【ローズ・ドラゴン】

デッキの概要

 ドラゴン族で統一されたローズ・ドラゴンを主軸としたシンクロ召喚系のビートダウンデッキ
 ローズ・ドラゴンはいずれも植物族に関連した効果を持っているため、効果を活かす場合は必然的に種族混成デッキとなる。
 多彩なサポートカードにより、《ブラック・ローズ・ドラゴン》全体除去用のリセットカードとしてだけではなく、維持してアタッカーとしても運用するのが特徴。

《ブラック・ローズ・ドラゴン/Black Rose Dragon》
シンクロ・効果モンスター
星7/炎属性/ドラゴン族/攻2400/守1800
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時に発動できる。
フィールドのカードを全て破壊する。
(2):1ターンに1度、自分の墓地から植物族モンスター1体を除外し、
相手フィールドの守備表示モンスター1体を対象として発動できる。
その相手の守備表示モンスターを表側攻撃表示にし、その攻撃力はターン終了時まで0になる。
《ホワイトローズ・ドラゴン/White Rose Dragon》
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1200/守1000
このカード名の(1)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドにドラゴン族または植物族のチューナーが存在する場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
(2):このカードが召喚に成功した時に発動できる。
自分の手札・墓地から「ホワイトローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を選んで特殊召喚する。
(3):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル4以上の植物族モンスター1体を墓地へ送る。
《レッドローズ・ドラゴン/Red Rose Dragon》
チューナー・効果モンスター
星3/闇属性/ドラゴン族/攻1000/守1800
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドローズ・ドラゴン」以外の「ローズ・ドラゴン」モンスター1体を特殊召喚する。
このカードが「ブラック・ローズ・ドラゴン」または植物族SモンスターのS素材として墓地へ送られた場合には、
さらに「冷薔薇の抱香」または「漆黒の薔薇の開華」1枚をデッキから手札に加える事ができる。
《ブルーローズ・ドラゴン/Blue Rose Dragon》
効果モンスター
星4/闇属性/ドラゴン族/攻1600/守1200
(1):フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られた時、
自分の墓地の、「ブラック・ローズ・ドラゴン」
または植物族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

ローズ・ドラゴン

―相性の良い植物族

―相性の良いドラゴン族

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

シンクロモンスター

エクシーズモンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

植物族サポートカード

ドラゴン族サポートカード

―その他相性の良い魔法・罠カード

戦術

 ローズ・ドラゴンシナジーを活かし、シンクロ召喚によってアタッカー確保とデッキ回転を同時に行い、ビートダウンしていく。
 《レッドローズ・ドラゴン》《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚し、《ブルーローズ・ドラゴン》特殊召喚して全体除去に巻き込むことで、蘇生効果へ繋げるコンボが基本となる。
 ドラゴン族植物族共に様々な蘇生カードを持つため、墓地を肥やしておけば全体除去から体勢を立て直し、一気に勝負を決められる。

デッキの種類

【ドラゴン族】

 ローズ・ドラゴン《ブラック・ローズ・ドラゴン》シンクロ召喚するという動き自体には植物族は不要であることに着目し、植物族を減らしてドラゴン族で固める構築。
 サルベージには《神竜 アポカリプス》リクルートには《仮面竜》などが利用できる。
 下級ドラゴン族が中心になるため、【守護竜】のギミックを入れることも可能。

デッキの派生

【ヴァレット・ローズ・ドラゴン】

 闇属性ドラゴン族を中心とする【ヴァレット】との混合構築。
 メインデッキローズ・ドラゴン属性種族が共通するのでサポートを共有可能。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》での全体除去ヴァレットを巻き込むことでリクルート効果へ繋げられる。
 闇属性ドラゴン族リンク素材とし、ヴァレット特殊召喚トリガー自己再生できる《デリンジャラス・ドラゴン》も採用候補となる。

このデッキの弱点

 シンクロ召喚自体が展開手段でもあるため、妨害されると動きが大きく鈍ってしまう。
 《ブラック・ローズ・ドラゴン》以外の除去に乏しく、効果破壊耐性を持った高攻撃力モンスターの対処には苦慮する。
 蘇生が重要な展開手段であるため、《マクロコスモス》などの全体除外は非常に苦手。

代表的なカード

関連リンク

広告