【チェーンバーン】

デッキの概要

 CYBERDARK IMPACTで登場した《連鎖爆撃》《積み上げる幸福》を中心にした【フルバーン】
 【連鎖バーン】とも言う。

 一般的な【フルバーン】と異なり、チェーンカードを扱うために速攻魔法罠カードの比重が大きい。

《連鎖爆撃/Chain Strike》
速攻魔法(準制限カード)
チェーン2以降に発動できる。
このカードの発動時に積まれているチェーン数
×400ポイントダメージを相手ライフに与える。
同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動されている場合、
このカードは発動できない。
《積み上げる幸福/Accumulated Fortune》
通常罠
チェーン4以降に発動できる。
自分のデッキからカードを2枚ドローする。
同一チェーン上に複数回同名カードの効果が発動されている場合、
このカードは発動できない。

デッキ構築に際して

 《積み上げる幸福》手札を補充しつつ、ライフポイントを削りきる。
 そのために、以下のようなカードを採用する。
 採用するモンスター通常魔法のような扱いでの運用が多いためここでは投入目的別に並べる。

戦術

 発動タイミングを選ばないダメージ系罠・速攻魔法チェーンを積み上げ、最後に《連鎖爆撃》を叩き込むのが基本。
 バーンカードだけでは手札不足に陥るので、《八汰烏の骸》等のドローカードを積極的に絡め、《連鎖爆撃》ダメージ増加&デッキ圧縮へ繋げていく。

 《ゴブリンのやりくり上手》《非常食》が共にフリーチェーンカードなので、【やりくりターボ】ギミックを搭載しても良い。
 スロットに空きがあれば【クライスターボ】を投入しても良いだろう。
 破壊対象に困ることはない上にこちらの戦術を封じるようなカードの対策にもなる。

 なるべく多くチェーンを積み上げたいため、相手の行動を利用する事も考慮する。
 魔法・罠カードの大半がフリーチェーンカードで構成されているため、狙われたとしてもチェーン発動で逆に利用できるのだ。
 効果モンスターでも、《氷帝メビウス》《魔導戦士 ブレイカー》等のチェーンブロックを作る効果を持つカードは、むしろありがたい存在と言える。

 なお、《連鎖爆撃》は「同一チェーン上に複数回同名カード効果発動されている場合、このカード発動できない」と書かれている。
 しかし、《連鎖爆撃》1枚目の段階ではまだ同一チェーン上に《連鎖爆撃》は1つしか存在しない。
 つまり、同一チェーン上に2つの《連鎖爆撃》を積むことができるのである。
 例えばチェーンを3つ積んだところで《連鎖爆撃》《連鎖爆撃》とした場合、2枚の《連鎖爆撃》だけで(1600+2000)=3600ダメージとなる。
 このテクニックは《積み上げる幸福》でも有効なので、ぜひ覚えておきたい。

このデッキの弱点

 この他、各種魔法・罠除去ライフ回復ハンデスも怖い。
 マストカウンターを見極め、対応する手順を間違えないようにしたい。

 また、マッチ2戦目では徹底的にメタカードを張られる可能性が高い。
 こちらも他のデッキにチェンジしたり、それよりも速攻が決められる構築を目指す等、高いプレイングが求められる。

このデッキの歴史

 メタデッキである以上、他のデッキの隆盛によりこのデッキの採用度も左右される。
 【剣闘獣】【BF】等の高速デッキ主流デッキになっていた頃は、苦しい時代が続いていた。

第5期(2006年〜2008年)

 登場以降メタデッキとして活躍していたが、07/03/01にて《連鎖爆撃》制限カードになり大幅に弱体化

第6期(2008年〜2010年)

 08/09/01にて《連鎖爆撃》準制限カード制限緩和

第7期(2010年〜2012年)

 11/03/01にて、チェーンを封じる天敵である《大寒波》禁止カードに指定され、相対的に強化される。

第8期(2012年〜2014年)

 12/09/01にて、天敵の【ゼンマイハンデス】【聖刻リチュア】がキーパーツの制限指定を受け消滅。
 トップデッキ【甲虫装機】【聖刻】共に弱体化したため相対的に強化。

第10期(2017年〜)

 モンスターの連続・大量展開が当然と化した時代の中、世界大会・小学生の部では完全な地雷デッキ扱いを受けながらも優勝を果たす。
 構築は【フルバーン】寄りで《積み上げる幸福》すら挿さず、《仕込みマシンガン》《裁きの天秤》等で相手の展開力を逆手に取り、相手モンスターの受動的なモンスター効果の発動チェーン稼ぎに利する戦術がハマった。
 エキストラデュエルに入り相手側のライフコストに付け込めた要素などもあったものの、現環境の盲点を見事にえぐる快挙となった。

サンプルレシピ

 上3つは遊戯王フロンティアより。

代表的なカード

関連リンク

広告