【メガリス】

デッキの概要

 地属性岩石族儀式モンスターであるメガリスを中心とした【儀式召喚】デッキ
 カテゴリ内に儀式魔法を持たず、儀式モンスターだけで儀式召喚できるという一風変わった動きが特徴。
 レベル4のメガリスポータルとして様々な儀式モンスターを呼び出しながら戦う。

《メガリス・オフィエル/Megalith Ophiel》
儀式・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1600/守2500
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから「メガリス・オフィエル」以外の「メガリス」モンスター1体を手札に加える。
(2):自分メインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。
《メガリス・オク/Megalith Och》
儀式・効果モンスター
星4/地属性/岩石族/攻1000/守2700
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが儀式召喚に成功した場合に発動できる。
自分はデッキから1枚ドローする。
その後、手札を1枚選んで捨てる。
(2):自分・相手のメインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。
《メガリス・アラトロン/Megalith Aratron》
儀式・効果モンスター
星8/地属性/岩石族/攻2000/守3000
「メガリス」カードにより降臨。
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分・相手のメインフェイズに、このカードを手札から捨てて発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。
(2):自分フィールドのカードを対象とする相手の効果が発動した時に発動できる。
自分の墓地から儀式モンスター1体を選んでデッキの一番下に戻し、
その発動を無効にし破壊する。

デッキ構築に際して

 メガリス儀式モンスターにはレベル4とレベル8の2種類が存在し、それぞれ儀式召喚を行える共通効果を持っている。

 レベルメガリスは自身を手札から捨てて発動し、他のモンスターリリースして儀式召喚を行う。
 なお、《メガリス・アラトロン》のみ相手メインフェイズにも発動できる。

(1):(特定のメインフェイズに、)このカードを手札から捨てて発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から「メガリス」儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 要するに手札ではメガリス専用儀式魔法としても使える儀式モンスターと考えると良い。
 カテゴリ外の儀式魔法を使用しない場合は、まずは初動としてこちらのカードが必要になる。

 レベルメガリスフィールド発動し、自身を含んでモンスターリリースして儀式召喚を行う。
 なお、《メガリス・オク》のみ相手メインフェイズにも発動できる。

(2):(特定の)メインフェイズに発動できる。
レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
フィールドのこのカードを含む自分の手札・フィールドのモンスターをリリースし、
手札から儀式モンスター1体を儀式召喚する。

 こちらはフィールド発動できる効果である。
 レベルメガリスでこちらを儀式召喚し、こちらの効果で別の儀式モンスター儀式召喚する、という流れが主となる。
 儀式召喚先はメガリス以外でもいいので様々な儀式モンスター出張できるのが魅力。
 ただし、必ずレベルメガリス自身をリリースに含む必要がある点には注意が必要。
 儀式召喚のルールとして余分なリリースができないので、例えばレベル8を儀式召喚したい場合、レベルメガリスレベル4〜7は可能だが、レベルメガリスレベル8は不可能である。

メインデッキモンスターについて

メガリスモンスター

―その他の儀式モンスター
 レベルメガリス儀式召喚先に縛りがないので、下記の他にも様々な儀式モンスターを組み合わせられる。

儀式召喚をサポートするモンスター

―その他のモンスター

エクストラデッキモンスターについて

 通常の【儀式召喚】と同様に積極的にエクストラデッキを活用するデッキというわけではない。
 構築によっては《強欲で金満な壺》コストに使ってしまうことも考えられる。

 ただ、メガリスカードは防御重視のものが多いので、エクストラデッキは攻めの選択肢の1つとして考えておいて損はない。
 リンクモンスターランク4・8のエクシーズモンスターの中から汎用的なカードを採用しておくと役立ってくれるだろう。
 特にエクシーズモンスターの場合、エクシーズ素材にすることで《メガリス・エマージョン》デッキバウンスデメリットを防げる点で相性が良い。

 ランク4では岩石族サーチできる《御影志士》が主な候補だろう。
 リンクモンスターでは儀式モンスターがいれば手札交換できる《クロシープ》や、儀式モンスターリンク素材に必要とする《焔凰神−ネフティス》も使用できる。

 また、メガリス地属性なので地属性チューナーとでナチュルシンクロモンスターシンクロ召喚が狙える。
 レベル1の《ブンボーグ001》《ライティ・ドライバー》ならレベルメガリスとで《ナチュル・ビースト》を出せる。
 それぞれ《ブンボーグ003》《ブンボーグ001》《ライティ・ドライバー》《レフティ・ドライバー》のセットで《虹光の宣告者》シンクロ召喚できるので儀式召喚とも組み合わせやすい。

魔法・罠カードについて

メガリスカード

儀式魔法
 儀式召喚をサポートするカードには儀式モンスター儀式魔法両方を指定するカードも多いので、カテゴリ外から儀式魔法を採用することも考えられる。

儀式召喚をサポートするカード

―その他のカード

戦術

 まずはレベルメガリス効果レベルメガリス儀式召喚し、サーチ手札交換手札の質を高める。
 《メガリス・ポータル》や各メガリスの高い守備力相手攻撃を凌ぎつつ、レベルメガリス効果で状況に応じた儀式モンスター儀式召喚し、アドバンテージを奪っていく。
 最終的には、相手が疲弊したところを《メガリス・ファレグ》全体強化で一気に攻め込んでいく。
 一部メガリス相手ターン儀式召喚効果発動できるので、上手く利用すれば相手の計算を狂わせることができる。

