【サイバース(ぞく)

デッキの概要

 第10期に追加された25番目の種族サイバース族を用いたデッキ
 同時に登場した召喚法であるリンク召喚種族全体で得意とする。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

デッキ墓地除外から展開するモンスター
 カード消費を抑えてモンスターを並べられる利点を持つが、発動条件や制約により事故を起こす事がある。

手札から展開するモンスター
 カード消費はやや荒くなるがその分条件が緩い事が多いので事故になりにくい。

手札を稼ぐモンスター
 単体ではモンスターを並べられないがハンド・アドバンテージは稼げるので弱点の持久力不足は補える。

除去を行うモンスター
 除去リンクモンスターに依存しすぎると特殊召喚メタエクストラデッキメタを受けた場合に身動きが取れなくなるので、メインデッキに何枚か用意しておくと保険として安心ではある。

チューナー

儀式モンスター
 いずれも《サイバース・ウィッチ》効果《サイバネット・リチューアル》と共にサーチして儀式召喚できる。
 儀式召喚しない場合でも墓地へ送るだけでも《ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード》《ファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティ》効果の活用に繋がる。

サイバース族以外のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

リンクモンスター
※括弧内はリンク素材の指定とリンクマーカーの向き

融合モンスター

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

魔法・罠カードについて

 サイバース族モンスターを連続展開する構築が主流であり、それに安定を求める場合魔法・罠カードに割けるデッキの枠は多くない。
 汎用性のある魔法・罠カードを中心に採用し、専用のサポートカードの採用枚数はよく吟味する必要がある。

種族関連のサポートカード

―上記以外のリンクモンスター関連

戦術

 特殊召喚効果を持つモンスターを場に並べてリンク召喚につなげていくのが基本戦術となる。
 メインデッキモンスターリンク素材としての採用が主になり、戦闘除去・防御はほぼリンクモンスターに頼ることになる。

 リンクモンスターが主役となる上、リンク先相互リンクと密接な関係を持つカードが多い。
 「どこのモンスターゾーンを空け、どこのモンスターゾーンにどのカードを配置すれば、望ましい相互リンク数を確保できるか」といった、マスタールール3以前とは全く異なる思考が要求される。
 ベテランのプレイヤーでも、使いこなすには相当の慣れが必要だろう。

デッキの種類

【コード・トーカー】

 コード・トーカー特殊召喚する度にサーチを行う事ができる《サイバネット・コーデック》と、トリガーとなるコード・トーカーを軸にしたデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【儀式召喚】

 《サイバース・ウィッチ》を軸とし、儀式召喚のギミックを取り入れた構築。
 《サイバース・ウィッチ》リンク召喚効果の発動に成功すれば、儀式召喚の準備は自ずと整うので、儀式召喚関連のサポートカードをあまり採用せずとも機能しやすい。

【正規融合】

 《クロック・スパルトイ》《クロック・リザード》を軸とする、融合召喚のギミックを取り入れた構築。
 莫大な攻撃力を得ることができる《サイバース・クロック・ドラゴン》フィニッシャーに据える関係上、1ターンキルを狙いやすい。

【シンクロ召喚】

 《サイバース・ウィキッド》《サイバース・インテグレーター》を軸とする、シンクロ召喚のギミックを取り入れた構築。
 《サイバース・ウィキッド》《サイバース・クアンタム・ドラゴン》《サイバース・シンクロン》は互いに強固な耐性を付与できる。

【スキルドレイン】

 《ストームサイファー》《セグメンタル・ドラゴン》などのデメリットアタッカーによるビートダウンデッキ
 《スキルドレイン》で多くのモンスター効果無効化されてしまうため、自身をリリースしたり、手札墓地効果を発動するモンスターのみを投入する。
 本来【サイバース族】全般の弱点である《スキルドレイン》を逆に採用する、特異な構築。
 その他、相性の良いカードなどは【スキルドレイン】を参照。

コードブレイカー

 《サイバース・ウィッチ》《クロック・リザード》リンクマーカーの向きがコードブレイカーと相性が良い点に着目した構築。
 上記リンクモンスターの真下に《コードブレイカー・ウイルスソードマン》を出すことで、その左側に《コードブレイカー・ゼロデイ》特殊召喚できる。
 そのまま2体で《コードブレイカー・ウイルスバーサーカー》に繋げればL素材とした2体のコードブレイカー蘇生可能。
 更に《サイバース・ウィッチ》ならばサイバース族儀式モンスター《サイバネット・リチューアル》サーチおよびサイバース族下級モンスター蘇生ができるため更なる大量展開が狙える。
 《サイバース・セイジ》を利用すれば融合召喚シンクロ召喚にも繋げられ、《ファイアウォール・ドラゴン・シンギュラリティ》を出しつつ(1)のバウンスをフルに活用することも不可能ではない。

