D−HERO(デステニーヒーロー) デストロイフェニックスガイ/Destiny HERO - Destroyer Phoenix Enforcer》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻2500/守2100
レベル6以上の「HERO」モンスター+「D−HERO」モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手フィールドのモンスターの攻撃力は、
自分の墓地の「HERO」カードの数×200ダウンする。
(2):自分・相手ターンに発動できる。
自分フィールドのカード1枚とフィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(3):このカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
次のターンのスタンバイフェイズに、自分の墓地から「D−HERO」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 BURST OF DESTINYで登場した闇属性戦士族融合モンスター
 相手モンスター攻撃力自分墓地HEROの枚数に比例して全体弱体化させる永続効果自分フィールドのカードフィールドのカード1枚を破壊できる誘発即時効果破壊された次のターンスタンバイフェイズD−HERO蘇生できる誘発効果を持つ。

 融合素材の内、レベル6以上の方はHERO全体が利用できるが、【D−HERO】ではどちらもD−HEROを利用しやすい。
 D−HEROを指定する融合モンスターなので《フュージョン・デステニー》によるデッキ融合に対応しており、墓地肥やしも(1)(3)とシナジーする。
 レベル6以上のD−HEROには墓地効果を持つ《D−HERO ディアボリックガイ》《D−HERO ダッシュガイ》が適する。
 D−HERO以外では、汎用的な効果を持ち《ドクターD》とのコンボも狙える《E・HERO オネスティ・ネオス》が無理なく採用しやすい。

 (1)は墓地HEROの枚数に比例した相手モンスター全体弱体化
 融合素材が両方ともHEROであるため、墓地融合の場合を除けば最低でも400の弱体化となる。
 墓地が肥えていればかなりの全体弱体化となり、レベル8にしては低めの攻撃力も十分に補える。
 自身の攻撃力を上げるわけではないために直接攻撃には無意味である一方、全体的に攻撃力が低いD−HEROにおいては他のモンスターもその恩恵を受けられる。
 なお、魔法・罠カードもカウントするが該当するのは《HERO’S ボンド》《HEROの遺産》の2枚しかなく、前者はE・HEROサポートのため【D−HERO】に採用するのは難しい。

 (2)は自分フィールドを含めたフィールドのカード2枚の効果破壊
 基本的には自分相手から選択しての1:1交換だが、フリーチェーン除去なのでその汎用性は高い。
 自分フィールド破壊は、《幽獄の時計塔》等を能動的に効果破壊すれば損失なくコンボが成立する。
 自身も対象にでき、その場合は(3)により自己再生するため、損失を回復することが可能。
 状況は限定されるが、自分フィールド効果破壊したいカードが複数あれば、自分カード2枚を破壊する運用もできる。
 なお、この効果対象をとらない効果であり、破壊するカード効果処理時に選ぶ。
 そのため、破壊しようと思っていたカードサクリファイス・エスケープ等によって不在となった場合でも、残っている別のカード破壊できる。

 (3)は自身の破壊トリガーとしたD−HERO蘇生
 《フュージョン・デステニー》による自壊や自身の(2)による破壊などもトリガーとなるので、能動的・受動的を問わず発動は容易い。
 (2)で自身を破壊し、この効果自己再生するというコンボを毎ターン行う事もでき、フリーチェーン除去により制圧が可能。
 ただし、蘇生は次のターンスタンバイフェイズと若干のタイムラグがあり、このカードフィールドを離れている間に攻め切られる可能性がある。
 また、墓地のこのカード除外されたりエクストラデッキ戻された場合も自己再生できなくなるが、他に蘇生可能なD−HEROが存在していればその点は対処可能。

 なお、この効果破壊された直後に発動処理のみが行われ、スタンバイフェイズにその効果処理として蘇生対象を選択する。
 よって、発動の時点で無効にされなければ、《D.D.クロウ》等で対象除外され不発になる心配はない。

 総じて単体で完結した汎用性の高い性能であり、【D−HERO】では積極的に融合召喚を狙う価値はある。
 それ以外のデッキでも採用できる性能ではあるが、その場合は融合召喚ギミックと融合素材の両方を採用する必要がある。
 出張する場合の融合素材としてはレベル6以上の《D−HERO ディアボリックガイ》《D−HERO ダッシュガイ》、その他の融合素材としては《D−HERO ディナイアルガイ》《D−HERO ディバインガイ》などが汎用性が高い。

 【D−HERO】では《聖騎士の追想 イゾルデ》融合素材サーチでき、《焔聖騎士−リナルド》リクルートすることで、このカードと相性が良い《再融合》《盗人の煙玉》《メタルシルバー・アーマー》などを手札加えることができる。

 【HERO】では《EN−エンゲージ・ネオスペース》と相性が良い。
 あちらで《E・HERO シャドー・ミスト》墓地へ送り《E・HERO スピリット・オブ・ネオス》リクルートを行えば、このカード融合素材一式と《融合》を確保でき、D−HEROの採用枚数を抑えた構築でも出しやすい。

 《アーティファクト−ダグザ》セットしたアーティファクト相手ターンの任意のタイミングで破壊するのも有力。
 相手が素材を展開したところで《アーティファクト−デスサイズ》特殊召喚を制限すれば、攻撃の的を残したまま、相手ターンを終了するしかなくなる。

  • アニメGXにて、D−HEROの「D」は「DESTINY(運命)」「DESTROY(破壊)」「DEATH(死)」の3つを意味すると説明されている。
    「フェニックス」を「不"死"鳥」と取れば、このカードカード名にはその全てが含まれることになる。

関連カード

融合素材に利用可能なレベル6以上のHERO

通常モンスター

効果モンスター

特殊召喚モンスター

融合モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《D−HERO デストロイフェニックスガイ》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 戦士族 攻2500 守2100 HERO D−HERO

広告