【ナチュル】

デッキの概要

 コントロール戦術に長けたナチュルを主軸とするデッキ
 その多くが下級モンスターであり、相手の行動に反応する効果を持っているのが特徴である。
 デッキタイプによって核となるナチュルモンスター効果で翻弄しつつ、各々のフィニッシャーで攻めていくのが基本戦術となる。

《ナチュル・クリフ/Naturia Cliff》
効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1500/守1000
このカードがフィールド上から墓地へ送られた時、
デッキからレベル4以下の「ナチュル」と名のついた
モンスター1体を表側攻撃表示で特殊召喚できる。
《ナチュル・マロン/Naturia Marron》
効果モンスター
星3/地属性/植物族/攻1200/守 700
このカードが召喚に成功した時、
自分のデッキから「ナチュル」と名のついたモンスター1体を墓地へ送る事ができる。
また、1ターンに1度、自分の墓地に存在する
「ナチュル」と名のついたモンスター2体を選択してデッキに戻し、
自分のデッキからカードを1枚ドローする事ができる。
《ナチュルの神星樹/Naturia Sacred Tree》
永続罠
「ナチュルの神星樹」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分フィールドの昆虫族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル4以下の植物族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
(2):自分フィールドの植物族・地属性モンスター1体をリリースして発動できる。
デッキからレベル4以下の昆虫族・地属性モンスター1体を特殊召喚する。
(3):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。
デッキから「ナチュルの神星樹」以外の「ナチュル」カード1枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

ナチュルには複数の種族モンスターが存在し、主に植物族昆虫族に大別できる。
しかし、デッキの中核を成す《ナチュル・クリフ》《ナチュル・マロン》はどの型でも採用されやすく、《ナチュルの神星樹》の存在もあり種族統一を意識しなくともデッキは組める。

モンスターカードについて

―どのデッキタイプでも比較的活用しやすいナチュル

植物族ナチュル

昆虫族ナチュル

岩石族ナチュル

ナチュルシンクロモンスター
 いずれも高い拘束力を持つのだが、ナチュル単体での円滑なシンクロ召喚は難しく、他のカードによるサポートはほぼ必須と言える。

融合モンスターナチュル

―その他のカード
 ナチュル相手依存であったりナチュル同士で効果発動条件を満たすカードが殆どなので、それらをサポートできるモンスターは少ない。
 そのため、基本的にはナチュルシンクロモンスターシンクロ素材となる扱いやすい地属性モンスターを中心に採用していきたい。
 無論、《エフェクト・ヴェーラー》等の汎用性の高い効果モンスターならばその限りではない。

魔法・罠カードについて

ナチュルサポートカード

―その他のカード

戦術

 ナチュル相手依存の効果を持つモンスターが多く、序盤から大きな動きを行いにくい。
 《ナチュル・クリフ》《ナチュル・マロン》によるリクルーターを繰り返し利用する継戦能力によって、攻めに転じる条件が揃うまでの時間稼ぎがデュエルの基本となる。
 また、《ナチュルの神星樹》効果で主軸となるナチュルリクルートするためにも、フィールドに維持するモンスター種族は常に意識するべきである。

 強力なナチュルシンクロモンスターや複数のモンスターを並べる事で効果を発揮するナチュルを擁するが、このテーマ自体がそれほど展開力に秀でてる訳ではない。
 そのため、特殊召喚サポート除去から守るカードは充分吟味しつつ多めに採用したい。

デッキの種類

《ナチュル・モスキート》

 他のナチュル戦闘ダメージ相手に与える効果を持つ《ナチュル・モスキート》を主軸にした自爆特攻によるコンボを狙うデッキ
 《ナチュル・モスキート》自体には反射ダメージは適用されないため、自爆特攻と相性の良い《ナチュル・クリフ》《ナチュル・ビーンズ》を採用したい。

《ナチュル・モスキート》サーチリクルート方法
 種族ステータスの関係からサーチリクルートの手段は非常に豊富。
 《ゴキポン》《ダニポン》の他、条件が付くものの《大樹海》《ワンチャン!?》にも対応する幅広いサーチ手段を持つ。
 リクルートに関しても《ナチュル・クリフ》を始めとして《巨大ネズミ》《共鳴虫》からフィールド特殊召喚できる。
 制限カードだが《ワン・フォー・ワン》にも対応しているのでこのカード自体の取り回しには苦労しないと言える。

フィールドナチュルを展開する方法
 《ナチュル・クリフ》は兎も角、特殊召喚効果を持たない《ナチュル・ビーンズ》も同時に並べるのは一手間かかる。
 そのため、戦闘破壊に耐性がなくとも特殊召喚が容易なナチュル優先させるのも一つの手だろう。
 いずれにせよ、手早く2体のナチュルを並べるためにも特殊召喚を多用しなくてはならない。
 以下に例を挙げると、

  1. 相手ターンリクルーターから《ナチュル・モスキート》等をリクルートし、自分ターンでもう1体のナチュル召喚
  2. 《リビングデッドの呼び声》等の墓地蘇生カードの使用。
  3. 手札から《ナチュル・パンプキン》効果《ナチュル・モスキート》特殊召喚する。
  4. 《ナチュル・コスモスビート》《ナチュル・ロック》《ナチュル・チェリー》等の展開が容易なナチュルの併用。
  5. 相手依存となるが《ナチュル・アントジョー》《ナチュル・モスキート》を含むナチュルを並べていく。

