禁止令(きんしれい)/Prohibition》

永続魔法
カード名を1つ宣言して発動する。
このカードがフィールド上に存在する限り、
宣言されたカードをプレイする事はできない。
このカードの効果が適用される前からフィールド上に存在するカードには
このカードの効果は適用されない。

 Curse of Anubis −アヌビスの呪い−で登場した永続魔法
 カード名を1つ宣言して発動し、お互い宣言されたカードプレイを禁止される効果を持つ。

 効果相手の戦術を制限し、自分の戦術を通しやすくする、一石二鳥の働きを見せるルール介入カード
 「手札から」などと限定されていないので、手札墓地除外ゾーンのカードプレイも制限できる。

 特定のカードが重要な役割をするデッキには非常に強力なメタとなる一枚。
 宣言するカードは、大体はそのデッキの中枢に近いカードになるだろう。

 今の時代の主流デッキ相手の場合、内容の予想が立てやすく完全にキーカードを封じることができる。
 特に【ガジェット】相手の場合、この一枚でカードの連鎖を完全に止めることができる。
 また【機械族】を使用する場合、メタカードである《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》対策としてこのカードを投入することも検討できる。
 ロック系やバーン系が絶対に通してはいけないメタカードの対策としても活用されている。

 先出し必須なので情報アドバンテージの有無が大きく影響してくる。
 《水霊術−「葵」》などでピーピングしてから使えれば理想的。
 相手《強欲で謙虚な壺》も大きな判断材料になるが、《サイクロン》等を手札加えられる恐れもあるので注意。
 逆にデッキのエンジンとなるカードを指定しておくだけで魔法・罠除去の目を確実に向けさせる事ができる。

 特定のカードに照準を絞りにくい【スタンダード】相手には少々扱いづらいが、そのようなデッキは非常に少ない。
 《マシュマロン》セットしたい時に《抹殺の使徒》、決定打になりうる攻撃宣言時に《冥府の使者ゴーズ》等、「一番喰らいたくないカード」を宣言するだけでも十分な効力があるので、そういったデッキ相手でも腐る可能性は低い。

 マッチ戦で特に真価を発揮するカードであり、初戦で相手の切り札を把握した上で、二戦目以降からデッキに投入しそれを妨害するという用法が効果的。
 ただしそのとき相手メインデッキからそのカードを抜いてしまえば意味が無くなってしまうので見極めが重要。

 《宇宙砦ゴルガー》《霞の谷のファルコン》等で繰り返しバウンスし、状況によって宣言するカードを変えるのも有効な戦術である。

 しかし、先に展開されてしまうと腐る恐れもあり、そのような状況で追撃を防ごうにも既に除去できる札が揃っているという事も決して少なくない。
 あくまで抑止力としての効果しか持たないので、除去されるとエンジンとなるカードの暴走を許す恐れもある。
 また自分デッキキーカード魔法・罠カードが存在しているとマッチ2戦目の場合魔法・罠除去を多く投入され思い通りの効力を発揮できない場合もある。
 デッキを見極める能力含め、使いこなすには相応のプレイングセンスが要求されるカードだと言えよう。
 メインデッキから投入する場合は尚更だが、大会の形式によってはデュエル前から相手デッキ内容を知る機会も生まれる。

  • 現在では「禁止化されたカード」をフィールドに出す事が出来なくなったため、上記のフィールド上におけるプレイに関する制限が掛かる状況は滅多に発生しなくなった。
    ただし、上記の8番目にあるように『効果によりカード名が「禁止化されたカード」に変化した場合』は上記の制限を受ける。
  • 原作・アニメにおいて―
    このカード自体は登場していないが小説版オリジナル「vsサイバー海馬」ではお互い宣言したカードが使用できないルールがあった。
  • コナミのゲーム作品において―
    宣言」参照。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの「プレイする事ができない」効果は、プレイヤーが受ける効果ですか?
A:プレイヤーが受ける効果ではありません。
  宣言したカード名をプレイする事ができなくなる、という効果です。(12/05/02)

