【Bloo−D】

デッキの概要

 《スキルドレイン》《サクリファイス》を合わせたような効果を持つ《D−HERO Bloo−D》をメインとするデッキ
 【D−HERO】の一種だが、他のD−HEROD−HERO系のサポートカードを全く入れないデッキを組む事もできる。

《D−HERO Bloo−D/Destiny HERO - Plasma》
特殊召喚・ 効果モンスター
星8/闇属性/戦士族/攻1900/守 600
このカードは通常召喚できない。
自分フィールドのモンスター3体をリリースした場合のみ特殊召喚できる。
(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドの表側表示モンスターの効果は無効化される。
(2):1ターンに1度、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
その相手モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
(3):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの元々の攻撃力の半分アップする。
《D−フォース》
永続魔法
(1):このカードの発動時の効果処理として、
自分のデッキ・墓地から「D−HERO Bloo−D」1体を選んで手札に加える事ができる。
(2):自分フィールドに「D−HERO Bloo−D」が存在する限り、以下の効果を適用する。
●自分ドローフェイズにドローできない。
●自分フィールドのカードは相手の効果の対象にならない。
●自分フィールドの「D−HERO Bloo−D」は、
攻撃力がお互いの墓地のモンスターの数×100アップし、
相手の効果で破壊されず、1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。

デッキ構築に際して

モンスターカードについて

リリース要員
 《D−HERO Bloo−D》特殊召喚は、モンスタートークンアドバンス召喚リリースに制限のあるカード・同ターン中に通常召喚したモンスター等を利用できる。
 基本的に【アドバンス召喚】で使用されるギミックは採用できるが、3体のリリースを必要とする都合上、複数体のモンスター(またはトークン)を特殊召喚できるギミックの優先度が高くなる。

魔法・罠カードについて

戦術

 《D−フォース》《E・HERO エアーマン》によって《D−HERO Bloo−D》サーチ、準備が整い次第特殊召喚してビートダウンを行う。
 リリースを要求する都合上、吸収攻撃もできずに除去されると痛手なので、伏せ除去はしっかりと行っておきたい。
 できるなら相手の高攻撃力モンスター吸収したいところではあるが、アフターケアが可能な状況なら裏側守備表示モンスター吸収して一気に攻め込んでもいい。
 吸収に成功すれば相手墓地を肥やす事の妨害にもなるので、召喚の準備が整い、伏せカードの心配がないなら序盤から積極的に出していくべきであろう。
 《D−HERO Bloo−D》は存在だけでも相手に与えるプレッシャーは大きく、相手は優先的に《D−HERO Bloo−D》除去しようとしてくるので、効果によるロックを狙う暇がないことも多い。
 そのため、上昇した攻撃力を生かし、相手モンスター効果を封じている隙を突いて速やかに殴り倒すことを心がけたい。

 構築次第ではサイドデッキ《D−HERO Bloo−D》及びその召喚サポートカードを減らし、E・HERO及びそのサポートカード増やして【E・HEROビート】寄りのデッキにする事も可能。
 HERO故の柔軟性を生かしたデッキ構築が求められるだろう。

デッキの派生

【戦士族】

 戦士族で統一し、《切り込み隊長》《ゴブリンドバーグ》《フォトン・スラッシャー》《マジック・ストライカー》《H・C 強襲のハルベルト》等でリリース要員を展開する型。
 《増援》によるサーチ《戦士の生還》によるサルベージが可能だが、《不死武士》《D−HERO Bloo−D》リリースにできない事に注意。
 《コマンド・ナイト》《一族の結束》による全体強化で、元々の攻撃力が低めな《D−HERO Bloo−D》を補助できる。

【D−HERO】

 戦士族の中でも更にD−HEROに絞った型。
 《D−HERO ダッシュガイ》《D−HERO ドゥームガイ》《D−HERO ディアボリックガイ》効果や、《オーバー・デステニー》による展開力の高さが魅力。
 《デステニー・ドロー》《トレード・イン》《闇の誘惑》の3種のドローソースを使用可能。

