は発動できない。
(3):このカードが召喚に成功した時、
100LPになるようにLPを払って発動できる。
このカードの攻撃力・守備力は払った数値分アップする。
(4):1000LPを払い、フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊する。

 Vジャンプ(2010年2月号) 付属カードで登場した神属性幻神獣族最上級モンスター
 三幻神共通の召喚条件ルール効果永続効果特殊召喚できない召喚制限、払ったライフコスト攻撃力守備力自己強化する誘発効果モンスター破壊する起動効果を持つ。

 三幻神共通の特性として、(1)(2)の召喚時の耐性を持つためリリースさえ確保できればほぼ確実に召喚できる。
 召喚には3体ものリリースが必要だが、後述のサポートカードにより他2体よりは召喚しやすい。
 代わりにこのカードの場合、他2体とは異なり通常の方法では特殊召喚できないデメリットを持つ。

 (3)の自己強化効果は状況次第では大きな攻撃力を得られ、デュエル開始直後に効果を使用すれば攻撃力は7900にも達する。
 逆に言うと、ライフが大きく減っている状態では召喚してもまともな攻撃力が得られない。
 加えてこの効果使用後は自分ライフポイントが必ず100になるため、わずかなダメージが敗北に直結してしまう。
 ライフを大幅に減らすという性質上、《魂の一撃》《九十九スラッシュ》とは相性は良い。
 相手ライフが十分残っているなら《ロスタイム》回復してもいい。

 (4)のモンスター除去効果は回数制限がないため、ライフと防御手段さえ確保しておけば恒久的な除去手段として運用できる。
 しかし、残りライフポイントを100にしてしまう(3)との相性は非常に悪く、何らかのライフ回復手段がないと併用できない。
 逆に、アドバンス召喚からこちらの効果を使うことを優先して(3)の効果を使わなかった場合は攻撃力0となってしまい、その後の戦闘に支障が出る。
 墓地に後述の《ラーの翼神竜−不死鳥》が存在する場合は、自身を対象として自壊させるために使用できる。

 この様に、単にこのカードを単体で召喚して(3)または(4)を使用するのは非常に効率が悪く現実的ではない。
 何より、単体性能ではレベル種族属性が一致し、1ターンしか維持できないにせよ特殊召喚も可能な《オシリスの天空竜》《オベリスクの巨神兵》が存在する。
 前者は自身の効果で展開を抑制できるため、モンスターによる除去戦闘破壊に間接的な耐性を持ち、後者は安定したステータス対象耐性を有するため、こちらよりも遥かに場持ちが良い。

 このカードの真髄は豊富なサポートカードにこそある。
 《古の呪文》サーチサルベージを行いつつアドバンス召喚召喚権も増やせるので、召喚は格段に楽になる。
 《ラーの使徒》《リアクター・スライム》効果を利用すればリリース先も容易く確保でき、消費を抑えて召喚まで繋げられる。
 トリプルコストモンスター《神・スライム》特殊召喚を1体で賄いつつ、同時にこのカードサポートカードサーチ可能な《ガーディアン・スライム》も相性が良い。
 効果耐性の薄さは《神縛りの塚》《ゴッド・ブレイズ・キャノン》で補うことができ、戦闘破壊除去を受けても墓地《ラーの翼神竜−不死鳥》が存在すればあちらの自己再生に繋げて戦線維持が可能。
 また、《ラーの翼神竜−球体形》《千年の啓示》召喚条件を無視してこのカード特殊召喚でき、《太陽神合一》と併用すればライフステータスに変換できる。
 特に前者はステータス4000の状態で特殊召喚するため、《太陽神合一》の(1)と合わせれば1ターンキルも可能な攻撃力を期待できる。
 このカードの(3)(4)、または《太陽神合一》の(1)とライフコストの消費が大きいが、《太陽神合一》の(2)や《神秘の中華なべ》を利用すれば失ったライフ回復可能。
 ただ、これらサポートカードサーチ手段は《ガーディアン・スライム》しかないため、効率よく揃えるには他にもドローソースを入れておきたい。

