【ローレベル】

デッキの概要

 採用するモンスターカードレベル3以下のものに絞ったデッキ
 この項では主に《魔の試着部屋》を基点としたデッキタイプを紹介する。

 主となるモンスターレベルにより、デッキカラーが変わってくるのも特徴のひとつ。
 他のデッキでは見向きもされないような通常モンスターを素材として活用、展開によってはフィニッシャーにさえできるのも特徴だろう。

《魔の試着部屋/Enchanting Fitting Room》
通常魔法
800ライフポイントを払う。自分のデッキの上からカードを4枚めくり、
その中のレベル3以下の通常モンスターを全てフィールド上に特殊召喚する。
それ以外のカードはデッキに戻しシャッフルする。
《悪魔への貢物/Faustian Bargain》
通常魔法
フィールド上の特殊召喚されたモンスター1体を選択して墓地へ送り、
手札からレベル4以下の通常モンスター1体を特殊召喚する。
《窮鼠の進撃/Attack of the Cornered Rat》
永続罠
自分フィールド上に存在するレベル3以下の
通常モンスターが戦闘を行う場合、
そのダメージステップ時に100の倍数の
ライフポイントを払って発動する事ができる。
このターンのエンドフェイズ時まで、
戦闘を行う相手モンスター1体の攻撃力は払った数値分ダウンする。

デッキ構築に際して

 攻撃力の水準では【通常モンスター】に劣るが、その分《魔の試着部屋》による展開力を特色とする。
 基本的にはレベル3以下の通常モンスターから、ステータスを重視し、種族を考慮して選択する。
 魔法・罠カードでの補助は除去の目も向きやすいため通常モンスター以外の戦力も用意するべきである。

 特に重要なのがシンクロモンスターで、どの種族を使うかにより強力シンクロモンスターを呼び出せるためモンスターの選定に大きく関わってくる。
 また、エクシーズモンスターリンクモンスターチューナー・非チューナーを問わずロックの影響も受けないので必ず用意したい。

 なお、採用するモンスターはどの属性種族サポートを使用するかなどによって大幅に異なるため、記載するモンスターステータスや多くのタイプに採用できる素材としての扱いやすさなど、絞って紹介する。

メインデッキモンスターについて

レベル3の通常モンスター

レベル2以下の通常モンスター
 《魔の試着部屋》以外では《トライワイトゾーン》での大量展開が可能という利点がある。
 ただしレベル3を中心に構築する場合、混在させると特にエクシーズ召喚が難しくなる。

通常モンスター以外のモンスター
 上記のカードをサポートするが、《魔の試着部屋》の爆発力が低下することは忘れてはいけない。

エクストラデッキについて

融合モンスター

リンクモンスター

魔法・罠カードについて

レベル3以下の通常モンスターサポートカード

レベル2以下の通常モンスターサポートカード

通常モンスターサポートカード

―その他の魔法・罠カード

デッキの種類

レベル通常モンスター

 レベルモンスターには上記のもの以外に、サポートカードが豊富なおジャマが存在する。
 レベル3以上のモンスターでは使用できないサポートカードも多数存在するため、より戦術が広がるだろう。
 《人海戦術》《同姓同名同盟》《トライワイトゾーン》で大量展開し、モンスター攻撃力《サウザンドエナジー》等で強化すれば打点も上がる。
 あるいは大量展開のしやすさから《団結の力》を採用し《ダイガスタ・フェニクス》による1ターンキルを狙っても良い。
 さらに《玉砕指令》《弱肉一色》相手カードを一掃できれば、こちらのものである。

 また《デジトロン》を除くレベル2以下の通常モンスターには、《平和の使者》にかかるものがいない。
 このため、より強固なロックを狙える。

《ゾンビキャリア》《ボルト・ヘッジホッグ》

 自己再生可能な《ゾンビキャリア》《ボルト・ヘッジホッグ》を中心に繰り返しランク2のエクシーズモンスターを展開していくタイプ。
 自己再生後にフィールドを離れた場合に除外されるデメリットを打ち消せるため、《ゾンビキャリア》手札コストが続く限りエクシーズ召喚できる。

