氷炎の双竜(フロストアンドフレイム・ツインドラゴン)

デッキの概要

 《氷炎の双竜》フィニッシャーとし、水属性炎属性モンスターを主力に戦うデッキ
 特殊召喚の展開力と打点を生かしたビートダウンにも、モンスター破壊効果を生かしたコントロールデッキにもできる。

 その召喚条件から【水属性】【炎属性】の混合デッキとなる。

《氷炎の双竜/Frost and Flame Dragon》
効果モンスター
星6/水属性/ドラゴン族/攻2300/守2000
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の水属性モンスター2体と炎属性モンスター1体を
ゲームから除外した場合のみ特殊召喚できる。
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。
フィールド上のモンスター1体を選択して破壊する。

デッキ構築に際して

 《氷炎の双竜》召喚条件ディスアドバンテージが生じづらいものの、少々重い
 コントロールデッキにするならば墓地を肥やしながら戦えるが、ビートダウンにするならば積極的にカード墓地へ送る必要がある。
 《未来融合−フューチャー・フュージョン》を採用した【フロフレホルス】ビートダウン型の成功例であろう。

モンスターカードについて

 《氷炎の双竜》特殊召喚するため、水属性炎属性モンスターを吟味する。
 特にその除外する枚数から、水属性モンスターは多めに採用したい。

―基本となるモンスター

水属性モンスター

炎属性モンスター

エクストラデッキ

墓地を肥やすモンスター

魔法・罠カードについて

 モンスター除去については《氷炎の双竜》が主力となるため十分ある。
 そのため魔法・罠カードには魔法・罠カードに対応できるカードを採用していきたい。

デッキの種類

ハイビート

 下級アタッカーを軸にしたタイプ。
 効果で選ぶなら《ブリザード・ドラゴン》《ハイドロゲドン》攻撃力で選ぶなら《アトランティスの戦士》《憑依装着−エリア》が強力。
 《アトランティスの戦士》《アビス・ソルジャー》を採用すれば自身の効果墓地を肥やす事ができる。
 自然とレベルモンスター主体になると思われるので、《ブリキンギョ》も採用し易い。

 炎属性《ヴォルカニック・エッジ》《天下人 紫炎》等を採用すればいいだろう。
 《コアキメイル・アイス》を採用する場合は、相性の良い《ヴォルカニック・ロケット》も是非採用したい。

リクルーター

 《グリズリーマザー》《UFOタートル》《仮面竜》を軸にしたタイプ。
 【リクルーター】の戦術を取り入れ、《王宮のお触れ》《強制転移》を採用する。
 《グリズリーマザー》で自身以外に特殊召喚する対象は《黄泉ガエル》《引きガエル》《悪魂邪苦止》等か。
 《UFOタートル》ならば《サイバー・フェニックス》《ヴォルカニック・バレット》等であろう。
 炎属性モンスターは少なめで良くなるため、量より質で選べばよい。

 炎属性水属性で、除去を行いつつ互いにリクルートし合える《ファイヤー・ハンド》《アイス・ハンド》を採用するタイプも考えられる。

 フィールドモンスターが留まりやすくなるので、《氷帝メビウス》《炎帝テスタロス》等の上級モンスターで打点を高めても良い。

デッキの派生

【ドラゴン族】

 ドラゴン族を多く採用することにより、ドラゴン族のサポートを得易くしたタイプ。
 採用候補としてはレベルチューナーである《ガード・オブ・フレムベル》《仮面竜》《コアキメイル・アイス》等が挙がる。

【フロフレホルス】

 【ドラゴン族】の更なる発展型。
 モンスター除去力の高い【氷炎の双竜】に魔法・罠カードへ対して非常に強い【お触れホルス】を加えたもの。
 以前は《未来融合−フューチャー・フュージョン》に頼っていた面が大きかったが、カードプールの増加により構築の幅が広がった。
 詳しくは該当ページを参照のこと。

【爬虫類族】

 炎属性水属性爬虫類族を採用し、《スネーク・レイン》墓地へ送るタイプ。
 高攻撃力《ガガギゴ》シリーズやエーリアンが採用候補。

【高等儀式術】

 炎属性水属性通常モンスターを採用し、《高等儀式術》墓地へ送るタイプ。
 レベルアタッカーからは《火炎木人18》《メガロスマッシャーX》《ガガギゴ》レベル1のからは《大木炭18》《星杯を戴く巫女》《弾圧される民》等を採用すれば比較的容易に墓地を肥やす事ができる。
 儀式モンスターとしては水属性《イビリチュア・ガストクラーケ》が相性が良い。

 余裕があれば《闇の量産工場》を採用する事で、手札コストの補充もできる。

このデッキの弱点

 相手手札コスト1枚分より重要なモンスターを出させ、それを返り討ちにしていくのが主な戦術となる。
 そのため、小粒で優秀なモンスターを途切れる事なく出し、適宜除去をしてくるタイプのデッキは特性上、どうしても苦手とする。
 上記の通り《氷炎の双竜》で反撃を仕掛けるために誘い水とする、相方として採用したフィニッシャーを調整することで対応したい。

代表的なカード

関連リンク

広告