 数あるサポートカードの中でも《ラーの翼神竜−球体形》《ラーの翼神竜−不死鳥》との連携は重要である。
 《ラーの翼神竜−球体形》相手モンスター3体をリリースして相手フィールドアドバンス召喚した後に自分フィールドに戻るため、出す過程でモンスター除去も兼ねられる。
 《洗脳解除》《所有者の刻印》を使用すれば即座に《ラーの翼神竜−球体形》コントロールを取り返しこのカードに繋げられる。
 そこから(4)で残った相手モンスターを全滅させれば4000の直接攻撃を叩き込める。
 また、《ファントム・オブ・カオス》等で《ラーの翼神竜−球体形》効果コピーするのも手。
 このカード攻撃したバトルフェイズ中に何らかの方法で墓地へ送ってやれば攻撃力4000を誇る《ラーの翼神竜−不死鳥》で追撃も可能となる。
 《ラーの翼神竜−球体形》から特殊召喚したこのカード直接攻撃に→《ラーの翼神竜−不死鳥》特殊召喚《ラーの翼神竜−不死鳥》直接攻撃が決まれば1ターンキルが成立する。

 以上の様なサポートカードを駆使して専用構築に特化したのが【ラーの翼神竜】である。

 なお、《光の創造神 ホルアクティ》の専用デッキを組む際には《オシリスの天空竜》《オベリスクの巨神兵》共々必須カードとなる。
 そちらのデッキでの使い方に関しては《光の創造神 ホルアクティ》を参照の事。