デッキの派生

【シンクロ召喚混合型】

 通常モンスターチューナーを採用すれば《ドラコネット》シンクロ召喚できる。
 《サイバース・ガジェット》も自身の効果チューナー蘇生すればシンクロ召喚に容易につながる。
 得意とする大量展開もシンクロ素材の確保に使いやすい。
 レベル5までしか狙えないが、《アクセル・シンクロン》《源竜星−ボウテンコウ》を経由することでさらに高レベルモンスターを出せる。
 前者ならシンクロン、後者なら幻竜族を併用することでアドバンテージを稼ぐことも可能。

【トロイメア】サイバース族軸

 サイバース族《夢幻崩界イヴリース》トロイメアリンクモンスターを中心にした構築。
 元々リンク召喚が得意な【サイバース族】ではトロイメア相互リンクも狙いやすいが、この構築では更に以下の様な利点が生まれる。

【サラマングレイト】

 炎属性サイバース族で統一されているサラマングレイトを軸にしたデッキ
 詳しくは該当ページ参照。

【マリンセス】

 水属性サイバース族で統一されているマリンセスを軸にしたデッキ
 詳しくは該当ページ参照。

【斬機】

 サイバース族で統一されている斬機を軸にしたデッキ
 詳しくは該当ページ参照。

【@イグニスター】

 サイバース族で統一されている@イグニスターを軸にしたデッキ
 詳しくは該当ページ参照。

【Gゴーレム】

 サイバース族で統一されたGゴーレムを中心にしたデッキ
 サイバース族地属性に関連する効果や制約を持つのが特徴。

 《Gゴーレム・クリスタルハート》効果により、相互リンク先の地属性モンスター単体強化2回攻撃能力を付与することで戦闘ダメージの増加を狙うことができる。
 《Gゴーレム・クリスタルハート》自身が攻撃力0で耐性を持たないのが欠点だが、相互リンク状態の《Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン》効果戦闘効果の両面から守ることで補える。
 理想系となる相互リンク状態の《Gゴーレム・クリスタルハート》《Gゴーレム・インヴァリッド・ドルメン》《Gゴーレム・ロックハンマー》からGゴーレムトークン3体を特殊召喚して《Gゴーレム・スタバン・メンヒル》を経由することで容易にリンク召喚可能となっている。

このデッキの弱点

 展開の基本に繋げる過程で蘇生リクルート、大量展開を主軸にした構成にする必要があるため、弱点が明確であり以下のメタカードがほぼ全て刺さる
 そのため、それらメタカードが対抗手段が無いまま先攻で出されると最悪詰みかねない。
 なので如何にバランスを崩さずに打開策サイドデッキから投入出来るかが鍵となる。
 環境次第では《タイフーン》《幽鬼うさぎ》除去カードの採用も検討したい。

墓地利用封じ

 墓地サイバース族を利用出来ず、《ダイガスタ・エメラル》《貪欲な壺》等による回収すら出来なくする《王家の眠る谷−ネクロバレー》《マクロコスモス》等は厄介。
 《サイバース・ガジェット》《ドットスケーパー》を用いてリンクモンスターに繋ぐプレイングを行う場合、《王宮の牢獄》等の蘇生メタカードも身動きが取れなくなる。

特殊召喚封じ

 大量展開や《ドラコネット》等によるリクルートを主軸にした構成にする以上、《虚無魔人》《虚無空間》などの特殊召喚メタカードは厄介。
 また、アタッカーフィニッシャーリンクモンスターに頼らざるを得ない程、エクストラデッキへの依存度が高いデッキなので、《浮幽さくら》を始めとするエクストラデッキメタカード相手も厄介。
 《真帝王領域》《轟雷帝ザボルグ》を有する【帝王】等は最大の天敵といえる。

モンスター効果メタ

 モンスター効果を永続的に無効化する《スキルドレイン》は非常に厄介なカード
 メインデッキモンスターリンク素材としての採用が主であり全体的なステータスが低いため、先に発動された場合戦闘ではまず勝てず、弱小モンスターの集まりとなりやすい。

持久力の低さ

 展開の基本に繋げる上で手札消費の激しいデッキなのだが手札から展開する効果が多い割に手札を補充する手段が乏しい。
このためあっという間に手札を使い果たしてしまい、そのままリカバリーが効かずにジリ貧に陥りがちである。
 また主力展開手段の《ドラコネット》《サイバース・ガジェット》が、どちらも召喚時限定で特殊召喚からでは発動できないため、ここを狙われると脆い。

関連リンク

広告