儀式召喚(ぎしきしょうかん)

デッキの概要

 儀式モンスターを主軸としたデッキ
 儀式召喚は他の特殊召喚方法と比較して手札消費が激しいため、儀式魔人《マンジュ・ゴッド》等のサポートカードを駆使し、ディスアドバンテージをいかに軽減するか、取り戻すかが重要になる。

《マンジュ・ゴッド/Manju of the Ten Thousand Hands》
効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1400/守1000
(1):このカードが召喚・反転召喚に成功した時に発動できる。
デッキから儀式モンスター1体または
儀式魔法カード1枚を手札に加える。
《儀式魔人リリーサー/Djinn Releaser of Rituals》
効果モンスター
星3/闇属性/悪魔族/攻1200/守2000
(1):儀式召喚を行う場合、その儀式召喚に必要なレベル分のモンスター1体として、
墓地のこのカードを除外できる。
(2):このカードを使用して儀式召喚したプレイヤーから見て相手は、
儀式召喚したそのモンスターがモンスターゾーンに表側表示で存在する限り、
モンスターを特殊召喚できない。
《儀式の準備/Preparation of Rites》
通常魔法
(1):デッキからレベル7以下の儀式モンスター1体を手札に加える。
その後、自分の墓地の儀式魔法カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
《儀式の下準備/Pre-Preparation of Rites》
通常魔法
「儀式の下準備」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):デッキから儀式魔法カード1枚を選び、
さらにその儀式魔法カードにカード名が記された
儀式モンスター1体を自分のデッキ・墓地から選ぶ。
そのカード2枚を手札に加える。

デッキ構築に際して

 属性カテゴリを指定するため、採用できるデッキが限られるカードについては、デッキの種類デッキの派生で説明する。
 また、多くの儀式モンスター手札事故および効率性の観点から、複数種を共存させるより1種に絞った専用の構築で運用される事が多い。
 そういったものに関しては、各儀式モンスターのページを参照。
 ここでは、【儀式召喚】全般で扱いやすいカードについて解説する。

モンスターカードについて

魔法・罠カードについて

デッキの種類

 儀式召喚サポートカードには属性カテゴリを指定したものも多い。
 そのため、軸とするカードによって構築が全く異なる事もある。
 以下では各テーマ毎に、相性の良いカードを紹介する。

闇属性

 他の属性に比べ、サポートカードの多い闇属性を中心にしたデッキ
 儀式召喚に限っても、《奈落との契約》《儀式の供物》サポートカードとして存在する。
 レベル8・儀式モンスターには悪魔族も多いため、《魔界発現世行きデスガイド》《魔犬オクトロス》リクルートすればサーチができる。
 候補となる儀式モンスターは以下の通り。

 《奈落との契約》レベルを丁度にあわせる必要があるため、レベルが分散すると使い分けが難しくなる。
 《終末の騎士》儀式魔人の組み合わせや、《ガガガマジシャン》《トラゴエディア》レベル変更効果を活用すると良い。
 なおレベル7とレベル1のモンスターを利用すれば、ディスアドバンテージこそ負いやすいものの上記の全てが儀式召喚を狙える。
 前者は《冥府の使者ゴーズ》《ダーク・アームド・ドラゴン》、後者は《儀式魔人ディザーズ》《ヘル・セキュリティ》《エフェクト・ヴェーラー》などを用いると良いだろう。
 儀式魔人効果よりも、除去攻撃力の高さが売りなので、《金華猫》から《儀式の供物》を使いまわしを狙うのも面白い。

地属性

 属する儀式モンスターも多く、《大地讃頌》サポートカードとして持つが、強力な儀式モンスターが少ないのが難点となる。
 通常モンスターとの併用が前提となっているので、基本的には【高等儀式術】の形となる。

デッキの派生

【カオス・ソルジャー】

 カオス・ソルジャーを軸にした、ビートダウンデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【高等儀式術】

 従来の儀式魔法に比べ、手札消費が格段に減った《高等儀式術》を軸としたデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【サイバー・エンジェル】

 《機械天使の儀式》儀式召喚されるサイバー・エンジェルを軸にしたビートダウンデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【サクリファイス】

 《サクリファイス》を軸とした、コントロールデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【占術姫】

 《聖占術姫タロットレイ》リバースモンスターを軸とした、コントロール寄りのビートダウンデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【デミスゾーク】

 《闇の支配者−ゾーク》《終焉の王デミス》を軸とした、モンスター除去主体のビートダウン
 詳しくは該当ページを参照。

【神光の宣告者】

 儀式モンスター《神光の宣告者》を軸とした、パーミッションデッキ
 【宣告者パーミッション】に、【儀式召喚】の要素を加えたものである。
 詳しくは該当ページを参照。

【リチュア】

 儀式召喚カテゴリであるリチュアを主軸とするデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【影霊衣】

 儀式召喚カテゴリである影霊衣を主軸とするデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

【霊魂】

 スピリット儀式モンスター《霊魂鳥神−姫孔雀》《霊魂鳥神−彦孔雀》を主軸とするデッキ
 詳しくは該当ページを参照。

このデッキの弱点

 儀式召喚を主軸とする性質上、特殊召喚封じに弱い。
 また、儀式召喚にはリリース行為が行われるので、《霧の王》等でそれを封じられるのにも弱い。
 儀式召喚自体に時間がかかることから、展開速度に優れたデッキには注意が必要である。

このデッキの歴史

最初期〜06/11/16

 当初は儀式召喚自体にディスアドバンテージが生じる事から、《マンジュ・ゴッド》等のサポートカードで辛うじて体裁を保つ状態であった。
 《闇の支配者−ゾーク》《終焉の王デミス》といった強力な儀式モンスターが登場しても、活躍の場は少なかったのである。

06/11/1608/03/01

 従来の儀式魔法と比べ、儀式召喚時の手札消費を少なくできる《高等儀式術》が登場した。
 これを軸とした【高等儀式術】が考案され、【デミスドーザー】等が環境でも結果を残した。
 【儀式召喚】が日の目を浴びた最初の時といえる。

09/07/1810/02/20

 《儀式の準備》儀式魔人《神光の宣告者》等、優秀なサポートカード儀式モンスターが多数登場した。
 また、同時期には初の儀式召喚カテゴリであるリチュアが登場している。

13/03/0113/09/01

 制限カードとなっていた《高等儀式術》制限解除され、【高等儀式術】がかつての力を取り戻した。

14/10/1115/04/01

 儀式召喚カテゴリ影霊衣が登場し、環境を席巻。
 その結果、15/01/01制限改訂《マンジュ・ゴッド》《センジュ・ゴッド》《儀式の準備》が揃って制限カードとなる。
 これにより、専用サポートを持つ【影霊衣】【リチュア】以外の【儀式召喚】は安定性を大きく下げる事になった。
 このことへの対処として、シンクロ召喚のギミックを取り入れる等して《虹光の宣告者》を活用する構築が増加した。

15/04/01

 【影霊衣】本体への規制により《マンジュ・ゴッド》《センジュ・ゴッド》が共に制限解除され、安定性が多少改善した。
 その後強力なサポートカード《儀式の下準備》が登場したことで、一部のデッキを除けばかつてよりも安定した動きができるようになった。

17/07/0117/10/01

 《儀式の準備》準制限カードを経て遂に制限解除され、多くの【儀式召喚】が漸くフルパワーで戦える様になった。

代表的なカード

関連リンク

広告