(ほのお)(ぞく)/Pyro

 炎を操る、炎を身に纏うモンスターや炎そのもののモンスターなどが該当する種族
 日本未発売1種を含まず、コレクターズパック−閃光の決闘者編−までで109種類が登場している。

 カテゴリとしては、ヴォルカニックがこの種族に属しており、フレムベルラヴァルにもこの種族モンスターが存在する。
 結界像等の属性シリーズでは炎属性を担当する事が多い、炎属性を象徴する種族でもある。
 また、バーン効果を持ったカードが多い一方で、《きつね火》《逆巻く炎の精霊》といった一癖あるカードや、《ヴォルカニック・バレット》の様な手札コストに貢献するカードも存在する。

 このように炎属性を一手に引き受ける種族だが、種族内での繋がりは他と比べてかなり弱い。
 事実、下記の炎族に関連する効果を持つサポートカードの数は、それが存在しない幻神獣族創造神族を除くと、登場当初は下回っていた後発のサイキック族幻竜族にも追い抜かれ現在最も少ない。
 その中に炎族であることを売りにできるサポートカードも特に存在せず、あえて挙げるとすれば《炎帝近衛兵》(または炎族に間接的に関係する《ブリリアント・フュージョン》)くらいである。
 その《ブリリアント・フュージョン》《ヴォルカニック・バレット》《重爆撃禽 ボム・フェネクス》の存在から炎族である事を活かして環境で活躍する事自体はあるのだが、炎族統一デッキとして活躍するのは現在でも【ヴォルカニック・バーン】程度であり、汎用的な【炎族】としての規模は未だに小さいままである。

  • 現実において炎の中に生息する生物は存在しないためか、水族と比較しても属するモンスターの数は少なめである。
    炎属性」だけで火のイメージを十分表現できるためか、人や動物をモチーフとしたものであっても、大抵は「炎属性戦士族獣族」になることが多い。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメGXに登場するウエスト校チャンピオンのオースチン・オブライエンがヴォルカニックを使用している。
    オブライエンの父もヴォルカニックの使い手なので、オブライエンとほぼ同じカードデッキに入っている。
    「オブライエンvsミスターT(オブライエンの父に擬態)」戦では炎族(ヴォルカニック)同士のミラーマッチが繰り広げられた。
    この時登場したカードは炎族にとって有用なものが多いが、OCG化はされていない。
    また、「十代vs鮎川先生(ゾンビ)」戦では、鮎川先生が炎族版《増援》である魔法カード《篝火》を使用している。
  • コナミのゲーム作品において―
    真DM2では、それまで苦手地形であった《海》に加え、新たに《森》が得意地形に設定されている。
    デッキリーダーにすると様々な種族を抹殺・呪縛・弱化させる能力を覚え、レベル2以下のものはさらに2つのデッキリーダー能力を取得できる。

関連リンク

―現在制限カード炎族であるモンスター

―炎族に関連する効果を持つカード

―素材に炎族を指定するモンスター

―炎族トークン

―炎族のチューナー

―炎族の融合モンスター

―炎族のシンクロモンスター

―炎族のエクシーズモンスター

―炎族のシリーズモンスター

―炎族メタ

―その他のリンク

広告