  • Vジャンプでは付属カードを使ったデッキレシピがその号に付記されるのが恒例だったが、他に類を見ないほど扱いづらいモンスター効果の為か、このカードを使ったレシピは紹介されていなかった。
  • OCGにおいては単体性能では間違いなく他2神より扱いにくいが、サポートカードを駆使して特化する事で性能をフルに発揮できるようになっている。
    時と共にサポートカードが増えて総合的なカードパワーが上がっていく様は、連載が進むにつれて能力が明かされていった原作と類似していると言えなくもない。
  • 「ラー(Ra)」は古代エジプトの太陽神であり、頭上に日輪を戴く隼の頭の人物として描かれる。
    太陽たるラーは毎日地上と冥界を旅し、そのたびに昼と夜が訪れると考えられた。
    冥界を旅するうちにラーは一度死に、夜明けとともに新たに生まれ変わるとの伝承がある。
    原作における「不死鳥」のイメージは、この神話に由来したものだろう。
  • ヘリオポリスで栄えた太陽信仰によって最高神となったラーだが、それ以前に最高神とされていたのはオシリスだった。
    重要な神であるがゆえに様々な神と習合されており、ホルス神と習合した姿がラー・ホルアクティである。
    他には天空神アメンと習合しアメン・ラーともなる。
  • 英語名の直訳は「ラーの翼竜」となり、太陽神ラーの名前がそのまま使われている。
    「神」の部分がなくなっただけで、他の三幻神と比べて名称の変更がごく僅かなものになっている。
  • 原作・アニメにおいて―
    「太陽の」の称号を持つ三幻神の1体であり、最高神。
    テキスト古代神官文字(ヒエラティックテキスト)で記されており、選ばれた決闘者しか効果を理解することも操ることもできない。
    攻撃も守備もできない太陽を象った「球体形」と、3つの「戦闘モード」を持つ。
    3つの「戦闘モード」の内、最終形態は「不死鳥」とも称されており、作中では球体形カードに描かれた姿→不死鳥の姿へと変化する描写がある。
    また「第二形態」と呼ばれる形態も存在するが、作中ではどの形態を「第一形態」と指すのかははっきりと描写されていない。
    カードに描かれた姿が「第一形態」でプレイヤーと融合した姿が「第二形態」なのか、球体形が「第一形態」でカードに描かれた姿及びプレイヤーと融合した姿を纏めて「第二形態」と呼ぶのかは不明瞭である。
    「デザイナーであるペガサスが能力を記した文字を解読できなかったために、その文字をそのまま記した」という設定のもと、物語の進行に準じて徐々に能力が解明されていった。
    デュエルでの初登場は「城之内vsリシド」戦だが、この時はリシドがコピーカードを使用したため、神の怒りに触れデュエルは中断となった。
    この時点では「攻守は生け贄ステータスの合計になる」効果しか明かされておらず、後の「舞vs闇マリク」戦で「『古代神官文字』を唱えたプレイヤーコントロールを得る」効果が明らかにされた。
    マリクは千年錫杖の真の啓示を受けていなかったために他の効果は解読できていなかったが、最高位の神であることからか他の神を凌ぐと認識していた。
    闇マリクは全ての効果を把握しており、「闇マリクvs闇バクラ(&マリク)」戦で「ライフと引き換えに攻撃力を得る効果」、「闇マリクvs城之内」戦で「モンスター除去効果(ゴッド・フェニックス)」を披露している。
    バトルシティ決勝「遊戯vs闇マリク」戦にて闇マリクが敗北したことで遊戯の手に渡る。
    「王の記憶編」においては(ファラオ)の名の元に召喚されて盗賊王バクラと激戦を繰り広げ、最終局面においては他の三幻神と共に《光の創造神 ホルアクティ》となった。
    またアニメ版では、「闇マリクvs闇バクラ(&マリク)」戦で闇バクラが、「戦いの儀」においてアテムがそれぞれ通常召喚して使用している。
    攻撃名は「ゴッド・ブレイズ・キャノン」、相手モンスター除去する効果名は「ゴッド・フェニックス」。
  • グールズが幾度となくコピーカードを製造しているが、そのことごとくがラーの怒りに触れ、使用者は大きな肉体的・精神的ダメージを負い戦闘不能に陥っている。
    「城之内vsリシド」戦でも両プレイヤーに精神的ダメージを与え、デュエルでの決着は付かなかった。
  • 原作で初登場時と以後のカードでは、何故かイラストが別物になっている。
    初出時のイラストは記憶編で登場するラーの石版「太陽の翼を持つ鷹」に酷似している。
    また、記憶編で登場した際は口から牙がなくなり、クチバシのようになっている(アニメ版ではオープニング映像等の一部を除いて牙は残っている)。
  • 他の神と違い、原作やアニメでの史実の回想シーンにて登場していない。
  • アニメ60話の回想においてマリクが盗み出した時のイラストはOCGの初出のものと同様だが、レベルが9、カードの枠は通常モンスターと同じであり、攻撃力守備力テキストは???で書かれており、カード名はなぜか日本語表記であった。
    また123話の回想においても同様のシーンが使われたが、使い回しのためか修正はされずそのままになっていた。
  • DM7ではリシドと闇マリクが使用してくる。
    闇マリク戦勝利後に入手するが、直後にエンディングとなってしまいセーブできないため、プレイヤーは事実上使用できない。
  • OCGルールのゲームでは、NIGHTMARE TROUBADOURより実装された。
    WORLD CHAMPIONSHIP 2008までのゲーム作品では以下の効果で収録されている。
    効果モンスター
    星10/神属性/幻神獣族/攻   ?/守   ?
    このカードを通常召喚する場合、
    自分フィールド上に存在するモンスター3体をリリースして
    アドバンス召喚しなければならない。
    このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
    このカードを魔法・罠・効果モンスターの効果の対象にする事はできない。
    このカードの攻撃力と守備力は、
    このカードのアドバンス召喚のためにリリースしたモンスターの
    元々の攻撃力・守備力を合計した数値になる。
    特殊召喚されたこのカードは、エンドフェイズ時に墓地へ送られる。 
    このカードが特殊召喚に成功した時、
    次の効果から1つを選択して発動する事ができる。
    ●1000ライフポイントを払って発動する。
    フィールド上に存在するモンスター1体を破壊しゲームから除外する。
    ●ライフポイントが1ポイントになるようにライフポイントを払って発動する。
    このカードの攻撃力・守備力は払った数値分アップする。
  • フォルスバウンドキングダムでは「神のマスター」のアビリティを持つプレイヤーが「ラーのひとみ」を使用する事で使用できる特殊なモンスター
    ステータス《オベリスクの巨神兵》に劣るが、全体攻撃はクリティカルダメージを与える確率が高く、クリティカルになると、一般のモンスターは瀕死、または一撃で倒されるほどのダメージを受ける。
    《ラーの翼神竜》の全体攻撃、《ラーの翼神竜》へのクリティカルダメージ、《ラーの翼神竜》が倒された時に闇マリクの声が入る。
    このゲームでの通常攻撃名は原作と同じ「ゴッド・ブレイズ・キャノン」、全体攻撃名が「ゴッド・ブレイズ・ノヴァ」。
  • デュエルリンクスでは、2017年12月に開催されたイベント以降に使用可能となった。
    あちらにおいてもカードパワーの評価は芳しくないが、スキルライフコスト0」と組み合わせる戦術が考案されている。
    このスキルは「デュエル中に1度、ライフが1000以下の時に使用でき、次の相手ターンの終了時までライフコストが不要となる」というものであり、《ラーの翼神竜》を召喚ライフを支払い条件を満たしたのち除去効果を連発するという戦法である(現在はスキルが修正されたため連発は不可能)。
    また、神属性モンスター召喚することにより得られる「神召喚」というボーナスが存在し、効果発動すれば必然的に「LP超ギリギリ」も達成でき「逆転勝利」も達成しやすくなるなど、稼ぎプレイにおいては高得点を取りやすい比較的優秀な点が揃っているためそちらの目的でカードを使用するプレイヤーも存在する。
    そして、2018年4月からは闇マリク専用のスキルとして「生贄を束ねる力」が登場。
    その内容は「《ラーの翼神竜》をアドバンス召喚した場合、その時リリースしたモンスター攻撃力守備力の合計を得る」というものであり、OCG化の際に消滅した原作効果の一つを再現するようなものとなっている。

