【侍BOX】

デッキの概要

 《一撃必殺侍》《モンスターBOX》コンボを利用して戦闘によるアドバンテージを取らせにくくしたデッキ
 上記のコンボに加えて《セカンド・チャンス》をからめると8分の1の確率でしか攻撃が通らなくなる。
 《セカンド・チャンス》を活かすために、《ブローバック・ドラゴン》が入っていることも多い。
 ギャンブルデッキ系統にしては比較的安定する上、普通にビートダウンをこなせるデッキであることが最大の特徴。
 主力モンスターの頭文字を取り【ブロバ侍】とも呼ばれることがある。

《一撃必殺侍/Sasuke Samurai #4》
効果モンスター
星4/風属性/戦士族/攻1200/守1200
このカードが戦闘を行う場合、
ダメージ計算の前にコイントスで裏表を当てる。
当たった場合、相手モンスターを効果によって破壊する。
《モンスターBOX/Fairy BOX》
永続罠
相手モンスターが攻撃をする度に、コイントスで裏表を当てる。
当たりの場合、攻撃モンスターの攻撃力は0になる。
自分のスタンバイフェイズ毎に500ライフポイントを払う。
払わなければ、このカードを破壊する。
《セカンド・チャンス/Second Coin Toss》
永続魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、
自分がコイントスを行う効果を1ターンに1度だけ無効にし、
コイントスをやり直す事ができる。

デッキ構築に際して

メインデッキモンスターについて

エクストラデッキモンスターについて

魔法・罠カードについて

戦術

 とにかく《一撃必殺侍》守備表示モンスターを叩き潰していくのが基本。
 特に裏側守備表示はそのままでも2分の1の確率で裏側のまま破壊出来るので、リバース時の効果を使われずに済む。
 例えコイントスが失敗しても守備表示相手ならば戦闘破壊されることはないので、多少の反射ダメージ覚悟で攻撃するといいだろう。
 攻守1200以下のモンスターなら普通に戦闘破壊することもできる。
 攻撃表示モンスターには《地雷蜘蛛》等で対応したい。
 また、《地雷蜘蛛》の不安定さが怖いのであれば《シルフィード》から《ブローバック・ドラゴン》という手もある。

 《一撃必殺侍》は単体でも戦闘によって2分の1の確率でアドバンテージを1枚取る事ができる。
 上級者になればなるほど、基本的には運という不確定要素に頼る事を好まない。
 そのため、相手《一撃必殺侍》除去しようとする場合が多い。

 だが、戦闘を介することなくモンスター破壊を狙ってくる除去デッキが相手では分が悪い。
 《一撃必殺侍》の性質上《次元幽閉》等の攻撃反応型は脅威となるので、伏せ除去用の魔法・罠カードは多めに採用したい。
 全体除去に弱い永続罠永続魔法を守るカウンター罠《スターライト・ロード》もあるといいだろう。
 また、【除去ガジェット】等に対しては戦士族サポートを共有可能な《ダーク・ヒーロー ゾンバイア》による《魔のデッキ破壊ウイルス》で全滅が狙える。
 優れた破壊耐性自己強化を兼ね備えた《魔王龍 ベエルゼ》も、デッキの根幹を脅かす難敵。
 苦手とする類の除去が可能なランクエクシーズモンスターに頼るべきだろう。

 他にもバーンデッキ相手の場合、苦戦を強いられるだろう。
 モンスターをほとんど採用しない【フルバーン】に対してはこのデッキコンボが役に立たず、全体的に攻撃力が低いのでダメージレースでも劣る。
 《地雷蜘蛛》ならばその攻撃力により焼き切られる前に勝つことも可能だが、その途中で1度でもデメリット発動すれば致命傷になり兼ねない。
 また、攻撃を行わない【ロックバーン】相手では《モンスターBOX》腐りロックパーツによって《一撃必殺侍》攻撃も通しにくくなる。

 罠カードによる除去バーンデッキ対策に、思い切って《王宮のお触れ》サイドデッキから投入するのもよいだろう。
 《モンスターBOX》を使えなくなるが、《スキルドレイン》等の厄介な永続罠にも対応できるようになる。

デッキの派生

【侍パーミッション】

上記のデッキ【パーミッション】のコンセプトを取り入れたデッキ

戦闘のあまり得意でない《豊穣のアルテミス》《モンスターBOX》で守り、《セカンド・チャンス》《モンスターBOX》の苦手な除去カード《魔宮の賄賂》等のカウンター罠で守っていく。
フィニッシャー《冥王竜ヴァンダルギオン》の採用も検討できる。

代表的なカード

関連リンク

広告