超重武者(ちょうじゅうむしゃ)

デッキの概要

 超重武者と名のついたモンスター群を中心としたビートダウンデッキ
 機械族で統一されており、いずれも守備表示守備力に関する効果を持っているのが特徴。
 また、《超重武者ビッグベン−K》《ブラック・ガーデン》を中心とした構築と、《超重荒神スサノ−O》を中心とした【フルモンスター】構築では大きく内容や動きが異なる。

《超重武者テンB−N/Superheavy Samurai Scales》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻 800/守1800
「超重武者テンB−N」の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドにモンスターが2体以上存在し、
自分フィールドにモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、
「超重武者テンB−N」以外の自分の墓地のレベル4以下の
「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。
《超重武者装留イワトオシ/Superheavy Samurai Soulpiercer》
効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1200/守   0
(1):自分メインフェイズに自分フィールドの
「超重武者」モンスター1体を対象として発動できる。
自分の手札・フィールドからこのモンスターを
装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。
(2):このカードの効果でこのカードを装備したモンスターが
守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ相手に戦闘ダメージを与える。
(3):このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「超重武者装留イワトオシ」以外の「超重武者」モンスター1体を手札に加える。
《超重武者ビッグベン−K/Superheavy Samurai Big Benkei》
効果モンスター
星8/地属性/機械族/攻1000/守3500
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
このカードの表示形式を変更する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの「超重武者」モンスターは、
表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、そのモンスターは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。

デッキ構築に際して

 このデッキは大きく分けて、《ブラック・ガーデン》を使用する構築と、《超重荒神スサノ−O》を使用する【フルモンスター】構築に分かれる。

 前者の構築では《超重武者ビッグベン−K》を如何に早くフィールドに出すかが重要となり、そのサポートカードを多めに採用する。
 こちらの構築では魔法・罠カードによるサポートが可能なので、守備力を上げるカード直接攻撃を可能にするカードを投入して戦闘を補助することもできる。

 後者の構築では【フルモンスター】に相性の良い、手札及び墓地発動する効果を持つモンスターを多く採用したい。
 特性上魔法・罠カードは採用しにくいが、一部の墓地から除外できる魔法・罠カードならば少量は採用できる。

モンスターカードについて

 構築によって採用しやすいモンスターにも違いが出る。
 特に超重武者は相性の良し悪しがはっきりしているため、分けて記述する。

超重武者

―その他相性の良いモンスター

エクストラデッキについて

 《超重武者テンB−N》《超重武者ホラガ−E》《クレーンクレーン》の存在から、レベルシンクロモンスターランク4及び3のエクシーズモンスターが中心になりやすい。
 それ以外のレベルランクモンスターを採用する場合は、必要に応じてデッキ調整を行いたい。

超重武者シンクロモンスター

超重武者以外のモンスター

魔法・罠カードについて

 基本的には《ブラック・ガーデン》軸でのみ採用される。
 《超重武者ビッグベン−K》を始めとする超重武者フィールドに出すためのカードと、場に出た超重武者攻撃をサポートするカードの2つに大別される。
 【フルモンスター】型でも、墓地から除外できるものに絞ってならば少数の採用は可能である。

超重武者召喚特殊召喚するためのカード

超重武者戦闘をサポートするためのカード

墓地から取り除きやすいカード

デッキの種類及び戦術

《ブラック・ガーデン》

《ブラック・ガーデン/Black Garden》
フィールド魔法
(1):「ブラック・ガーデン」の効果以外でモンスターが表側表示で召喚・特殊召喚される度に発動する。
そのモンスターの攻撃力を半分にする。
その後、そのコントローラーは、相手のフィールドに
「ローズ・トークン」(植物族・闇・星2・攻/守800)1体を攻撃表示で特殊召喚する。
(2):フィールドの全ての植物族モンスターの攻撃力の合計と同じ攻撃力を持つ、
自分の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。
このカード及びフィールドの植物族モンスターを全て破壊する。
全て破壊した場合、対象のモンスターを特殊召喚する。

 《超重武者ビッグベン−K》フィールドに出すことを何よりも優先したい。
 《超重武者ビッグベン−K》フィールドに維持することを狙うか、除去されてもすぐに再度特殊召喚できるようにするかはデッキの方向性次第だろう。
 《ブラック・ガーデン》適用中ならば《巨大ネズミ》攻撃力が700となるため、ローズ・トークン自爆特攻すれば即座に《超重武者ビッグベン−K》リクルートできる。
 更に《超重武者ビッグベン−K》攻撃力が500となるため、《機械複製術》を使用することで3体を並べることも可能である。
 その他《機甲部隊の最前線》《銀嶺の巨神》などのカード《超重武者ビッグベン−K》を並べやすい効果を持つ。
 《流星の弓−シール》《財宝への隠し通路》を使用すれば直接攻撃も可能になるので、デュエル中盤以降は一気に相手ライフを減らすことを意識しても良いだろう。
 反面《超重武者ビッグベン−K》がいないと戦線維持が難しくなる欠点がある。
 《マシンナーズ・フォートレス》《超重武者テンB−N》からのエクシーズモンスターでフォローしたい。

