死皇帝(しこうてい)陵墓(りょうぼ)

デッキの概要

 ライフコストと引き換えに、リリースのない上級モンスター通常召喚を可能とするフィールド魔法《死皇帝の陵墓》を軸としたデッキ
 上級モンスターを次々特殊召喚する【推理ゲート】と異なり、特殊召喚できないモンスターも着実に召喚できるのが利点である。

 ストラクチャーデッキ−巨竜の復活−もこの【死皇帝の陵墓】である。

《死皇帝の陵墓/Mausoleum of the Emperor》
フィールド魔法
(1):お互いのプレイヤーは、自分メインフェイズに
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●1000LPを払って発動できる。
1体のリリースを必要とする手札のモンスター1体の通常召喚を、
リリースなしで行う。
●2000LPを払って発動できる。
2体のリリースを必要とする手札のモンスター1体の通常召喚を、
リリースなしで行う。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 《死皇帝の陵墓》を最大限に活かすため、最上級モンスターを中心に採用する。
 攻撃力は一定の数値が約束されているので、モンスター効果を優先して選別したい。

最上級モンスター

上級モンスター

下級モンスター

魔法・罠カードについて

戦術

 始めは最上級モンスターをむやみに召喚しない方がよい。
 相手手札フィールドに対策カードが多くある可能性が高いからである。

 また、大きなダメージがあると《死皇帝の陵墓》が使いにくくなるので、極力フィールドモンスターを置いておくこと。
 アドバンス召喚可能なモンスターがいても、できるだけ《死皇帝の陵墓》を使った方がいい。

デッキの種類

【メタビート】

 何らかのカード・行動を無効にする上級モンスターが多い点に注目し、それらを《死皇帝の陵墓》で展開し、フィールドを制圧する。
 《死皇帝の陵墓》への依存度はより高まるため、《テラ・フォーミング》《闇の誘惑》デッキ回転率も上げる。

 採用するモンスターは、ライフコスト1000で手軽に召喚できるものを中心に採用する。

デッキの派生

【地縛神】

 強力な効果を持つ最上級モンスター地縛神を軸としたデッキ
 その維持としてフィールド魔法発動が必須となるため、このデッキのギミックを採用する事が多い。
 詳しくは該当ページを参照。

【歯車陵墓】

 《歯車街》アンティーク・ギア上級モンスターを投入したタイプ。
 2種類のフィールド魔法を投入するので、《歯車街》特殊召喚効果が使いやすくなる。

 《歯車街》では主に《古代の機械巨竜》特殊召喚する。
 《古代の機械巨人》には一段劣るが、《トレード・イン》に対応し、《歯車街》での蘇生を頼りに手札コストにもしやすい。

 マスタールール3に移行した際にフィールド魔法の上書きは破壊扱いではなくなったために消滅した。

このデッキの弱点

 最上級モンスターが多いため、手札事故が起こりやすい。
 あまり最上級モンスターに拘らず、コンセプトに反しない程度に下級モンスターを採用する必要がある。

 また一度最上級モンスター破壊されると、案外脆い。
 特に、リバース効果罠カードは厄介である。
 《人造人間−サイコ・ショッカー》《王宮のお触れ》等を投入し、自分罠カードを極力入れないようにすると対応しやすい。
 対リバース効果モンスターに、《ミスティック・ソードマン LV2》等を入れておくといいかもしれない。
 展開そのものを封じる《群雄割拠》や、モンスターを無力化する《スキルドレイン》《強者の苦痛》も怖いので、サイドデッキには《サイクロン》等を入れて対策をしたい。

 この他、ライフ回復自体を封じる【シモッチバーン】には、非常に苦しい戦いを強いられることになる。

代表的なカード

関連リンク

広告