【フロフレホルス】

デッキの概要

 【氷炎の双竜】【お触れホルス】、そして【未来龍】の複合型。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》水属性炎属性ドラゴン族墓地を肥やし《氷炎の双竜》を展開する。
 そしてそのモンスター除去と、魔法耐性のあるホルスの黒炎竜罠カードを封じる《王宮のお触れ》相手のあらゆるカードを封じる。
 12/09/01にて《未来融合−フューチャー・フュージョン》禁止カードとなった事で、墓地肥やしのギミックが失われ、《未来融合−フューチャー・フュージョン》に頼らない構築が求められるようになった。
 その後、大幅エラッタと共に《未来融合−フューチャー・フュージョン》禁止カード指定を解かれ、タイムラグこそ発生するが墓地肥やしには使用可能になった。

《未来融合−フューチャー・フュージョン/Future Fusion》
永続魔法
(1):このカードの発動後1回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
自分のエクストラデッキの融合モンスター1体をお互いに確認し、
そのモンスターによって決められた融合素材モンスターを自分のデッキから墓地へ送る。
(2):このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに発動する。
このカード(1)の効果で確認したモンスターと
同名の融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する。
このカードがフィールドから離れた時にそのモンスターは破壊される。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。
《氷炎の双竜/Frost and Flame Dragon》
効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスター2体と炎属性モンスター1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。
《ホルスの黒炎竜 LV8/Horus the Black Flame Dragon LV8》
効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守1800
このカードは通常召喚できない。
「ホルスの黒炎竜 LV6」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
魔法カードの発動を無効にし破壊する事ができる。
《王宮のお触れ/Royal Decree》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
このカード以外のフィールドの全ての罠カードの効果は無効化される。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

 必須カードはこれといって存在しない。

デッキの派生

【未来フロフレ】

 ホルスの黒炎竜を採用しないタイプ。
 《ホルスの黒炎竜 LV8》が無いので手札事故は減るが、魔法耐性は無くなる。

【フロフレダドラ】

 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》により《青氷の白夜龍》《タイラント・ドラゴン》《竜の騎士》等の最上級モンスターをお手軽に蘇生できるようになる。
 《デコイドラゴン》を投入すれば強固なとして活躍するだろう。
 2019/04/01《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》禁止カードに指定されたためこの軸でのデッキ構築は不可能になった。

このデッキの弱点

 《スナイプストーカー》《N・グラン・モール》等のモンスター効果による除去は封じづらい。
 特定の勝ち方に拘らず、豊富なコンボを頼りにすぐに立ち直れるようにしよう。
 特に《風帝ライザー》により各種特殊召喚モンスターを封じられると痛いので、そのリリース要員から確実に潰して行きたい。

 《氷炎の双竜》ホルスの黒炎竜特殊召喚を封じる、全体除外カードも怖い相手である。
 《光の追放者》《次元の裂け目》は、《サイバー・ドラゴン》《サイクロン》等で確実に除去していこう。
 《マクロコスモス》に関しては、《王宮のお触れ》があるのであまり怖くない。

 この他に、チェーンできるカードが少ないため、《光と闇の竜》召喚されると厳しくなる。
 《ブリザード・ドラゴン》効果発動する等して対応したい。
 《黄泉ガエル》を入れておくと《光と闇の竜》の攻守を最低の状態まで下げられる。
 リリース確保や《氷炎の双竜》特殊召喚コストなどにも優秀だが、《王宮のお触れ》等の永続罠とは相性が悪いので注意。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告