【ガエル】

 《鬼ガエル》《黄泉ガエル》《粋カエル》によるリリース調達を行う型。
 《E・HERO エアーマン》水属性E・HEROサーチしつつ、《鬼ガエル》特殊召喚に充てたり、《鬼ガエル》《E・HERO エアーマン》を再利用するといった動きができる。
 《D−HERO Bloo−D》E・HEROガエルとで《E・HERO アブソルートZero》融合召喚も可能。
 素早いのギミックも取り入れやすく、やはりリリース調達に役立つ。

【次元ビートダウン】

 《次元の裂け目》《マクロコスモス》《異次元の生還者》によるリリース調達を行う型。
 《D−HERO Bloo−D》と全体除外カードで広範囲にメタを張る事が出来るが、《異次元の生還者》だけでリリースを賄うのは難しいので他のリリース要員も併用したい。

このデッキの弱点

《D−HERO Bloo−D》に頼った構成そのもの

 《D−HERO Bloo−D》を突破されると脆いので、除去を大量投入したデッキには苦戦を強いられやすく、守備力も低いので表示形式変更にも弱い。
 専用サポートカード《D−フォース》でかなり防御は固くなるが、《D−フォース》自体はサーチできないので頼り切るのは難しく、壊獣による除去などには流石に耐えられない。
 カウンター罠《禁じられた聖槍》等を使う、返しのターン攻撃に耐え切る、2体目・3体目の特殊召喚を目指す等の手で対処したい。
 妥協召喚モンスターデメリットモンスターも苦手な他、効果無効にできないリクルーター《ならず者傭兵部隊》等や、手札誘発《エフェクト・ヴェーラー》等には無力なので注意。
 特に《オネスト》のような、こちら側に直接干渉しないタイプの手札誘発などは《D−フォース》でも対策できないため素通しになってしまう。

装備カード破壊

 元々の攻撃力最上級モンスターにしては低いので、装備カード破壊される下級アタッカー並みの攻撃力になってしまう。
 《D−フォース》対象をとる効果は防げるが、全体除去についてはそれでは防げない。
 《大革命返し》のような全体除去対策か、《強制終了》《和睦の使者》《威嚇する咆哮》などの戦闘破壊を防ぎ切り返しに繋げられるカードをある程度投入しておくと安全である。

キーカード特殊召喚封殺

 《ライオウ》には特殊召喚無効にされるのみならず、《E・HERO エアーマン》《増援》《E−エマージェンシーコール》も無力化されてしまう。
 《E・HERO アナザー・ネオス》相打ちに持ち込むか、《ミラクル・フュージョン》によるE・HERO融合体での対処も視野に入れておこう。
 《D−HERO Bloo−D》《ミラクル・フュージョン》での特殊召喚を封じる《大天使クリスティア》は出されただけで対処不能にもなりかねないので、何らかの除去カードの投入が推奨される。

モンスター効果の封殺

 《スキルドレイン》内蔵していると言える《D−HERO Bloo−D》だが、その《スキルドレイン》には非常に弱い他、ミラーマッチの場合は《D−HERO Bloo−D》を先に出せた方が有利となる。
 このデッキ《D−HERO Bloo−D》召喚に特化する傾向にあるため、一度発動召喚を許すと劣勢に陥りやすい。
 リクルーターを多めに投入しておけばある程度の戦線維持はできるので、その間にこれらを除去するのが良いだろう。
 《スキルドレイン》に関しては、《王宮のお触れ》《人造人間−サイコ・ショッカー》を使う構築なら対処しやすい。
 《D−HERO Bloo−D》に関しては、こちらが先に召喚するか、《D−HERO Bloo−D》効果無効化・除去する手段が有効。

サンプルレシピ

代表的なカード

関連リンク

広告