天獄(てんごく)(おう)/Lord of the Heavenly Prison》

効果モンスター
星10/闇属性/岩石族/攻3000/守3000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。
手札のこのカードを相手ターン終了時まで公開する。
この効果で公開し続けている間、フィールドにセットされたカードは効果では破壊されない。
(2):セットされた魔法・罠カードが発動した場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
手札で公開されている状態でこの効果を発動した場合、
さらにデッキから魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される。

 BURST OF DESTINYで登場した闇属性岩石族最上級モンスター
 手札の自身を公開してセットされたカード効果破壊耐性を付与する起動効果セットされた魔法・罠カード発動した場合に手札から特殊召喚し、さらに公開状態で発動した場合はデッキから魔法・罠カードセットできる誘発効果を持つ。

 (1)は自身を公開し、フィールドセットカード破壊耐性を付与する効果
 相手カードに対しても付与してしまうが、《ハーピィの羽根帚》などからセットカードを守りつつ、適切なタイミングで発動できるようになる。
 セットモンスターも保護できるため、【クローラー】のようなリバースモンスターを駆使するデッキでの採用も考えられるか。
 ただしフリーチェーン除去にはこのカード発動チェーンして除去されてしまう点には注意。
 また(2)と合わせて1ターンに1度しか発動できず、特殊召喚により公開が終わると耐性が失われる点にも注意したい。
 逆に、相手セットしている破壊されたいカードを妨害することも可能。
 【アーティファクト】はこれが特に刺さるデッキである。

 (2)は手札から自己特殊召喚し、公開状態で発動した場合は更にデッキから魔法・罠カードセットできる効果
 前半の条件は非常に緩く、速攻魔法以外の魔法カード手札からセット発動すれば満たせる。
 攻守共に高いモンスターであり、素材からアタッカーまでこなせ、岩石族であるため《御影志士》からサーチすることも可能。
 相手セットした魔法・罠カード発動した際にも特殊召喚でき、として利用できる。

 追加効果公開状態から発動する必要があり、基本的に(1)で公開してから発動することになる。
 (1)と同じターン発動できないため、基本的に追加効果適用相手ターン効果セットしたカード発動するのはその次の自分ターンになる。
 次のターンエンドフェイズ除外されるデメリットがあるため、自分ターンでの発動機会が少ない妨害カードや、維持することを前提とする永続カードは扱いづらい。
 ただし、通常罠なら《トラップトリック》フィールド魔法なら《テラ・フォーミング》《メタバース》を経由することで除外デメリットを帳消しにできる。
 変わったところでは《エクシーズ・ディメンション・スプラッシュ》除外し能動的に発動する手段としても使える。

 自分カードバウンスする魔法・罠カードとは相性が良く、《ドカンポリン》発動時に特殊召喚し、《ドカンポリン》とこのカードバウンスして再利用すれば相手ターン毎に任意の魔法・罠カードサーチできる。
 《Vivid Tail》フリーチェーンで都合3回このカードバウンスでき、自身の(2)によって墓地からフィールドにセットされることで再度(2)のトリガーになることが可能。

 効果汎用性が高く、加えて召喚制限デメリットの無い岩石族では攻守共にトップタイの数値を誇るため、多くのデッキで採用できるモンスターである。
 【ダーク・ガイア】では融合素材も兼ねられる。

関連カード

(1)以外で手札のこのカードを公開状態にできるカード

収録パック等

FAQ

(2)の効果について

Q:このカードの(2)の効果デッキから《王宮の鉄壁》セットし次のターン発動した場合、エンドフェイズ《王宮の鉄壁》除外されますか?
A:いいえ、除外されずフィールドに残り続けます。(21/07/18)

Q:《天獄の王》の(2)の効果によってデッキからセットした《メタル・リフレクト・スライム》発動し、モンスター扱いとして特殊召喚した場合、そのモンスターゾーン《メタル・リフレクト・スライム》《天獄の王》の(2)の「そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される」処理は適用されますか?
  また、《天獄の王》の(2)の効果によってデッキからセットした《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》発動し、モンスター扱いとして特殊召喚した場合、そのモンスターゾーン《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》《天獄の王》の(2)の「そのカードは次のターンのエンドフェイズに除外される」処理は適用されますか?
A:《メタル・リフレクト・スライム》のような特殊召喚後も罠カードとして扱われるカードについては、特殊召喚後も引き続き《天獄の王》の(2)の効果適用されます。
  (次のターンエンドフェイズ除外されます。)
  《幻影騎士団シェード・ブリガンダイン》のような特殊召喚後は罠カードとして扱われないカードについては、特殊召喚した時点で《天獄の王》の(2)の効果の適用がなくなります。
  (次のターンエンドフェイズ除外されることはありません。)(21/11/07)

Q:セットされた以下の魔法・罠カード発動し、その効果処理で《天獄の王》が手札に加わりました。
  ●《強欲な壺》
  ●《スモール・ワールド》
  ●《死者転生》
  ●《強制脱出装置》
  その処理によって手札に加えた《天獄の王》の(2)の効果を上記のカードの発動トリガー発動することはできますか?
A:いずれの場合でも、効果処理後に《天獄の王》の(2)の効果発動できます。(22/08/26)


Tag: 《天獄の王》 モンスター 効果モンスター 星10 闇属性 岩石族 攻3000 守3000

広告