 これら以外では、こちらの準備が整うまで《平和の使者》等のロック系のカードで時間を稼ぐのも良いだろう。

《ナチュル・モスキート》と展開したナチュルのサポート

《ナチュル・バンブーシュート》

 強力な抑制効果を持つ《ナチュル・バンブーシュート》を主軸においた物。
 パーミッションデッキの様な動きとなり、モンスター効果戦闘以外で対処されにくい。

《ナチュル・バンブーシュート》サーチ方法
 《ナチュル・バンブーシュート》アドバンス召喚しなければ効果適用されない。
 《ナチュルの神星樹》《強欲で謙虚な壺》で手早く手札に引き込みたい。
 また、《ローンファイア・ブロッサム》からのリクルートが可能であるためバウンス等で間接的にサーチするのも良いだろう。
 《ナチュル・エッグプラント》からのサルベージも有効であるため、《ナチュル・マロン》等で墓地に落としてしまうのも良い。

リリースするナチュルの確保方法
 《ナチュル・バンブーシュート》ナチュルリリースしなければ効果適用されない。
 よってリリースするナチュルの確保も重要となってくる。

  1. あらゆる破壊に対応するリクルーター《ナチュル・クリフ》
  2. 自身の効果特殊召喚できる《ナチュル・コスモスビート》《ナチュル・ロック》
  3. 破壊耐性を持つ《ナチュル・ドラゴンフライ》《ナチュル・ビーンズ》
  4. 戦闘回避が行える《ナチュル・バタフライ》《ナチュル・スティンクバグ》

《ナチュル・バンブーシュート》の補助
 《ナチュル・バンブーシュート》召喚に成功したとしても完全にロックできている訳ではないので補助が必要となってくる。

《ナチュル・フライトフライ》

 《ナチュル・フライトフライ》を展開して相手モンスター弱体化を狙い、ビートダウンコントロール奪取に繋いでアドバンテージを得ていくデッキ
 《地獄の暴走召喚》で3体展開した場合は実に2700もの数値をダウンさせることができるので、可能な限り特殊召喚手段と共に採用しておきたい。
 なお、《強者の苦痛》で更に弱体化を狙う方法もあるが、エクシーズモンスターの隆盛もあり過度な期待はできないだろう。

キーカードサーチ
 《ナチュル・フライトフライ》自体は手札に加える意義はそれ程無く、デッキからのリクルート墓地からの蘇生で充分機能する。
 サーチしにくい《地獄の暴走召喚》や各種蘇生カード《強欲で謙虚な壺》《封印の黄金櫃》を使って引き込む必要があるだろう。
 後者は《巌征竜−レドックス》ならば2ターンを待たずに手札に加えられるため蘇生の準備を整えやすい。
 《地獄の暴走召喚》《速攻魔力増幅器》等でサーチできるが相手依存なので使いにくい。

《ナチュル・フライトフライ》特殊召喚方法
 低ステータスも手伝ってこのカード特殊召喚手段は豊富に存在する。
 《ナチュル・マロン》で容易にデッキから墓地へ送れるのでこのカード蘇生させるのもそれ程難しくない。

  1. 手札《ナチュル・パンプキン》《切り込み隊長》
  2. デッキ《ナチュル・クリフ》《ナチュル・アントジョー》《孵化》
  3. 墓地《リビングデッドの呼び声》《巌征竜−レドックス》《クレーンクレーン》

 《ナチュル・クリフ》《地獄の暴走召喚》発動条件から効果による破壊リクルートする必要がある。
 しかし、《激流葬》等で一掃してしまうと発動が不可能となるため、単体除去を狙う必要があり《地獄の暴走召喚》トリガーとするにはやや手間がかかる。
 《クレーンクレーン》効果を無効にしてしまうがランク3のエクシーズ素材としても扱えるので蘇生後も無駄になりにくい。

―展開後のサポート
 相手ステータスをダウンさせるとは言え、このカード自体のステータスも低いので、展開した後も相手ライフを削りきれない事が多い。
 コントロール奪取したモンスター戦闘に参加させるだけでなく、そのままシンクロ素材エクシーズ素材にしてエンドフェイズに戻すのを回避したい。
 都合良くチューナーや同じレベルモンスターを奪えるとは限らないが、戻した後もステータスを下げる効果は継続するので戦闘で反撃される確率は少ないだろう。
 ただし、効果除去による脅威には晒されるのでいっその事《発条機雷ゼンマイン》等で防御を固めるのも良いかもしれない。
 また、《ナチュル・フライトフライ》レベルこそ合わないが、《No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ》を同時に並べることで、《ナチュル・フライトフライ》フィールドに大量展開できない場合でも、相手の行動をかなり牽制することができる。

エクシーズモンスターを奪った場合の処理
 ランク3以下には《ダウナード・マジシャン》ランク5と6ならば《迅雷の騎士ガイアドラグーン》で対処できるので是非採用しておきたい。
 また、採用率の高いランク4は《RUM−リミテッド・バリアンズ・フォース》ランク5にすれば良いだろう。
 ただし、エクストラデッキを圧迫する点には注意が必要である。

このデッキの弱点

 モンスター効果による特殊召喚シンクロ召喚を軸とするため、《大天使クリスティア》等の特殊召喚封じや《スキルドレイン》に弱い。
 また、純正の【ナチュル】の場合《A・O・J カタストル》の対処法が《ナチュル・フライトフライ》によるコントロール奪取《ナチュル・サンフラワー》《ナチュル・ランドオルス》《ランドオルスのヒカリゴケ》に限られてくる。
 《マシュマロン》などの戦闘破壊耐性を持つモンスターには《ナチュル・フライトフライ》で一時的に除去するか、《ナチュル・モスキート》効果戦闘ダメージを稼ぐぐらいしか対処できない。

歴史

2010年3月1日

 DUELIST REVOLUTIONで強力なロック効果を持つ《ナチュル・バンブーシュート》が登場した。
 このカードを投入したデッキ選考会で使用された。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告