 いずれもデッキから直接墓地へ送るカードに広く対応している。
 《マスマティシャン》を筆頭に《ゾンビキャリア》《ユニゾンビ》《終末の騎士》《ボルト・ヘッジホッグ》《スクラップ・リサイクラー》が存在する。
 また、自己再生はできないが手札1枚で展開できる《深海のディーヴァ》も優秀。
 《モノマネンド》特殊召喚を多用するため《地獄の暴走召喚》も好相性。

 エクシーズ召喚の筆頭は《ゴーストリック・サキュバス》であり、そこから《ゴーストリックの駄天使》に繋げることが可能。
 更に《ゴーストリックの駄天使》ゴーストリック魔法・罠カードサーチでき、ネックとなっている《ゾンビキャリア》手札コストを賄える。
 これにより《ゾンビキャリア》自己再生《ゴーストリックの駄天使》までエクシーズ召喚デッキトップに置いたゴーストリック魔法・罠カードサーチする、といった動きが可能となる。
 ゴーストリックエクシーズモンスターが尽きるまで連続で自己再生エクシーズ召喚が狙えるため、併せての採用が望ましい。

 ただし、《ゴーストリック・サキュバス》除去効果は単体では除去範囲の狭さから使用できない場合も多い。
 墓地《ゾンビキャリア》《ボルト・ヘッジホッグ》が1体ずつしか用意できない場合、そこで動きが止まってしまう。
 展開の始動としては最低でも《ゾンビキャリア》1体、《ボルト・ヘッジホッグ》2体からが望ましいが、不可能な場合は能動的にエクシーズ素材を取り除けるカードも採用したい。
 特に《エクシーズ・ギフト》《エクシーズエナジー》等は《ジェネレーション・フォース》サーチでき、手札に確保しやすい。

 それ以外にもランク2には多様なエクシーズモンスターが揃っており、大量展開することで1ターンキルを狙うことも難しくない。
 2回攻撃可能な《ダイガスタ・フェニクス》攻撃力を倍にできる《キャット・シャーク》はその筆頭といえる。
 バウンス効果戦闘耐性を持つ《神騎セイントレア》モンスター《ガチガチガンテツ》等、堅実に立ち回れるモンスターも優秀。

 その他の勝ち筋としては連続でエクシーズ召喚が狙えることに着目した《ギャラクシー・ウェーブ》によるバーン軸も構築できる。
 効果は重複するため、2枚以上発動できれば数回のエクシーズ召喚相手ライフポイントを0にできる。
 また、エクシーズ召喚先をかさ増しする目的で《FNo.0 未来皇ホープ》《ダウナード・マジシャン》を採用しておきたい。

ローレベル魔法使い族

 レベル3以下の魔法使い族通常モンスターを大量展開し、通常モンスターチューナーと共にシンクロ召喚を狙う軸。
 魔法使い族なら《ワンダー・ワンド》コストにできるため、手札補充が容易という利点がある。
 闇属性も多いため、闇属性サポートも無理なく入る。
 また、《封印されしエクゾディア》以外の封印されし通常モンスターサポートに対応するため、大量展開した後に《闇の量産工場》サルベージすることにより特殊勝利も狙えるという特異な構築が可能。

ペンデュラムモンスター

 《ダーク・ドリアード》《魔の試着部屋》コンボを基点にペンデュラム召喚のギミックも取り入れたタイプ。
 ペンデュラムモンスターはスケール2の《召喚師ライズベルト》とスケール7の《イグナイト・マグナム》《ドラコニアの海竜騎兵》
 これらの3属性に加え地属性チューナー《チューン・ウォリアー》を採用し、シンクロ召喚を絡めた展開を行っていく。
 以下が基本の動きとなる。

