先攻/First player

 ジャンケンをして、勝者が先攻・後攻を選択します。
 なお、次のデュエルの先攻後攻の選択権は、前のデュエルの敗者にあります。

(公式ルールブック ver2.1より引用)


 先攻(せんこう、さきぜめ)は、デュエルの1ターン目のターンプレイヤーのこと。
 あるいは、デュエルの1ターン目をターンプレイヤーとしてプレイすること自体を指す。
 対義語は後攻である。

 先攻プレイヤーの1ターン目は、ドローフェイズにおける通常のドローと、バトルフェイズを行うことができない。

 多くの他社製TCGと同様、OCGのルールブックでは先攻・後攻の決め方として上記の通りジャンケンのみが記載されている一方、海外の遊戯王TCGのルールブックではコイントスもしくはジャンケンと記載されている。
 要するに、1/2の確率で公平に勝敗が決する方法ならば何でも良い。
 お互いサイコロを転がして大きな目を出したプレイヤーが選択するなどの方法も考えられる。
 なお、他社製TCGとは違い、初手5枚を引くのは先攻と後攻を決めた後であり、手札に応じて有利な方を選ぶ事は出来ない。

  • 原作・アニメにおいて―
    多くのデュエルで「先攻はもらった。俺のターンドロー!」等と叫んで勝手に決めてしまっているように見えるが、5D's公式サイトのデュエルワンポイントレッスンによれば「デュエルディスクが先攻後攻を決めてくれる」らしい。
    アニメ5D'sの「ライディングデュエル」の場合、自動走行無しのマニュアルモードにおいては第一コーナーを先に曲がったプレイヤーが先攻をとることになっているようだ。
    このルールはアニメARC-Vのライディングデュエルにも受け継がれているが、ARC-Vにおいては基本的に自動走行が有りになっている。
    また、アニメ5D'sに登場したクラッシュタウンでのルールでは、西部劇のガンマンのように拳銃型デュエルディスクを先に抜いたほうが先攻を取れるという決め方だった。
  • アニメGXでのカイザー亮の「なぜ先攻を取らない?」、アニメ5D'sでのクロウの「地縛神に対抗するためには先攻を取るしかない」等、アニメにおいても先攻を取る事がアドバンテージとなると考えているような発言がいくつか見られる。
    ライディングデュエルで先攻を取るために運転技術やエンジン開発を求める描写や、「ジャック&龍亞&龍可vsアポリア」戦でアポリアが「ハンデはいらない代わりに先攻の権利をもらう」と事前に申し出があるほど重要視される場合もある。
  • 先攻1ターン目に通常のドローができないルールが初めて適用されたアニメARC-Vの「遊矢vsストロング石島」戦では、デュエル開始時にその旨が解説された。
    なお、アニメARC-Vでは先にアクションカードを探す移動手段や機会が得られる事から先攻が好まれる傾向にある。
    しかし、「柚子vsデニス」戦ではお互いに先攻を譲り合う珍しい描写がなされた。
  • アニメにて時折行われているバトルロイヤルルールでは、全てのプレイヤーは1ターン目に攻撃できず手札の枚数も同じであるため、完全に先攻(1人目)が有利なルールである。
    アニメARC-Vからは先攻1ターン目のドローが廃止されたため、やや平等なルールになっていると言える。
    ただし、オベリクスフォースが絡むデュエルのみ、2人目の1ターン目から攻撃可能になっているため、多人数側が先攻を取った「遊矢vsオベリクスフォース3人組」戦では先攻と後攻で物凄い格差が生じていた。
    「遊矢&黒咲vsオベリクスフォース3人組」戦では、ターンが回ってない遊矢に攻撃を仕掛ける行為に対し、ギャラリーのアレンが「きたねえぞ!」と批判している。
  • 原作・アニメDMで闇マリクが使用した《速攻の吸血蛆》は先攻1ターン目から相手攻撃できるモンスターであった。
    また、アニメGXで万丈目が使用した通常魔法《クイック・アタック》はレベル4以下のモンスターを先攻1ターン目から攻撃できるようにする効果を持っている。
    アニメARC-Vの「アユvs零羅」戦では、アユが先攻1ターン目に攻撃しようとしてデュエルディスクにエラーが表示されている。
    珍しい例として、「乃亜編」のデモデュエルでは、デッキマスタールールを用いてデッキマスターとなった《青眼の白龍》の能力を使用する事で先攻1ターン目の攻撃を実行している。
    また、アニメZEXALII(セカンド)の「遊馬&III(スリー)vs蝉丸」戦では、先攻を取った蝉丸が独断で1ターン目の攻撃をルールに組み込んだが、これに対してIIIは「勝手なことを」と抗議している。
    なお蝉丸の都合により、結局先攻1ターン目の攻撃はされなかったのだが、遊馬は「なぜ攻撃しなかったんだ」と述べているため、ルール上は可能であったようである。
  • コナミのゲーム作品において―
    DM1、2、真DM、真DM2でのCPU戦はプレイヤー側が必ず先攻である。
    DM3、4、7、8ではプレイヤー側が後攻となる事もあるが、ジャンケンではなくランダムで決定される。
    WCS2011ではクラッシュタウン内及び同市出身者(トオルを除く)とのデュエルではジャンケンではなく、ランダムに5つ振り分けられた十字キーとボタンの早押しで先攻を決める。
    また、スタジアムでのライディングデュエルではレースを行い、「第一コーナーをとった者が先攻」のルールを再現している。

関連リンク

FAQ

Q:マッチ戦で1つのデュエル引き分けになった場合、次のデュエルにおける先攻・後攻はどのように決めますか?
A:じゃんけんを行って決めます。(14/04/05)

広告