《ヴィサス=スタフロスト/Visas Starfrost》

チューナー・効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2100/守1500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、
このカードとは種族と属性が異なる自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力の内、
高い方の数値の半分だけこのカードの攻撃力はアップする。

 DIMENSION FORCEで登場した光属性戦士族上級モンスターチューナー
 自身と異なる種族属性自分フィールドモンスター破壊して手札から特殊召喚する起動効果相手モンスター戦闘破壊した時にそのステータスの高い方の数値の半分だけ自己強化する誘発効果を持つ。

 (1)はフィールドモンスター破壊して自身を特殊召喚する効果
 戦士族以外、かつ光属性以外のモンスター破壊対象となる。
 破壊された場合や墓地へ送られた場合をトリガーとするモンスター効果コンボしてディスアドバンテージを補いたい。
 単に展開したモンスター破壊して自身を出し、シンクロ召喚等に繋ぐことも狙えるが、消費はかかる。

 (2)は戦闘破壊時における自己強化
 高い方の数値を参照するので若干はフォローできるが、それでも強化数値が相手フィールドの状況に左右されるのは否めない。
 2100の攻撃力では大型モンスター破壊は難しく、ステータスの低い弱小モンスターを狙っても大した強化にならないのも悩みどころ。
 サポートカードである《肆世壊からの天跨》《トリヴィカルマ》を用いれば、ほぼすべてのモンスター戦闘破壊が可能になるため、こちらを重視するなら併用したい。
 光属性であるため、《オネスト》でも近い強化を得られるが、(1)の効果の都合上デッキ光属性で固められないので注意。
 相手への依存性を減らすなら、《ギブ&テイク》で高攻撃力・低守備力モンスターを渡す、《ヴォルカニック・クイーン》相手フィールド特殊召喚するなどが方法として挙がる。
 ただし、いずれにしろ上がった攻撃力を活用できるのは、そのままだと耐性のないこのカード相手ターンを凌いでからになってしまう。
 《アサルト・アーマー》などで2回攻撃を付与するか、あくまでオマケと見なし主体的な活用は捨てるのも手である。
 いっそのこと闇属性と混合してカオスに寄せても良いだろう。

 複数のカテゴリサポートカードにこのカードが直接指定されており、それぞれのカテゴリをサポートするフィールド魔法からこのカードサーチできるものの、逆にこのカード自身はそれぞれのカテゴリに属するモンスターではない。
 【スケアクロー】においては(1)が大半のスケアクローと相性が良いわけではない一方で、《スケアクロー・ライトハート》自己再生の条件に指定されており、《肆世壊=ライフォビア》を経由する形であちらからサーチもできる。
 これを利用して、サーチ→(1)であちらを破壊して特殊召喚→あちらを自己再生の流れを作り出せ、そこから多彩な展開に派生可能(《スケアクロー・ライトハート》のページ参照)。
 このコンボのためだけでも【スケアクロー】に採用する価値はあると言えよう。
 その他、《クリッター》破壊してスケアクローモンスターサーチして展開する等の使い方も考えられる。
 スケアクロー発動を伴う効果《スケアクロー・ライヒハート》の(2)の効果のみなのでレベル3をサーチすれば影響は無い。
 また、【炎王】【ビースト】寄りに組めるためスケアクローともサポートカードを共有できる。

 【ティアラメンツ】においては(1)がティアラメンツの(2)の効果のトリガーとなることができ、ランダム性の高い下級ティアラメンツ墓地へ送る効果で(2)が発動できなかった場合のリカバリーになる。
 ただし、《ティアラメンツ・レイノハート》はこのカードと同じ戦士族であるため(1)の対象とすることはできない。

 【竜星】ならリクルートに繋げられ、シンクロモンスター効果を付与できるため相性はいい。
 ただし、光属性竜星対象にできない点は注意が必要。
 他にも【ヴァレット】【破械】といった光属性または戦士族以外で効果破壊を軸に展開するデッキに単体、または《壱世壊=ペルレイノ》《肆世壊=ライフォビア》とセットで採用するのも良い。
 破壊されたヴァレット破械効果で展開されたモンスターとでシンクロ召喚を狙う動きも可能。

 ただ、自分モンスター破壊しながら特殊召喚するモンスターという観点では《時花の賢者−フルール・ド・サージュ》も存在し、あちらの方が単体性能は高い。
 こちらはチューナーであること、《スケアクロー・ライトハート》《壱世壊=ペルレイノ》《肆世壊=ライフォビア》による直接的・間接的なサーチができることを活かして差別化を図りたい。

  • 公式Twitterで設定画が公開されている。
  • カード名の「ヴィサス(visas)」はリトアニア語で「全ての」を意味し、「スタフロスト」は「スター」と「フロスト」を合わせたものと思われる。
    これら3つ全てを合わせれば「幾星霜」となる。
  • このモンスターの(生身の)右腕全体は宇宙のようになっている。
    また、後述する「ハート」モンスターも右腕の一部が宇宙のようになっている。
  • ヒンドゥー教の神ヴィシュヌがモチーフの可能性がある。
    ヴィシュヌには無数のアヴァターラ(化身)が存在し、その内10の主要なアヴァターラがダシャーヴァターラと呼ばれる。
    • 第一のダシャーヴァターラは「マツヤ(魚)」。
      人類の始祖となるマヌに保護され育てられた魚であり、大洪水を予言したため、マヌは船を用意し、賢人と様々な種子と生き物を載せることで大洪水をやり過ごし生き延びることができたとされる。
    • 第四のダシャーヴァターラは「ナラシンハ(獅子男)」。
      人・神・獣・阿修羅など様々な条件に対して不死身となった阿修羅ヒラニヤカシプを倒すために、様々な条件をクリアする人と獣を合わせた超越した姿となることでヒラニヤカシプを殺したとされる。
    • 第五のダシャーヴァターラは「ヴァマーナ(矮人)」。
      三界を支配していた阿修羅王バリを騙し、神々のもとへ三界を取り戻したとされ、「トリヴィクラマ」とも呼ばれる。
    • 第六のダシャーヴァターラは「パラシュラーマ(大斧を持つラーマ)」。
      父ジャマダグニの仇であり暴君と化したクシャトリヤ階級の殲滅を行ったとされる。

関連リンク

―その他のリンク

関連カード

―設定関連

サポートカード(《ヴィサス=スタフロスト》のカード名が記されたカード
 ※は《ヴィサス=スタフロスト》のカード名が記された魔法・罠カードに関連する効果を持つ

イラスト関連

―《ヴィサス=スタフロスト》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴィサス=スタフロスト》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星6 光属性 戦士族 攻2100 守1500

広告