海造賊(プランドロール)

デッキの概要

 海造賊を中心とした【水属性】寄りの【悪魔族】デッキ
 相手の使用属性にやや影響されるものの、エクストラデッキモンスター効果で直接特殊召喚する戦術が特徴的。

《海造賊−白髭の機関士/Whitebeard, the Plunder Patroll Helm》
チューナー・効果モンスター
星4/水属性/悪魔族/攻1500/守1000
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手ターンに発動できる。
相手のフィールド・墓地のモンスターのいずれかと同じ属性を持つ
「海造賊」モンスター1体をEXデッキから特殊召喚し、
自分フィールドのこのカードを装備カード扱いとしてそのモンスターに装備する。
(2):このカードが手札・モンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「海造賊−白髭の機関士」以外の「海造賊」モンスター1体を特殊召喚する。
このターン、自分は「海造賊」モンスターしか特殊召喚できない。
《海造賊−キャプテン黒髭/Blackbeard, the Plunder Patroll Captain》
リンク・効果モンスター
リンク2/水属性/悪魔族/攻1600
【リンクマーカー:左下/右下】
「海造賊」モンスターを含むモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。
相手のフィールド・墓地のモンスターのいずれかと同じ属性を持つ
「海造賊」モンスター1体をEXデッキから特殊召喚し、
対象の自分の効果モンスターを装備カード扱いとしてその特殊召喚したモンスターに装備する。
その後、自分はデッキから1枚ドローする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
《海造賊−拠点/Plunder Patroll Shipyarrrd》
フィールド魔法
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「海造賊」モンスターの攻撃力は、
自分の魔法&罠ゾーンの「海造賊」カードの数×500アップする。
(2):自分メインフェイズに、手札を1枚捨てて発動できる。
デッキから「海造賊−拠点」以外の「海造賊」カード1枚を手札に加える。
(3):このカードが墓地に存在する場合、
自分の魔法&罠ゾーンの「海造賊」カード1枚を対象として発動できる。
このカードを自分フィールドにセットし、対象のカードを持ち主の手札に戻す。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

海造賊
 全てレベル4・水属性であり、チューナーと非チューナーが2体ずついる。
 《海造賊−金髪の訓練生》以外は手札モンスターゾーンから墓地へ送られた場合に発動する固有効果を持つ。
 装備カードになる機会も多いが、魔法&罠ゾーンから墓地へ送られた場合は上記効果発動しない点は運用上注意。

―相性の良いモンスター

エクストラデッキモンスターについて

海造賊
 《海造賊−キャプテン黒髭》以外は海造賊カード装備している状態では固有効果強化されるため適用を狙いたい。
 この固有効果海造賊カード手札コストに要求するが、海造賊モンスターを使えばディスアドバンテージを補える。
 《海造賊−白髭の機関士》《海造賊−金髪の訓練生》の(2)の発動後は海造賊しか特殊召喚できないので採用枚数は多めにしたい。

リンクモンスター

シンクロモンスター
 レベル8が中心となる。

エクシーズモンスター
 ランク4が中心となる。

魔法・罠カードについて

海造賊

―相性の良いカード

戦術

 展開をメインデッキモンスター攻撃制圧エクストラデッキモンスターで行うオーソドックスな戦術となる。
 手札コストを要求する効果は多いが墓地効果ディスアドバンテージを補えるので持久力はそれなりに高い。
 とは言え、見境なしに行動すると手札が枯渇しがちになるので手札枚数の管理には常に気を払いたい。

 相手の使用属性に左右されるとはいえ、下級モンスター1体からエクストラデッキの大型モンスターを出せるため割と良い効率で展開できる。
 素の展開力も低くないデッキだが、誓約により海造賊以外の展開は制限されやすいので戦術の幅という点ではやや難がある。
 とは言え、エクストラデッキ海造賊除去サーチ制圧と一通りの役割は揃っており動きに支障は生じにくいだろう。

このデッキの弱点

 メインデッキモンスター攻撃力が低く除去効果も無いため特殊召喚メタエクストラデッキメタは強く刺さる
 海造賊悪魔族で統一されている関係上、《センサー万別》適用されているとほぼ身動きが取れなくなる。
 墓地へ送られた場合の効果も多用するため《マクロコスモス》の様な墓地メタにも弱い。
 それだけでなく、採用した手札誘発での防御が一部封じられる点でも相性が悪いと言える。

 主要除去要員である《海造賊−豪速のブレンネ号》《海造賊−静寂のメルケ号》はいずれも対象を取る効果なので対象耐性を持つカードは苦手。
 また、全体的に元々の攻撃力も低めなので《海造賊−拠点》が無いと打点勝負になった場合に苦労する。
 特にこちらの攻撃宣言時に《海造賊−拠点》除去されると自爆特攻で返り討ちをくらうリスクもある。

 相手のメインとする属性が偏っている場合、特に風属性の場合は《海造賊−白髭の機関士》等の特殊召喚効果が活かしにくい。
 《海造賊−大航海》等の属性変更である程度は補えるが、序盤の動きが鈍るのは致し方ないと言えるか。

代表的なカード

サンプルレシピ

 https://twitter.com/YuGiOh_OCG_INFO/status/1312618450116804609

関連リンク

広告