氷結界(ひょうけっかい)(かがみ)/Mirror of the Ice Barrier》

速攻魔法
(1):このターン相手が発動したモンスターの効果で、
自分の手札・フィールド・墓地のカードが除外される度に、以下の効果を適用する。
●手札:相手の手札をランダムに2枚まで選んで除外する。
●フィールド:相手フィールドのカードを2枚まで選んで除外する。
●墓地:相手の墓地のカードを2枚まで選んで除外する。

 STARSTRIKE BLASTで登場した速攻魔法
 自分カード相手モンスター効果除外される度に、相手の同じ場所からもカードを2枚まで除外する効果を持つ。

 発動したターンの間、相手除外された場合に同じ場所のカード除外しかえすという、やや変則的な除外メタカード
 あらかじめ発動して牽制するのもいいが、除外効果チェーンすれば確実に相手カード除外できる。
 このカードによる除外残存効果の処理によるものであり、対象をとらずチェーンブロックも作らないので、カードの発動さえ通れば以降の除外はほぼ妨害されない。

 もっとも除外自体を無効にするわけではなく、最低でも「このカード除外された自分カード」の2枚は消費しており、1回適用しただけではアドバンテージ上では2:2交換にとどまる。
 また、魔法・罠カードによる除外には対応していないので、トリガーとなるカードもやや限られる。
 モンスター効果の発動自体をカウンターしたり、《王宮の鉄壁》除外行為全般を封じるという選択肢もあるのでよく考えて採用したい。

 環境のインフレに伴い、破壊以外で除去するカードも増えており、その中で除外効果を持つカードも増加している。
 そのようなカードが多くみられるような場合には、サイドデッキに採用できる。
 特に複数の場所から除外する《トリシューラの影霊衣》《電脳堺凰−凰々》に対しては強烈なメタカードになりうる。
 ただし、《氷結界の龍 トリシューラ》に関しては、効果処理時手札フィールド墓地のうち2ヶ所までなら「除外しない」という選択肢も選べるため、除外箇所を減らし被害を受けない様に対策される可能性がある。
 墓地フィールドカードがない状態で除外効果発動したり、手札を使い切った後に除外ハンデスするといった対策もある。
 見返りが高い反面腐る可能性もあるので、ハイリスクハイリターンなカードといえる。

関連カード

イラスト関連

―《氷結界の鏡》が見られるカード

対応するモンスター

手札

フィールド

墓地

手札フィールド

フィールド墓地

手札フィールド墓地

収録パック等

FAQ

Q:このカードによる除外対象をとりチェーンブロックを作りますか?
 また、どのタイミングで行われますか?
A:いいえ、チェーンブロックは作られず、対象にとる効果でもありません。
  また、モンスター効果による除外の処理が終了した後にこのカードの効果除外します。(10/07/19)

Q:同じターンに《氷結界の鏡》を2枚発動した場合、そのターンカード除外された場合4枚のカード除外されますか?
A:いいえ、複数発動しても重複せず除外されるのは2枚だけになります。(10/07/26)

Q:1度の効果処理でフィールドのカードが複数除外された場合、除外されるのは何枚までになりますか?
A:その場合でも除外されるのは2枚までになります。(10/07/31)

Q:1度の効果処理でフィールド墓地カード除外された場合、フィールド墓地のそれぞれのカードを2枚まで除外できますか?
A:はい、できます。(10/07/31)

Q:《マクロコスモス》適用中にこのカードを使いました。
  相手《ダークエンド・ドラゴン》効果発動させた場合除外されますが、この場合どうなりますか?
A:《マクロコスモス》によって除外される扱いであるため、通常の処理以外に何も起きません。(10/07/17)

Q:《閃光の追放者》が存在している時にこのカードを使いました。
  相手《ダークエンド・ドラゴン》効果発動させた場合、《閃光の追放者》モンスター効果によって除外されますが、この場合どうなりますか?
A:その場合でも相手発動した《ダークエンド・ドラゴン》効果ではなく、《閃光の追放者》効果によって除外される扱いであるため、通常の処理以外に何も起きません。(10/07/21)

Q:相手手札墓地フィールドカードが存在しない場合でも発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/03/31)


Tag: 《氷結界の鏡》 魔法 速攻魔法 氷結界

広告