【ゴーレム】

デッキの概要

 相手フィールド上に特殊召喚される《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《トーチ・ゴーレム》を中心としたコントロールビートダウン
 これらを《所有者の刻印》及び《洗脳解除》コントロール奪取し、高攻撃力モンスターを得ながらビートダウンを行う。

 特に《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》チェーンの作らない除去カードのように扱えるのが強み。
 《シューティング・クェーサー・ドラゴン》《毒蛇神ヴェノミナーガ》等の強力な効果耐性を持つモンスターも難なく除去できる。

 なお、このデッキ《ゴーレム》の登場よりもずっと前から存在するデッキコンセプトであり、名前以外につながりはない。

《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム/Lava Golem》
特殊召喚・効果モンスター
星8/炎属性/悪魔族/攻3000/守2500
このカードは通常召喚できない。
相手フィールドのモンスター2体をリリースした場合に
相手フィールドに特殊召喚できる。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。
(1):自分スタンバイフェイズに発動する。
自分は1000ダメージを受ける。
《トーチ・ゴーレム/Grinder Golem》
効果モンスター
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守 300
このカードは通常召喚できない。
このカードを手札から出す場合、自分フィールド上に「トーチトークン」
(悪魔族・闇属性・星1・攻/守0)を2体攻撃表示で特殊召喚し、
相手フィールド上にこのカードを特殊召喚しなければならない。
このカードを特殊召喚する場合、このターン通常召喚はできない。
《ヴォルカニック・クイーン/Volcanic Queen》
効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2500/守1200
このカードは通常召喚できない。
相手フィールド上のモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールド上に特殊召喚できる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上のカード1枚を墓地へ送る事で、
相手ライフに1000ポイントダメージを与える。
また、自分のエンドフェイズ時にこのカード以外の自分フィールド上の
モンスター1体をリリースするか、自分は1000ポイントダメージを受ける。
このカードを特殊召喚するターン、自分は通常召喚できない。
《サタンクロース/Santa Claws》
効果モンスター
星6/光属性/悪魔族/攻1200/守2500
(1):このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、
手札から相手フィールドに守備表示で特殊召喚できる。
(2):このカードがこのカードの(1)の方法で
特殊召喚に成功したターンのエンドフェイズに発動できる。
この効果を発動したプレイヤーはデッキから1枚ドローする。
《洗脳解除/Remove Brainwashing》
永続罠
このカードがフィールド上に存在する限り、自分と相手の
フィールド上に存在する全てのモンスターのコントロールは、
元々の持ち主に戻る。

デッキ構築に際して

 相手フィールド上に特殊召喚したモンスターコントロール奪取するため、《洗脳解除》《所有者の刻印》必須カードとなる。
 キーカードモンスターはいずれも上級最上級モンスターであり、その特殊な召喚条件から腐る事も多い。
 考えなしに採用するのではなく、他のカードとのコンボを考えながら、種類・枚数を調整したい。

モンスターカードについて

相手フィールド上のモンスターリリースして召喚または特殊召喚できるモンスター

特殊召喚できる効果を持つモンスター
 壊獣《サタンクロース》《ラーの翼神竜−球体形》以外は、特殊召喚したターン通常召喚できないデメリットを持つ。
 また、《ラーの翼神竜−球体形》自身も通常召喚権を消費するため、となるモンスターを出せない。
 特殊召喚効果を持つものを入れ、にするなどの運用を狙いたい。

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスター
 コントロール奪取したモンスタートーチトークンを利用することで相応のものに繋げられる。
 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》デメリット回避にも有効。

魔法・罠カードについて

コントロール奪取コントロール交換カード

《所有者の刻印》《洗脳解除》と相性の良いカード

―それ以外のカード

デッキの種類

【獣族】

 獣族リクルーターで戦線を維持しつつサーチャーを絡めて対応力を強化する構築。
 特にレベル2の獣族は展開手段が豊富であり、《ゼンマイニャンコ》や、他種族だがエクシーズ召喚により利用できる《神騎セイントレア》バウンスが狙いやすい。

 速度に難があるものの、《不幸を告げる黒猫》キーカード《洗脳解除》サーチする事も可能。
 直接的なシナジーはないものの、基本的な動きを阻害する事もないので、メタカードとして《王家の眠る谷−ネクロバレー》を併用するのも手。

《ラーの翼神竜》

 相手モンスター3体をコストリリースできる《ラーの翼神竜−球体形》と関連カードである《ラーの翼神竜》《ラーの翼神竜−不死鳥》を中心とした構築。

 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等に比べて召喚権を使うものの、代わりに除去できるモンスターが多い点と特殊召喚メタにも強い点が優れている。
 この構築ではレベル8よりも《ヴォルカニック・クイーン》《サタンクロース》等のレベルモンスターと相性が良い。
 《ラーの翼神竜−不死鳥》墓地へ送れる《永遠の淑女 ベアトリーチェ》や、墓地《ラーの翼神竜》を装備することで《ラーの翼神竜−不死鳥》に繋げられる《甲虫装機 エクサビートル》等をエクシーズ召喚できるからである。
 また、《ナイトメア・デーモンズ》シナジーがあり、相手フィールド《ラーの翼神竜−球体形》召喚コストを用意する、《ラーの翼神竜》を能動的に墓地へ送って《ラーの翼神竜−不死鳥》特殊召喚する等が可能になる。

