【お触れホルス】

デッキの概要

 《ホルスの黒炎竜 LV8》《王宮のお触れ》魔法・罠カードを封殺する、ロックビートダウンの両方の要素を持つデッキ
 ロックという観点からは低いロック強度に分類されるが、一級のビートダウンとしても通用するので、ロックが崩される前に勝利できることも珍しくない。
 《ホルスの黒炎竜 LV8》攻撃力は3000とレベル8としても最高クラスのため、ほとんどのモンスター戦闘破壊することができる。

《ホルスの黒炎竜 LV8/Horus the Black Flame Dragon LV8》
効果モンスター
星8/炎属性/ドラゴン族/攻3000/守1800
このカードは通常召喚できない。
「ホルスの黒炎竜 LV6」の効果でのみ特殊召喚する事ができる。
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、
魔法カードの発動を無効にし破壊する事ができる。
《王宮のお触れ/Royal Decree》
永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、
このカード以外のフィールドの全ての罠カードの効果は無効化される。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

―その他のモンスター

魔法・罠カードについて

 《王宮のお触れ》を採用する関係上、罠カードの枚数は可能な限り少なくする。

戦術

 《ホルスの黒炎竜 LV8》特殊召喚には《ホルスの黒炎竜 LV6》が必須となるので、様々な方法を駆使して《ホルスの黒炎竜 LV6》フィールドに用意したい。
 《ホルスの黒炎竜 LV4》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》での特殊召喚はもちろん、普通にアドバンス召喚しても良い。
 《ホルスの黒炎竜 LV6》を用意できたら、後はモンスター戦闘破壊するだけであり、《王宮のお触れ》罠カードを封じておけばレベルアップは容易。
 速度を重視して《レベルアップ!》を使用するのもいいだろう。

 《ホルスの黒炎竜 LV8》特殊召喚し、ロックが完成した後は、《ホルスの黒炎竜 LV8》を守ることに徹する。
 しかし、モンスター効果だけでも《ホルスの黒炎竜 LV8》に対処する手段は多く、いつまでもロックが続くとは限らない。
 《ホルスの黒炎竜 LV8》攻撃力も活かし、相手がこのカードに対抗しうる手段を手にする前に決着を着けたい。

デッキの派生

《未来融合−フューチャー・フュージョン》

 ドラゴン族モンスターデッキに多数採用し、《未来融合−フューチャー・フュージョン》《ホルスの黒炎竜 LV6》墓地へ送り《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》蘇生させるとともに、《F・G・D》融合召喚も可能とするデッキ
 ホルスの黒炎竜ドラゴン族であるという長所を生かし、《F・G・D》融合召喚できるので、デッキ攻撃力は飛躍的に向上する。
 《龍の鏡》も強力だが、墓地アドバンテージを削ることは《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》と相性が悪いため、《D・D・R》等と併用すると良いだろう。

【フロフレホルス】

 【お触れホルス】に《氷炎の双竜》を加え、より攻撃的にしたデッキ
 詳細は【フロフレホルス】を参照。

【カウンターホルス】

 《王宮のお触れ》の代わりにカウンター罠を採用した、【カウンタービート】型のデッキ
 罠カードへの対策を弱める代わりに効果モンスターへの対策を強める。
 相手が罠カードを多用する場合、サイドデッキカードと入れ替え【お触れホルス】への移行も可能。

 カウンター罠に限らず、《ブレイクスルー・スキル》《デモンズ・チェーン》などを利用するのも手。
 この型の場合、罠カードの比率が高くなるため、【忍者】のギミックを組み込むことも考えられる。
 《忍法 超変化の術》ホルスの黒炎竜などのリクルート手段にもなるため強いシナジーが見込める。

《竜魔人 キングドラグーン》

 《竜魔人 キングドラグーン》効果ホルスの黒炎竜対象にとる効果から護り、手札から《ホルスの黒炎竜 LV6》等を展開出来る。
 《神竜 ラグナロク》《融合呪印生物−闇》から手軽に特殊召喚出来、《龍の鏡》から2体目の展開も容易だった。
 上記デッキが登場するまでは構築されることも多かったが、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》シンクロ召喚の登場により、現在はほとんど採用されなくなっている。

【征竜】

 《焔征竜−ブラスター》ホルスの黒炎竜サーチできる点を活かしたデッキタイプ。
 《ホルスの黒炎竜 LV6》サーチし、特殊召喚した征竜リリースに充てる事で展開、《レベルアップ!》や自身の効果によるレベルアップを狙う。
 ホルスの黒炎竜手札に来たものはもちろん、レベルアップで墓地へ送られたものも各種征竜コストとなるため、腐る心配がない。
 それぞれのデッキと比較して防御能力が落ちるため、相手魔法カードに依存するか否かで安定性が変化する点が難点である。
 四征竜《ガード・オブ・フレムベル》から《閃こう竜 スターダスト》シンクロ召喚を狙い補助したいところだが、ホルスの黒炎竜と同一ターンサーチできないので注意。
 征竜禁止カードになったため、構築できなくなった。

デッキの弱点

 このデッキのコンセプトは「魔法・罠カード使用不能にする」ことであり、効果モンスターが必然的に弱点となる。
 《ホルスの黒炎竜 LV8》《我が身を盾に》等で守ることが必要となるが、《ダーク・アームド・ドラゴン》《N・グラン・モール》等、天敵となる効果モンスターは非常に多い。
 これら全てから《ホルスの黒炎竜 LV8》を守ることは現実的でないため、崩される前に勝負を決める必要がある。

 《ホルスの黒炎竜 LV8》《王宮のお触れ》が揃っていても問題なく魔法・罠カード発動できるようになり、弱体化効果によって《ホルスの黒炎竜 LV8》戦闘破壊できる《The splendid VENUS》も天敵中の天敵である。
 《異次元の女戦士》除外する、《月の書》裏側守備表示にして《ホルスの黒炎竜 LV8》戦闘破壊する、《禁止令》でプレイさせなくする等の方法で対処したい。

 また、当然のことだが【フルモンスター】相手にはロックが意味をなさないことにも気を付けたい。

デッキの歴史

 第4期、第5期を中心に使用されたデッキ
 かつてアドバンテージを取りやすい効果モンスターが少なかった頃は、大会でも上位に食い込めるデッキだった。
 しかし、カードプールが変化して効果モンスターが主力となり、《ホルスの黒炎竜 LV8》を出すことができても制圧力は期待できなくなってしまった。
 また、罠カードの採用率低下によって、《王宮のお触れ》の効力も薄くなっている。
 「あえて除去対策カードを入れず、スピードアップ・後続特殊召喚の容易化を図る」「《王宮のお触れ》を切り捨て、【カウンタービート】寄りにする」という選択も頭の隅においておきたい。

 【デビル・フランケン】に【お触れホルス】を加えた、【フラホルス】というデッキも存在する。
 ロック1ターンキルの2つの戦術を備えたデッキだった。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告