  1. 《ダーク・ドリアード》効果で任意の順番でデッキトップを操作。
  2. 《魔の試着部屋》で4体を展開。
  3. 《チューン・ウォリアー》《ドラコニアの海竜騎兵》《氷結界の虎王ドゥローレン》シンクロ召喚
  4. 効果《ダーク・ドリアード》《召喚師ライズベルト》《イグナイト・マグナム》バウンスペンデュラム召喚の準備を整える。

 ここから再度《ダーク・ドリアード》ペンデュラム召喚することでデッキトップの操作だけでなく、《氷結界の虎王ドゥローレン》とで《涅槃の超魔導剣士》シンクロ召喚できるようになる。
 これにより《涅槃の超魔導剣士》の(1)の効果で、墓地《魔の試着部屋》サルベージでき、そのまま2度目の発動と大量展開が可能となる。

 《魔の試着部屋》だけでなくペンデュラム召喚からの展開もできるため展開手段の多さが強みとなる。
 一方で4属性の投入枚数にもよるが以降の《魔の試着部屋》が腐りやすく、ペンデュラムゾーンカード除去されると息切れも起きやすい。
 都合手札2枚からの展開が可能であり、これらの妨害に回せる余力は残しやすいため、《スターライト・ロード》カウンター罠も用意しておくと良い。

デッキの派生

【おジャマ】

 おジャマと名の付いたレベルモンスターを主軸としたデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【金華猫】

 《金華猫》を主軸にレベルモンスターを採用したデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【獣族】

 《レスキューキャット》《魔獣の懐柔》を筆頭に《子狸ぽんぽこ》《子狸たんたん》といったカードレベル2以下の獣族を展開していく。
 詳しくは当該ページを参照。

【湿地草原】

 《湿地草原》強化できるレベル2・水属性水族モンスターを主軸としたロックビートダウンを両立させたデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【ジャンク・ウォリアー】

 レベル2以下のモンスターを大量展開し、シンクロ召喚した《ジャンク・ウォリアー》強化効果を最大限活かすビートダウンデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【スライム増殖炉】

 《スライム増殖炉》から生成されるスライムモンスタートークン《下克上の首飾り》《湿地草原》で強化し、爆発的な攻撃力を得るデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【大革命】

 脅威のリセットカード《大革命》発動を狙うタイプ。
 詳しくは当該ページを参照。

【ダストン】

 ダストンモンスターによる大量展開とロックを中心に多様な戦術を得意としたデッキ
 詳しくは当該ページを参照。

【魔人】

 レベルモンスターを主軸に魔人と名の付くエクシーズモンスターエクシーズ召喚して戦う。
 詳しくは当該ページを参照。

【マリスボラス】

 マリスボラスを中心にレベルモンスターエクシーズ召喚等に繋げて戦う。
 詳しくは当該ページを参照。

【もけもけ】

 サポートの豊富な《もけもけ》を主軸に据えたタイプ。
 詳しくは当該ページを参照。

【ワイト】

 墓地《ワイト》を送り《ワイトキング》攻撃力を上げビートダウンを行う。
 詳しくは当該ページを参照。

このデッキの弱点

 ステータスの低い通常モンスターが軸となるため、魔法・罠カード特殊召喚を封殺されるとほとんど何も出来なくなる。
 フリーチェーンの防御用罠カード《魔宮の賄賂》等のカウンター罠は是非とも採用したい。
 現環境は各種効果モンスターキーカードであるため、《スキルドレイン》を採用することでもデュエルを有利に進められる。
 ただしいずれもデッキを圧迫する可能性があるため、採用枚数には気を付けたい。

 また、構造上《憑依するブラッド・ソウル》《ふるい落とし》には滅法弱いが、【甲虫装機】が流行っていなければまず遭遇しないだろう。

 デュエル上の弱点とは関係ないが、デッキを組む際の難点として太古に絶版となった通常モンスターが多いため、自分の組みたい軸に必要なモンスターが手に入らないという問題もある。
 場合によっては、手に入った下位互換カードで代用する事が必要になってくるかもしれない。

代表的なカード

関連リンク

広告