関連カード

サポートカード(《ラーの翼神竜》のカード名が記されたカード

―このカードをモチーフとするモンスター

―類似した効果を持つカード(原作効果も含む)

―《ラーの翼神竜》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

 ※召喚条件及び(1)(2)の効果については三幻神を参照のこと。

Q:効果分類は何ですか?
A:(1)の効果特に種別がなく、(2)の効果永続効果、(3)の効果誘発効果、(4)の効果は1ターンに複数回発動可能な起動効果です。(11/08/09)

(3)の効果について

Q:この効果を使用する場合、必ず100ライフポイントになるように払わないといけないのですか?
A:はい、この効果を使用する場合は必ず100ライフポイントになるように払わなければなりません。(11/08/09)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《進化する人類》装備した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《進化する人類》効果元々の攻撃力が1000あるいは2400になった後、払ったライフポイント攻撃力が上昇します。(11/08/09)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《巨大化》装備した場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《ラーの翼神竜》の元々の攻撃力は0として扱われます。
  そのため攻撃力元々の攻撃力の0を倍または半分にした数値である0になります。(19/03/04)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《収縮》効果を受けた場合、攻撃力はどうなりますか?
A:《ラーの翼神竜》の元々の攻撃力は0として扱われます。
  元々の攻撃力の0を半分にした後、払ったライフポイント攻撃力が上昇します。(11/11/07)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《BF−疾風のゲイル》効果を受けた場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:払ったライフポイントの半分になります。(11/08/09)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《月の書》効果を受けた場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:0になり、再度表側表示になっても0のままです。(11/08/09)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《禁じられた聖杯》効果を受けた場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:0になり、ターン終了後も0のままです。(11/08/09)

Q:この効果攻撃力を上昇させたこのカード《スキルドレイン》効果を受けた場合、攻撃力守備力はどうなりますか?
A:0になり、その後《スキルドレイン》効果適用されなくなっても0のままです。(10/02/10)

(4)の効果について

Q:《DNA改造手術》サイキック族を指定した状態で、サイコカウンター《脳開発研究所》に置いてこの効果を使用できますか?
A:はい、サイキック族になっているのであれば、サイコカウンターを置いてこの効果を使用する事は可能です。(11/08/09)


《ラーの翼神竜(よくしんりゅう)/The Winged Dragon of Ra》

通常モンスター(使用不可カード)
星10/神属性/幻神獣族/攻????/守????
精霊は歌う。大いなる力、すべての万物を司らん。
その命、その魂、そしてその骸でさえも。

 遊戯王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記 予約特典カードで登場した神属性幻神獣族最上級モンスター
 三幻神と呼ばれる神の写し身の1体。

 公式のデュエルで使用できない特別なカードであり、厳密には遊戯王OCGではない。
 表面はシンボルカラーである黄色になっており、裏面には一切のロゴや文字が入っていない。
 使用する際には裏側が分からない様に色付きのスリーブに入れ、相手に使用の了承を得た上で使うことが望ましい。

  • フレイバー・テキストに「すべての万物」とあるが、「万物」は「全ての物」という意味であるため、表現が重複している。

収録パック等


Tag: 《ラーの翼神竜》 モンスター 効果モンスター 星10 神属性 幻神獣族 攻? 守? 特殊召喚不可

広告