神光の宣告者(パーフェクト・デクレアラー)

デッキの概要

 儀式モンスター《神光の宣告者》を主軸に据えた【天使族】系列のパーミッションデッキ
 《神光の宣告者》効果相手の行動を悉く妨害し続けるのが目的であるため、可能な限り《神光の宣告者》を手早く特殊召喚して維持するのが重要。
 特殊召喚後は、他のモンスター戦闘補助を用いてビートダウンを行うか、《波動キャノン》《終焉のカウントダウン》等を使ってビートダウン以外の方法で勝利を狙う。

《神光の宣告者/Herald of Perfection》
儀式・効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守2800
「宣告者の預言」により降臨。
(1):相手がモンスターの効果・魔法・罠カードを発動した時、
手札から天使族モンスター1体を墓地へ送って発動できる。
その発動を無効にし破壊する。
《宣告者の預言/Dawn of the Herald》
儀式魔法
「神光の宣告者」の降臨に必要。
自分の手札・フィールド上から、
レベルの合計が6になるようにモンスターをリリースしなければならない。
このカードの効果によって「神光の宣告者」が儀式召喚に成功した時、
自分の墓地のこのカードをゲームから除外する事で、
その儀式召喚のためにリリースしたモンスター1体を選択し、
自分の墓地から手札に戻す。 

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

 投入するモンスターは基本的に《神光の宣告者》コストにできる天使族が中心。
 ただし、専用儀式魔法《宣告者の預言》レベルを6に揃えねばならず、《高等儀式術》を使う場合は通常モンスター中心になる等、一般の【天使族】とはかなり異なった構築が必要となる。

天使族

―他種族モンスター
 《神光の宣告者》手札コストにできないため優先順位は下がるが、それを補って採用するメリットを持つものも存在する。

エクストラデッキについて

 殆どエクストラデッキに依存しないデッキなので汎用性の高いシンクロエクシーズリンクモンスターで適当に埋めて良い。
 強いて言えば《虹光の宣告者》の相性が良いくらいだが、これすら《ゲール・ドグラ》を採用しない場合は必須カードと呼べないくらいである。
 いっその事、サイドデッキに用意した《浮幽さくら》のため15枠全部を消費することすら検討できる。

魔法・罠カードについて

儀式魔法とそのサポート

ビートダウン以外の勝ち筋
 《神光の宣告者》によるロックだけでは勝てないので、ビートダウンを行わない構築ではこれらのカードが重要となる。
 ただし多く入れすぎると、肝心の《神光の宣告者》手札コストが無くて負けるといった本末転倒な事になりかねないので枚数には注意。
 また、カードプールが豊富になった現在では《神光の宣告者》単体で長期戦に持ち込むのは不安が残るので、《儀式魔人リリーサー》《大天使クリスティア》での特殊召喚封じは半ば必須となる。

ビートダウンと相性の良いカード

―上記以外で相性が良いカード

このデッキの戦術

 これまでに述べた通り、まずはフィールド《神光の宣告者》を、手札に複数の天使族を構える事が最優先となる。
 特殊召喚で厄介なモンスターが呼ばれることが多くなった現在では、出来る事なら《儀式魔人リリーサー》《大天使クリスティア》特殊召喚も封じておきたい。
 準備を終えて体制が整った後はビートダウン、あるいはビートダウン以外の方法で勝利を狙う。
 どちらの戦術も採用するカード次第で可能なので周りの環境を考慮しつつ好みの戦術を採るといいだろう。

デッキの種類

《高等儀式術》

 《高等儀式術》により墓地に落とした通常モンスター《闇の量産工場》《補充要員》コストとして使いまわすタイプ。
 1ターン目でレベル2とレベル1を2体ずつ墓地へ送ることで墓地天使族が丁度4体となり、《大天使クリスティア》も即特殊召喚できる。
 とにかく《高等儀式術》が来なければ始まらないので、この型では《ソニックバード》は可能な限り積むことが望ましい。
 《高等儀式術》墓地へ送ることはできないが、《闇の量産工場》に対応するデュアル《ダーク・ヴァルキリア》除去効果を持つため採用が検討できる。

《宣告者の預言》

 《儀式の下準備》により《神光の宣告者》と纏めてサーチできる。
 レベル調整は必要だが、効果モンスターを利用できるため《儀式魔人リリーサー》サイバー・エンジェルと組み合わせられるのが利点。
 なお、サルベージ効果を使うと墓地から除外されるため、《儀式の準備》サルベージ《祝福の教会−リチューアル・チャーチ》墓地コストにできなくなる。
 ただ、《神光の宣告者》が既に出ている状況では儀式魔法より天使族モンスターの方が重要なので、この点は余り気にならないだろう。

【代行者】

 《マスター・ヒュペリオン》での墓地調整から《大天使クリスティア》特殊召喚につなげたり、《神秘の代行者 アース》シンクロ召喚も狙える。
 全て天使族である代行者《神光の宣告者》コストにもできるため、手札腐ることも少ない。

【サイバー・エンジェル】

 光属性天使族儀式モンスターサポートが共有できる【サイバー・エンジェル】と組み合わせたデッキ
 上述の通り《サイバー・エンジェル−弁天−》《サイバー・エンジェル−韋駄天−》がいずれも《神光の宣告者》と相性の良い効果を持っている。
 また、《神光の宣告者》光属性であるため、《機械天使の儀式》墓地効果破壊耐性を付与できるのもポイント。
 詳しくは【サイバー・エンジェル】を参照。

このデッキの弱点

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告