ヴォルカニック

 《ブレイズ・キャノン・マガジン》《ヴォルカニック・ロケット》《炎帝近衛兵》《ヴォルカニック・バレット》からなるドローエンジンに、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》を組み込んだ構築。
 ドローエンジンの回し方は【ヴォルカニック・バーン】を参照。

 《炎帝近衛兵》《マジック・プランター》《ブレイズ・キャノン・マガジン》など、速度は遅いながらも優秀なドローソースを数多く積めるのが最大の利点で、他の構築に比べて手札事故が起こりづらい。
 加えて相手モンスターを出してこない場合は【メタビート】寄りのビートダウンに切り替えて戦えることから、コンボデッキとしては高い安定性を誇る。
 デッキモンスター全てを炎属性で統一できるため、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》炎属性サポートを共有できる。
 中でも《ヴォルカニック・クイーン》《ブレイズ・キャノン・マガジン》及び《炎帝近衛兵》コストにもなるので、特殊召喚できなくとも腐ることが少なくなる。

 また《ヴォルカニック・バックショット》を採用することで、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《洗脳解除》手札に来ない場合でも相手モンスター除去バーンができる。
 自分ターン《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》召喚し、相手ターン《ヴォルカニック・バックショット》全体除去、という戦法も悪くないだろう。

 難点として、展開が遅いにもかかわらず防御が手薄になりがちな点が挙げられる。
 1ターンフィールドを制圧してしまうようなデッキは苦手なので、《底なし落とし穴》などで相手の展開を防いでいくようにしたい。

デッキの派生

【トゥーンゴーレム】

 トゥーンモンスターサポートカードとの併用を想定したデッキタイプ。
 《コミックハンド》は奪ったモンスター直接攻撃可能となるため、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《トーチ・ゴーレム》の高い攻撃力を活かしやすい。
 同様に《シャドー・トゥーン》によるバーンダメージ《トゥーン・ロールバック》による2回攻撃付与とも相性が良い。

 発動条件として《トゥーン・キングダム》との併用は不可欠だが《トゥーンのもくじ》《テラ・フォーミング》サーチは容易。
 《コミックハンド》《アームズ・ホール》サーチに対応しており、通常召喚不可のデメリットを共有できる。
 そのため、《所有者の刻印》《洗脳解除》の弱点でもあった手札加える手間を解消しつつ、コントロール奪取の手段を増やせる。

 トゥーン特殊召喚モンスターとも組み合わせやすく、上級最上級トゥーントーチトークンリリースにも利用できる。
 《トゥーン・ブラック・マジシャン・ガール》は即座に戦闘に参加できるため特にお勧めである。
 また、《トゥーン・キングダム》適用下のトゥーンモンスター戦闘耐性などを得られるため場持ちが良くなるのも特徴。
 戦況が整うまでの間、相手フィールド上に《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》を維持させて【ロックバーン】戦術を取ることも可能となる。

このデッキの弱点

 コンボに頼るため、手札事故は付き物。

 《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》等のリリース除去コントロール奪取手札事故防止用のドローソース、防御カードと、安定して回そうとするとどうしても多くのパーツが必要になるため、その他のカードが投入しづらい。
 特に《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》除去できない魔法・罠カード特殊召喚封じモンスターへの対策はおろそかになりがちで、相手からの妨害に非常に弱いという難点を抱えている。

 また《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》《ヴォルカニック・クイーン》自分ターンに無視するには大きすぎるライフ(またはカード)を削る。
 コントロール奪取した後に《くず鉄のかかし》《ネクロ・ガードナー》等で攻撃をとめられ、思いもよらぬダメージを受ける事もある。
 比較的手軽に高攻撃力モンスターを得られるとはいえ、これらの特殊召喚及びコントロール奪取は慎重に行おう。
 ディスアドバンテージは負うが、危険と感じたらシンクロ召喚エクシーズ召喚で処理すると良い。

 特殊召喚を積極的に行うデッキなので、《虚無空間》《フォッシル・ダイナ パキケファロ》などにも非常に弱い。
 特に《ヴェルズ・オピオン》という最大の敵も存在する。
 これには《N・グラン・モール》《時械神メタイオン》で対応したい。

 魔法・罠カードに頼るため《人造人間−サイコ・ショッカー》《ホルスの黒炎竜 LV8》《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》で確実に除去したい。
 《王宮のお触れ》《生贄封じの仮面》のために《サイクロン》も積んでおきたい。

 この他、《溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム》は2体のリリースが必要なことに注意したい。
 1度出した場合、相手モンスターを2体以上展開しない可能性もある。
 その際は壊獣《サタンクロース》《ヴォルカニック・クイーン》に任せよう。

代表的なカード

関連リンク

広告