Q:宣言されたカードは、セットすることは可能ですか?
A:いいえ、セットすることもできなくなります。

Q:宣言されたカードは、手札コストとすることは可能ですか?
A:はい、手札コストとすることができます。

Q:宣言されたモンスターを、《死者蘇生》等、他の効果特殊召喚できますか?
A:いいえ、できません。他のカードの効果によってもフィールドに出す事はできません。 (14/09/11)

Q:宣言されたカードが、既にフィールド上に裏側表示で存在していた場合、反転召喚発動することはできなくなりますか?
A:いいえ、問題なく反転召喚発動が可能です。

Q:「禁止化されたモンスター」は、他のカードが持つ効果特殊召喚することはできず、攻撃宣言効果の使用などは制限されます。
  これらの制限は一時除外セット化でリセットできますか?
A:この制限は《亜空間物質転送装置》の一時除外《月の書》セットでもリセットできません。

Q:このカードの効果宣言したカードが既にフィールドに存在する時に《亜空間物質転送装置》等の一時的に除外する効果を持つカードで除外した場合、処理はどうなりますか?
A:フィールドに戻らず、墓地へ送られます。(15/10/07)

Q:《亜空間物質転送装置》等の一時的に除外する効果を持つカードで除外しているカードを宣言した場合、処理はどうなりますか?
A:フィールドに戻らず、墓地へ送られます。(15/10/07)

Q:上記2つの処理は他の一時的に除外する効果を持つカード《銀河眼の光子竜》等)についても全て同じですか?
A:はい、同様です。フィールドには戻らず墓地へ送られます。(15/10/07)

Q:《サイバー・ドラゴン》宣言した場合、手札から《プロト・サイバー・ドラゴン》召喚したらどうなりますか?
A:カード名《サイバー・ドラゴン》と扱われ、プレイできなくなります。(13/06/27)

Q:《サンダー・ドラゴン》《クリボー》《冥府の使者ゴーズ》をそれぞれ宣言した場合、相手はそれらの効果手札から使えますか?
A:いいえ、使えません。

Q:すでにフィールド上に《ダーク・ヴァルキリア》が存在する時に《禁止令》で《ダーク・ヴァルキリア》宣言した場合、その《ダーク・ヴァルキリア》再度召喚することはできますか?
A:はい、できます。(11/03/25)

Q:《ネクロ・ガードナー》《黄泉ガエル》手札またはフィールドあるいは墓地に存在するときに、《禁止令》でそれらを指定し、その効果が適用されました。
  それらの効果発動できますか?
A:宣言されたモンスター手札または墓地に存在しているときに、《禁止令》の効果が適用された場合には発動することは出来ません。(08/06/19)
  しかし、宣言されたモンスターフィールド上に存在するときに《禁止令》の効果が適用された場合、墓地へ送られた効果発動することができ有効となります。(15/10/07)

Q:効果破壊された《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》墓地に存在する時に、後からこのカードが適用された場合《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》自己再生しますか?
A:いいえ、自己再生効果発動できません。(13/02/04)
  ただし、フィールド上の《炎王神獣 ガルドニクス》《ネフティスの鳳凰神》破壊され墓地へ送られた場合、自己再生効果発動できます。ただし、その後の破壊効果発動できません。(13/09/06)

Q:《禁止令》で《異次元の偵察機》を指定後、《異次元の偵察機》除外しました。
  エンドフェイズ《異次元の偵察機》特殊召喚されますか?
  また、フィールドから墓地へ送り、更に除外した場合エンドフェイズ《異次元の偵察機》は戻ってきますか?
A:除外された場合、効果発動できません。(08/06/22)

Q:《焔征竜−ブラスター》がフィールド上に存在している時に《禁止令》で《焔征竜−ブラスター》宣言しました。
  このフィールド上の《焔征竜−ブラスター》除外された場合、サーチ効果発動できますか?
A:発動できます。(13/07/12)

