《ヴィサス=スタフロスト》

チューナー・効果モンスター
星6/光属性/戦士族/攻2100/守1500
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札に存在する場合、
このカードとは種族と属性が異なる自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、このカードを特殊召喚する。
(2):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力と元々の守備力の内、
高い方の数値の半分だけこのカードの攻撃力はアップする。

 DIMENSION FORCEで登場した光属性戦士族上級モンスターチューナー
 自身と異なる種族属性自分フィールドモンスター破壊して手札から特殊召喚する起動効果相手モンスター戦闘破壊した時にそのステータスの高い方の数値の半分だけ自己強化する誘発効果を持つ。

 (1)はフィールドモンスター破壊して自身を特殊召喚する効果
 戦士族以外、かつ光属性以外のモンスター破壊対象となる。
 破壊された場合や墓地へ送られた場合をトリガーとするモンスター効果コンボしてディスアドバンテージを補いたい。
 単に展開したモンスター破壊して自身を出し、シンクロ召喚等に繋ぐことも狙えるが、消費はかかる。

 (2)は戦闘破壊時における自己強化
 高い方の数値を参照するので若干はフォローできるが、それでも強化数値が相手フィールドの状況に左右されるのは否めない。
 2100の攻撃力では大型モンスター破壊は難しく、ステータスの低い弱小モンスターを狙っても大した強化にならないのも悩みどころ。
 光属性であるため、単純に《オネスト》強化するのが一番手っ取り早いが、(1)の効果の都合上デッキ光属性で固められないので注意。
 相手への依存性を減らすなら、《ギブ&テイク》で高攻撃力・低守備力モンスターを渡す、《ヴォルカニック・クイーン》相手フィールド特殊召喚するなどが方法として挙がる。
 ただし、いずれにしろ上がった攻撃力を活用できるのは、そのままだと耐性のないこのカード相手ターンを凌いでからになってしまう。
 《アサルト・アーマー》などで2回攻撃を付与するか、あくまでオマケと見なし主体的な活用は捨てるのも手である。
 いっそのこと闇属性と混合してカオスに寄せても良いだろう。

 各種サポートカードスケアクローと共有できるが、スケアクロー自身は(1)で破壊してもあまり旨味は無い。
 有効に使うのならば《クリッター》破壊してスケアクローモンスターサーチし、その効果で展開する使い方が挙げられる。
 スケアクロー発動を伴う効果《スケアクロー・ライヒハート》の(2)の効果のみなのでレベル3をサーチすれば影響は無い。
 【炎王】【ビースト】寄りに組めるためスケアクローともサポートカードを共有できる。
 他にも【ヴァレット】【破械】といった光属性または戦士族以外で効果破壊を軸に展開するデッキに単体、または《肆世壊=ライフォビア》とセットで採用するのも良い。
 破壊されたヴァレット破械効果で展開されたモンスターとでシンクロ召喚を狙う動きも可能。

  • 公式Twitterで設定画が公開されている。

関連カード

サポートカード

―《ヴィサス=スタフロスト》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《ヴィサス=スタフロスト》 モンスター チューナーモンスター 効果モンスター 星6 光属性 戦士族 攻2100 守1500

広告