轟雷帝(ごうらいてい)ザボルグ/Zaborg the Mega Monarch》

効果モンスター
星8/光属性/雷族/攻2800/守1000
このカードはアドバンス召喚したモンスター1体をリリースしてアドバンス召喚できる。
(1):このカードがアドバンス召喚に成功した場合、
フィールドのモンスター1体を対象として発動する。
そのモンスターを破壊する。
破壊したモンスターが光属性だった場合、
その元々のレベルまたはランクの数だけ、
お互いはそれぞれ自分のEXデッキからカードを選んで墓地へ送る。
このカードが光属性モンスターをリリースしてアドバンス召喚に成功した場合、
その時の効果に以下の効果を加える。
●墓地へ送る相手のカードは自分が選ぶ。

 ネクスト・チャレンジャーズで登場した光属性雷族最上級モンスター
 アドバンス召喚リリースを軽減する効果外テキストアドバンス召喚に成功した場合にフィールドモンスター1体を破壊し、それが光属性ならお互いに自身のエクストラデッキカード墓地へ送る誘発効果を持つ。
 光属性リリースした場合、墓地へ送る相手カード自分が選ぶ。

 最上級帝の1体で、光属性を司る《雷帝ザボルグ》上位種
 《フォトン・サンクチュアリ》リリース要員に使用できるため、リリース軽減を狙う必要性は最上級帝の中でも低い。
 モンスター除去効果自体は《雷帝ザボルグ》と同じものだが、破壊したモンスター属性光属性ならば追加としてエクストラデッキピーピングデッキ破壊を行える。
 除去効果だけなら《冥帝エレボス》で良いため、専らこのデッキ破壊能力を目的として起用される。
 エクストラデッキカードを大量に墓地へ送れるほぼ唯一のカードであり、希少性が高い効果である。

 大幅にエクストラデッキを削るには光属性の高レベルモンスター破壊する必要があるが、幸いこのカード自身が光属性レベルである。
 よって、召喚直後に自壊させてエクストラデッキを8枚削るのが基本運用となる。
 《雷撃壊獣サンダー・ザ・キング》《壊星壊獣ジズキエル》送りつけるのも有効で、相手モンスター耐性無視で除去した後に、エクストラデッキを9〜10枚削る事ができる。

 相手エクストラデッキを破壊することのメリットは、戦術の阻害である。
 現環境においてエクストラデッキモンスターに対する依存度は高く、エクストラデッキへのデッキ破壊相手の戦術を大きく狭める事に繋がる。
 ペンデュラムモンスター墓地へ送る事ができるため、ペンデュラム召喚での大量展開を阻害する事もできる。
 なお相手エクストラデッキカード自分が選ぶためには光属性モンスターリリースする必要がある。
 ただ、【帝王】の主力リリース要員である《天帝従騎イデア》家臣の中でも随一の特殊召喚しやすさの《雷帝家臣ミスラ》光属性トークン2体を生成できる《フォトン・サンクチュアリ》等が使えるので、この条件を満たすのは容易である。

 自分エクストラデッキ破壊する事のメリットも大きい。
 墓地発動する効果を持つモンスター墓地に送り込んだり、特定の属性種族カードを任意の枚数墓地に置いたりできる。

関連カード

―《轟雷帝ザボルグ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカード効果処理時自分または相手エクストラデッキの枚数がこのカードの効果破壊したモンスターレベルまたはランクよりも少ない場合、エクストラデッキカード墓地へ送ることができますか?
A:はい、残っているエクストラデッキカードを全て墓地に送ります(14/07/19)

Q:《FNo.0 未来皇ホープ》破壊した場合、墓地へ送る枚数は何枚ですか?
A:《FNo.0 未来皇ホープ》はルール上ランク1として扱うため、1枚です。(14/07/21)

Q:《DNA移植手術》光属性宣言されています。
元々の属性神属性モンスター破壊した場合、どう処理しますか?
A:その場合追加効果適用され、お互いエクストラデッキカード墓地に送ります。(14/07/25)

Q:フィールド裏側表示で存在する光属性モンスター破壊した場合でも、お互いエクストラデッキカード墓地へ送る処理は行われますか?
A:はい、行われます。(15/07/22)


Tag: 《轟雷帝ザボルグ》 効果モンスター モンスター 星8 光属性 雷族 攻2800 守1000

広告