デュエル/Duel

 相手と対戦して1回の勝負を決める「デュエル」では、お互いに8000のライフポイントを持ってスタートします。
 相手ライフポイントを先に0にしたプレイヤーの勝利になります。
 (お互いライフポイントが同時に0になった場合は引き分けです。)

デュエルの準備

  1. 対戦相手とあいさつをしたら、自分デッキシャッフルして対戦相手に渡しましょう。
    お互い相手デッキを受け取ったら、軽く切り混ぜます。
    この行為を「カット」といいます。
  2. カットがすんだらお互いデッキ持ち主に戻しフィールド上のデッキゾーンに置きます。
  3. ジャンケンをして、勝者が先攻後攻を選択します。
  4. 最後に自分デッキからカードを5枚引いて下さい。
    これがデュエル開始時の手札になります。

デュエルの進め方

 デュエルの進行は、「ターン」と「フェイズ」という区切りによって進められます。

 (公式ルールブック マスタールール3対応 バージョン 1.0 より引用)


  • 原作では激しい口調で行われることの多いデュエルだが、公式戦の場合、宣言公開情報確認等は敬語で行う事が望ましい。
  • 元々は「マジック:ザ・ギャザリング」に由来する言葉であり、即ちTCGの初期から存在する言葉である。
    しかし2004年に「デュエル」という単語自体をコナミが商標登録し多くのカードゲームで「バトル」、「ファイト」といった他の単語が使われるようになった。
    このため、「デュエル」=「遊戯王」と連想する人も多い。
    これにより「デュエル」という言葉を使用していたTCG「デュエルマスターズ」は、略称も兼ねて「デュエマ」という固有名詞を使用するようになった。
  • デュアル」や「ディエル」といった誤植もよく見かける。
    前者はネタとして用いられる場合がある。
  • GENERATION FORCE以降の関連グッズCMでは、最後に「ルールを守って楽しくデュエル」と表示されるようになった。
    これは第5回最強カリスマ決闘者決定戦でも、デュエル中にはしゃぎ過ぎたり興奮しすぎたりする態度を指摘する形で言及されている。
  • 原作・アニメにおいて―
    決闘(デュエル)」と表現される場合もある。
    両デュエリストの準備が整った後、「デュエル!」と同時に叫ぶのがデュエル開始の合図となっている。
    古代エジプトでは「ディアハ」と発音するらしい(あくまでフィクションであり、実際にこう呼ぶのかは不明)。
    漫画5D'sでは、決闘竜(デュエル・ドラゴン)の儀式で「ディアク」と発音している。
    ライフポイントが4000の様に現実とはルールが異なることが多々存在するため、間違えないよう注意が必要である。
  • DMでは、千年アイテム所持者による「闇のゲーム」版の「デュエル」も存在する。
    モンスター破壊されるとカードも消滅したり、ライフポイントが無くなると実際に死んだりする、まさに恐怖のデュエルであった。
    後に「闇のゲーム」版の「デュエル」はGX・5D's・ZEXAL・ARC-Vでも内容を変えた形で登場している。
    アニメGXにおける《バードマン》たちが存在している異世界やアニメARC-Vにおけるユートたちが存在している異世界では、デュエルは生死を賭けて戦うものであるとされている。
    娯楽の一種として楽しんでいる主人公たちを、彼らが罵ると言った展開は恒例となっている。
    また上記に限らずアンティルール等に代表される「お互いの所持カードやプライドを賭けた戦い」も(全シリーズを通じて)よく行われている。
  • 原作中盤でデュエルディスクの概念が登場して以降、すべての作品で「デュエルは立って行うもの」という基本認識が共有されている。
    アニメZEXALII(セカンド)でベクターが「(自分だけ)座ってデュエルをするのは失礼」と言及している。
  • アニメ5D'sではD・ホイールに乗って決闘を行う「ライディング・デュエル」が登場する。
    開始時の合図は「ライディング・デュエル、アクセラレーション!」である。
    専用のフィールド魔法《スピード・ワールド》または《スピード・ワールド 2》を使用する専用のルールが設けられており、従来通りのデュエルディスクを使用したデュエルは「スタンディング・デュエル」と呼ばれている。
    なお、ライディング・デュエルは漫画5D'sおよびアニメ・漫画ARC-Vでも登場するが、デュエルのルールはアニメ5D'sと異なる。
  • アニメARC-Vではソリッドビジョンで実体化したモンスターに直接乗って決闘を行う「アクションデュエル」が存在する。
    開始時の合図は「戦いの殿堂に集いしデュエリスト達が、モンスターと共に地を蹴り宙を舞い、フィールド内を駆け巡る。見よ、これぞデュエルの最強進化系、アクションデュエル」である。
    アクションフィールド発動され、デュエルの開始と同時にそのフィールドの特性に合わせたアクションカードと呼ばれる魔法・罠カードがばら撒かれる。
    プレイヤーはそのカードを拾って発動したり、手札コストなどに使用したりすることができる。
  • アニメ5D'sでは、ハラルドが《極神聖帝オーディン》を手にする前に「デュエル巡礼」という名目の旅をしていた。
    ただし、これは世界が戦争や貧困で苦しむ惨状を知るためであり、実際にデュエルを行ったような描写は存在しない(一応デュエルディスクは装着している)。
  • 原作では迷宮兄弟とのタッグデュエル、バトルシティ編でのバトルロイヤル等、特殊なデュエルが多数登場した。
    アニメでも、5D'sの神経衰弱デュエルやZEXALのデュエルコースターといった特殊ルールが登場している。
  • 藍神が劇中で次元領域デュエルを挑んだ遊戯と海馬はいずれも並外れた精神力の持ち主であり、全てのモンスターが最大ステータスを発揮している。
  • コナミのゲーム作品において―
    WCSシリーズではデュエル開始時に「デュエル!」と言うようにメッセージが設定されているため、異形のモンスターや無機物ですらもその言葉だけは喋る。

関連リンク

広告