【フルモンスター】

《超重武者ホラガ−E/Superheavy Samurai Trumpeter》
チューナー・効果モンスター
星2/地属性/機械族/攻 300/守 600
(1):自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
この方法で特殊召喚に成功したターン、
自分は「超重武者」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):自分の墓地に魔法・罠カードが存在せず、
このカードをリリースして「超重武者」モンスターの
アドバンス召喚に成功した場合に発動できる。
このカードを墓地から特殊召喚する。
《超重武者タマ−C/Superheavy Samurai Battleball》
チューナー・効果モンスター
星2/闇属性/機械族/攻 100/守 800
「超重武者タマ−C」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「超重武者」モンスター以外のモンスターが存在せず、
自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターとこのカードをフィールドから墓地へ送る。
その後、墓地へ送ったそのモンスター2体の元々のレベルの
合計と同じレベルを持つ「超重武者」Sモンスター1体を
エクストラデッキからS召喚扱いとして特殊召喚する。
《超重荒神スサノ−O/Superheavy Samurai Warlord Susanowo》
シンクロ・効果モンスター
星10/地属性/機械族/攻2400/守3800
機械族チューナー+チューナー以外の「超重武者」モンスター1体以上
このカードはルール上「超重武者」カードとしても扱う。
(1):このカードは表側守備表示のままで攻撃できる。
その場合、このカードは守備力を攻撃力として扱いダメージ計算を行う。
(2):1ターンに1度、自分の墓地に魔法・罠カードが存在しない場合、
相手の墓地の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを自分フィールドにセットする。
この効果でセットしたカードはフィールドから離れた場合に除外される。
この効果は相手ターンでも発動できる。

 《超重荒神スサノ−O》効果を最大限活かすために魔法・罠カードを全く(または殆ど)使わない【フルモンスター】構築。
 《超重武者ホラガ−E》特殊召喚も容易に行え、《超重荒神スサノ−O》シンクロ召喚自体は容易に行える。
 《エフェクト・ヴェーラー》《工作列車シグナル・レッド》等で《超重荒神スサノ−O》をひたすら守り、相手魔法・罠カードを駆使しつつ戦う。
 《超重神鬼シュテンドウ−G》効果も如何なく発揮でき、破壊したカードをそのまま逆利用することができる。
 《超重武者タマ−C》を使えば、相手レベル3〜8、10を除去して超重武者シンクロモンスターシンクロ召喚扱いの特殊召喚を狙える。
 チューナー機械族であればいいので、《A・ジェネクス・バードマン》等の汎用性の高いものを投入するのもいい。

このデッキの弱点

 どちらの構築にしてもこちらの状況が整うまで若干の時間を要することが多いので、速攻でモンスターを大量召喚して攻め込んでくるデッキには弱い。
 《ドリルロイド》等の守備表示モンスターを問答無用で除去してくるモンスターは天敵であり、自慢の守備力が全く役に立たなくなる。
 攻撃表示にされると超重武者はいずれも弱小モンスターなので、《最終突撃命令》の様な攻撃表示を強制するカードにも弱い。
 全て機械族なので、当然のごとく《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》の素材にされることも覚悟しなければならない。
 最悪の天敵は《王虎ワンフー》であり、表側表示でいるだけで殆どのモンスターフィールドに存在することすら許されなくなる。
 また、《魔のデッキ破壊ウイルス》も似た状況を引き起こす上、【フルモンスター】型の場合は発動の妨害すらできないまま手札フィールド共にほぼ全てのカードが全滅しかねない。

 個別で見た場合、《ブラック・ガーデン》軸では当然のことながら《ブラック・ガーデン》除去が集中すると厳しくなる。
 アタッカー《超重武者ビッグベン−K》に依存している関係上、《連鎖除外》などで《超重武者ビッグベン−K》を全て除外されると致命的な被害となる。
 【フルモンスター】型の場合はモンスター効果に依存するために《スキルドレイン》などが天敵となる。
 他にも《虚無空間》《次元の裂け目》《マクロコスモス》《王宮の鉄壁》などルール介入型の永続カードには苦手とするカードが多いため、それらを除去できる《ギャラクシー・サイクロン》サイドデッキには用意しておきたい。
 《始祖竜ワイアーム》も苦手とする相手であり、守備表示でいられた場合、《ブレイクスルー・スキル》がないとデュエルが膠着状態に陥りやすい。
 【フルモンスター】にこだわるなら、超重武者とのシナジーは乏しいが壊獣《サタンクロース》なども要検討だろう。

代表的なカード

関連リンク

広告