恐竜(きょうりゅう)(ぞく)/Dinosaur

 主に恐竜をはじめとする化石爬虫類がモデルのモンスターが属する種族
 デュエリストパック−レジェンドデュエリスト編−までで86種類が登場している。

 環境で活躍したモンスターとしては、扱い易く強力な除去バーンをこなす《No.61 ヴォルカザウルス》戦闘破壊時に同名カードリクルートする効果を持つ《ハイドロゲドン》が属する種族
 初期のエクシーズモンスターの中ではかなり強力な効果を有する《エヴォルカイザー・ラギア》エクシーズ素材に指定されている事から、マスタールール2の初期には《ジュラック・グアイバ》《セイバーザウルス》が多用された。
 しかしこれ以外に目立った活躍を見せた恐竜族はほとんどなく、マイナーな部類に属する種族である。

 属するモンスターの多くが戦闘向きであり、中でも《究極恐獣》《究極伝導恐獣》《ジュラック・タイタン》といったパワフルな最上級モンスターの存在が光る。
 一方で、魔法・罠カード除去する効果を持ったものはほとんど存在しない。
 種族の総数が少ない中で、《ディノインフィニティ》《幻創のミセラサウルス》等の除外に関する効果を持つ者の割合も多い。

 種族としての発展は遅めで、第4期の《ディノインフィニティ》登場以前は【恐竜族】を組む意義はほぼ皆無だった。
 第5期に入ってからは種類が増えはじめ、《究極恐獣》など強力なモンスター魔法・罠カードサポートカードが続々と登場。
 ストラクチャーデッキ−恐竜の鼓動−というこの種族ストラクチャーデッキも登場し、過去最多の8枚の新規カードが追加された。
 第6期には恐竜族のカテゴリであるジュラックサーチカード《化石調査》が登場し、種族としての強みが確立された。
 第7期には自身はドラゴン族ながら優秀な効果を持ち、エクシーズ素材に恐竜族縛りを持つ《エヴォルカイザー・ラギア》が登場し、その素材役としても注目された。
 しかし《化石調査》の優秀さ故にか、種族全体としては伸び悩む時期が長い。
 特にテーマデッキ主流時代に入り、環境を脅かす水準のインパクトあるカテゴリには恵まれていないのが実状である。
 更に、第9期では恐竜族の新規モンスターがほとんど登場せず、通常パックに限定すれば《幻創のミセラサウルス》たった1枚しか登場していなかった。
 しかし第9期終盤にストラクチャーデッキR−恐獣の鼓動−が登場、続く第10期序盤でもCOLLECTORS PACK 2017に関連カードが登場しており、大きく強化されることになった。

  • 第1期から登場した種族だが、2015/02/14に第6期から登場したサイキック族に総種類数で追い抜かれてしまった。
    現在では、第1期から登場した種族の中では、海竜族の次に総種類数が少ない種族になってしまっている。
  • 「恐竜」とは、爬虫類に属する陸生の化石脊椎動物のことで、中生代の三畳紀に出現し、白亜紀末まで生息した。
    ニワトリサイズから体長35メートルを越す巨大なものまであり、肉食・草食など多種多様のものが存在していた。
  • 生物学上は恐竜ではない翼竜や首長竜をモデルにしたモンスターの多くも、この種族に分類されている。
    しかし恐竜以外の同時代の爬虫類もまとめて恐竜として取り扱うことは比較的多く、必ずしも間違っているとは言い難い。
  • 原作・アニメにおいて―
    原作やアニメDMにおいて、ダイナソー竜崎が使っていた種族
    《二頭を持つキング・レックス》《メガザウラー》など、第1期に登場した恐竜族の大多数は竜崎が使用したものである。
    また、アニメオリジナルの「ドーマ編」では《ヘルカイド・プテラ》や《ヘルホーンド・ザウルス》などの新規カードも使用している。
  • 原作・アニメの「決闘者の王国編」の「城之内vs竜崎」戦においては「恐竜族は炎属性に弱い」という設定の存在が語られている。
    そのせいか、第6期になってジュラックが登場するまでは、炎属性の恐竜族モンスターは1体も存在しなかった。
  • アニメGXでは、2年目から登場したティラノ剣山がこの種族デッキを使うデュエリストである。
    「〜ドン」・「〜ザウルス」という「遊戯王」シリーズでも有数の珍妙な語尾や、骨折した骨の代わりに恐竜の化石が移植されているという設定など、デュエル外でも「恐竜」要素の非常に強いキャラクターであった。
    《ダイナ・ベース》や《超進化薬・改》といったアニメオリジナルの恐竜族サポートカードも多数使用している。
    また、三沢も《ハイドロゲドン》《オキシゲドン》《カーボネドン》を使用していた。
  • アニメZEXALでは、陸王が名前に「炎関連の単語」+「ザウルス」と名のついたレベルに関する効果を持つ炎属性の恐竜族を使用した。
    また相棒の海王は、名前に「氷関連の単語」+「ドン」と名のついた表示形式に関する効果を持つ水属性の恐竜族を使用している。
    どちらも「ボンタン」や「リーゼント」など、俗に言う「ヤンキー」の要素を取り入れた、一風変わった恐竜族である。
  • アニメARC-Vでは原田フトシが「らくがきじゅう」と名のついた地属性・恐竜族のモンスター群を使用している。
    「らくがき」という名前の通り、幼児がクレヨンで描いたような平面モンスターという、今までにないデザインになっている。
  • デュエルリンクスでは、ダイナソー竜崎のスキルによってこの種族をサポートできる。

関連リンク

―恐竜族に関連する効果を持つカード

―素材に恐竜族を指定するモンスター

―恐竜族トークン

―恐竜族のチューナー

―恐竜族のペンデュラムモンスター

―恐竜族の融合モンスター

―恐竜族のシンクロモンスター

―恐竜族のエクシーズモンスター

―恐竜族のシリーズモンスター

―その他のリンク

広告