 ただ、儀式モンスターのみで儀式召喚できるとはいえ、レベルメガリスを使用する場合は通常の儀式召喚と消費が変わらない。
 継続した儀式召喚を狙う場合は、ドローサーチサルベージ手札を補充できる体制を整えたい。

 また、レベルメガリスの存在から、墓地儀式モンスターの数や蘇生制限は把握しておく必要がある。
 サルベージ《メガリス・エマージョン》《メガリス・アラトロン》デッキバウンス墓地が尽きレベルメガリスの固有効果が使えない、などということは避けたい。
 《魔神儀−カリスライム》《古聖戴サウラヴィス》墓地儀式モンスターの枚数を稼ぐなどの工夫もしておきたい。

展開例

 墓地儀式モンスターを絶やさない手順としては以下のようなものがある。
 必要枚数は多いが、メガリス魔法・罠カード《メガリス・ハギト》サーチできるので難易度は高くない。

条件:フィールド《メガリス・ポータル》《メガリス・エマージョン》墓地《メガリス・オフィエル》とそれ以外のレベルメガリス

  1. 《メガリス・エマージョン》効果《メガリス・オフィエル》以外のレベルメガリス蘇生
  2. 《メガリス・ポータル》効果《メガリス・オフィエル》サルベージ
  3. レベルメガリス効果《メガリス・オフィエル》儀式召喚レベルメガリスデッキの一番下に戻る)。
  4. 《メガリス・オフィエル》の(1)の効果レベルメガリスサーチし、(2)の効果でそれを儀式召喚
  5. レベルメガリスで何らかの儀式モンスター儀式召喚、再び1.の条件が整う。

 なお、最後にレベルメガリス墓地へ送ることができればいいので、儀式召喚以外のレベル4素材として使用してもよい。

デッキの派生

【ジェムナイトメガリス】

 岩石族の多いジェムナイトと組み合わせたデッキ
 《ブリリアント・フュージョン》《ジェムナイト・ジルコニア》融合召喚でき、レベル8分のリリースを用意し墓地岩石族を送ることができる。
 《メガリス・ポータル》等によるサルベージで間接的なサーチにしたり、《ブロックドラゴン》墓地へ送って自己再生させてもよい。
 通常モンスタージェムナイト《高等儀式術》で利用でき、《ジェムナイト・ファントムルーツ》を使用すればデッキに回収することもできる。

【天使メガリス】

 天使族である【サイバー・エンジェル】【神光の宣告者】【時械神】などの混合デッキ
 儀式モンスターレベルがばらけているサイバー・エンジェル宣告者エクシーズ素材には使えないものの手札事故のリスクを減らせる。
 メガリス通常召喚できないため時械神召喚権を確保しやすい。

【推理ゲート】

 メガリス儀式モンスターゆえに通常召喚できないことを利用したデッキ
 通常召喚できるモンスター魔神儀等に絞り《名推理》《モンスターゲート》で大量の墓地肥やしを行うことで、《メガリス・ベトール》《メガリス・ファレグ》効果を最大限に発揮する。
 相性の良い《ブロックドラゴン》特殊召喚モンスターなので墓地肥やしを阻害せず、自己再生もさせやすい。
 《名推理》《モンスターゲート》デッキからの特殊召喚なので、魔神儀の持つサーチサルベージ効果トリガーにもなる。
 自己サルベージできる《魔神儀の祝誕》とも相性が良い。
 特殊召喚モンスターで固めた【推理ゲート】ということで【インフェルノイド】に近い強み弱みを持つ。
 こちらはレベル8に有力なモンスターが固まっていることが特徴で、《トレード・イン》ランク8などが積極的に活用できる。

【ほぼモン】

 メガリスが実質的に儀式魔法内蔵していることを利用したデッキ
 採用する魔法カード《雪花の光》のみにすることができる。

《隣の芝刈り》採用型

 《隣の芝刈り》ギミックにより墓地肥やしを行うデッキ
 【メガリス】自体が混合デッキになりやすいため【60枚リンクユニオン】同様に【60枚メガリス】とも呼ばれる。
 墓地肥やしが特徴なために上記の【推理ゲート】と統合し【芝刈り推理ゲートメガリス】に尖らせることも可能。

このデッキの弱点

 特殊召喚封じやリリース封じに弱い点は通常の【儀式召喚】と共通するが、魔法カードメタに対しては強い。
 その代わりモンスター効果儀式召喚するのでモンスター効果メタに弱い。
 儀式魔法と異なり、レベルメガリス捨てたところを《墓穴の指名者》に狙われ儀式召喚できないということも起こりうる。

 テーマ外の儀式モンスター儀式召喚するためのレベルメガリスを狙い撃ちされると何も出来なくなる点は致命的。

 このデッキ儀式召喚ディスアドバンテージの回復を《メガリス・ポータル》サルベージ《メガリス・エマージョン》蘇生で補うことが多く、墓地除外も苦手。

 また、カテゴリ内だけで戦おうとすると、攻める手段に欠けるのも難点。
 戦闘《メガリス・ファレグ》に頼りがちになり、《スキルドレイン》等で強化を封じられると攻撃手段がなくなってしまう。
 効果での除去対象をとる破壊《メガリス・ベトール》のみであり、対策されやすく耐性持ちに弱い。

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告