【ドラグニティ】

デッキの概要

 DUEL TERMINALで登場したカテゴリであるドラグニティを用いたビートダウンデッキ
 下級モンスター鳥獣族モンスタードラゴン族モンスターを駆使して、シンクロモンスタードラグニティナイト召喚してデュエルを進める。
 《ドラグニティ−ファランクス》を何度も装備して特殊召喚する事で行う連続シンクロ召喚が大きな強み。

《ドラグニティ−ファランクス/Dragunity Phalanx》
チューナー・効果モンスター
星2/風属性/ドラゴン族/攻 500/守1100
(1):1ターンに1度、このカードが装備カード扱いとして
装備されている場合に発動できる。
装備されているこのカードを特殊召喚する。
《ドラグニティ−ドゥクス/Dragunity Dux》
効果モンスター
星4/風属性/鳥獣族/攻1500/守1000
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分の墓地のドラゴン族・レベル3以下の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):このカードの攻撃力は、自分フィールドの「ドラグニティ」カードの数×200アップする。
《ドラグニティアームズ−ミスティル/Dragunity Arma Mystletainn》
効果モンスター
星6/風属性/ドラゴン族/攻2100/守1500
(1):このカードは自分フィールドの表側表示の「ドラグニティ」モンスター1体を墓地へ送り、
手札から特殊召喚できる。
(2):このカードが手札からの召喚・特殊召喚に成功した時、
自分の墓地のドラゴン族の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ/Dragunity Knight - Vajrayana》 
シンクロ・効果モンスター
星6/風属性/ドラゴン族/攻1900/守1200
ドラゴン族チューナー+チューナー以外の鳥獣族モンスター1体以上
(1):このカードがS召喚に成功した時、
自分の墓地のドラゴン族・レベル3以下の「ドラグニティ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのドラゴン族モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する。
(2):1ターンに1度、このカードに装備された
自分フィールドの装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで倍になる。
《竜の渓谷/Dragon Ravine》
フィールド魔法
(1):1ターンに1度、手札を1枚捨て、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●デッキからレベル4以下の「ドラグニティ」モンスター1体を手札に加える。
●デッキからドラゴン族モンスター1体を墓地へ送る。

デッキ構築に際して

 ドラグニティ鳥獣族ドラゴン族モンスターで構成されている。
 構築する際はその両方のバランスに注意する必要があるが、個々のカードが上手くシナジーしているので組み立ては比較的簡単にできる。
 特に《竜の渓谷》《テラ・フォーミング》《調和の宝札》《ドラグニティ−ファランクス》の4枚は強い相互シナジーを発揮し事故を起こしにくい。

メインデッキモンスターについて

下級ドラグニティ

上級ドラグニティ

ドラグニティ以外のモンスター
 ドラグニティと相性の良いモンスターは多く存在するが、《竜の渓谷》サーチ能力の存在からモンスターの総数はなるべく抑えたい。
 過剰な投入は魔法・罠カードのスペースを圧迫することになるため、多くは環境を見ながら投入を検討することになる。
 ただし、《BF−精鋭のゼピュロス》《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《嵐征竜−テンペスト》に関しては、環境に関係なく投入が推奨される。

エクストラデッキモンスターについて

ドラグニティ

ドラグニティ以外のエクストラデッキモンスター

魔法・罠カードについて

ドラグニティサポートカード

―それ以外の魔法・罠カード

戦術

基本的な動き

 まずは《竜の渓谷》サーチ墓地肥やし効果を利用し、キーカードを揃える。
 起点となるのは《ドラグニティ−ドゥクス》《ドラグニティ−セナート》《ドラグニティ−レムス》の3体であり、これらのモンスター効果を活用して展開していく。

  1. 《ドラグニティ−ドゥクス》《ドラグニティ−セナート》《ドラグニティ−ファランクス》装備《ドラグニティ−レムス》《竜の渓谷》《ドラグニティ−レガトゥス》サーチし、《ドラグニティ−レガトゥス》を(1)の効果特殊召喚する。
  2. 装備した《ドラグニティ−ファランクス》または墓地《ドラグニティ−レムス》特殊召喚し、レベル6のシンクロ召喚

 《ドラグニティナイト−ヴァジュランダ》シンクロ召喚した場合は墓地から《ドラグニティ−ファランクス》装備できる。
 上記の手順と同様、装備した《ドラグニティ−ファランクス》特殊召喚することでレベル8のシンクロ召喚が可能。
 《ドラグニティナイト−ガジャルグ》ならば《BF−精鋭のゼピュロス》《霞の谷の幼怪鳥》墓地へ送ることが可能となる。
 《BF−精鋭のゼピュロス》《竜の渓谷》の2回目の発動を狙いつつ展開を行える。
 《霞の谷の幼怪鳥》レベル8のシンクロモンスターへと繋がる。

その他の動き

 いずれの動きの全てに言えるが、すでに《ドラグニティ・グロー》または《ドラグニティアームズ−ミスティル》手札にあれば《ドラグニティナイト−ロムルス》サーチ先を変えることができる。

このデッキの弱点

このデッキの歴史

第6期(2008年〜2010年)

第7期(2010年〜2012年)

第8期(2012年〜2014年)

第9期(2014年〜2017年)

第10期(2017年〜2020)

第11期(2020年〜)

代表的なカード

サンプルレシピ

関連リンク

広告