Q:《禁止令》で《禁止令》を宣言した場合はどうなりますか?
A:それ以降の《禁止令》を出すことができなくなります。

Q:このカード《剣闘獣ベストロウリィ》が指定されている時、手札《剣闘獣ベストロウリィ》儀式魔法リリースできますか?
A:《禁止令》の効果によって《剣闘獣ベストロウリィ》宣言されている場合でも、儀式魔法カード発動し、手札から《剣闘獣ベストロウリィ》リリースする事ができます。(10/06/01)

Q:《禁止令》で《BF−アームズ・ウィング》宣言されているとき、墓地に存在する《BF−大旆のヴァーユ》《BF−アームズ・ウィング》除外して《BF−アーマード・ウィング》エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:その場合、《BF−アームズ・ウィング》対象にして発動ができ、除外特殊召喚する処理は行われます。(14/09/11)

Q:《禁止令》で《ダンディライオン》宣言されているとき、《サンダー・ブレイク》発動《ダンディライオン》捨て《禁止令》を破壊した場合、《ダンディライオン》効果発動しますか?
A:《ダンディライオン》効果発動するタイミングでは《禁止令》の効果適用されていないので、通常通り発動します。(10/10/20)

Q:《禁止令》で《闇道化師と化したマサヒロ》《髑髏の司祭ヤスシ》宣言できますか?
A:いいえ、公式では使えないカードを宣言することはできません。
  日本未発売カードも同様です。(12/03/12)

Q:《禁止令》で《封印されしエクゾディア》を宣言した場合、効果で勝利できますか?
A:はい、特殊勝利プレイに該当しないため、手札エクゾディアパーツが揃ったプレイヤーデュエルに勝利します。(12/04/16)

Q:《終焉のカウントダウン》発動効果適用された後に、このカード《終焉のカウントダウン》を宣言し、20ターン後にこのカードが存在する場合、デュエルに勝利しますか?
A:はい、その場合でもデュエルに勝利します。(11/09/03)

Q:相手《カースド・フィグ》効果が適用されている状況で、《カースド・フィグ》宣言して《禁止令》を発動した場合、《カースド・フィグ》によって封じられたカード発動することはできますか?
A:発動できません。(13/03/20)

Q:《サイバー・ドラゴン》宣言して発動した《禁止令》にチェーンして《リビングデッドの呼び声》発動し、墓地から《サイバー・ドラゴン》特殊召喚した場合、《禁止令》の効果解決時には既にフィールド上に《サイバー・ドラゴン》が存在していますが、この《サイバー・ドラゴン》プレイできますか?
A:プレイできます。(13/02/04)

Q:上記の状態で、手札から《サイバー・ドラゴン》を自身の召喚ルール効果によって特殊召喚できますか?
A:上記と同様の理由でできません。(12/01/07)

Q:《禁止令》で融合モンスター名を宣言した場合、宣言されたモンスター融合召喚できますか?
A:いいえ、できません。(12/04/04)

Q:《禁止令》で融合モンスター名を宣言した場合、宣言されたモンスターを選択して《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動できますか?
A:いいえ、できません。(12/04/04)

Q:《未来融合−フューチャー・フュージョン》発動後、その融合モンスター特殊召喚される前に《禁止令》でそのモンスター名を宣言した場合は特殊召喚されますか?
また、そのモンスター攻撃宣言等のプレイに該当する行為はできない状態として扱われますか?
A:いいえ、モンスター特殊召喚はされず、そのモンスターエクストラデッキに残ったままになります。(15/05/06)

Q:上の状況で《禁止令》で宣言するモンスターが融合モンスターではなく融合素材として墓地に送ったモンスター名だった場合は特殊召喚されますか?
A:はい、特殊召喚されます。(12/04/10)

Q:《禁止令》で宣言されたモンスター《未来融合−フューチャー・フュージョン》効果デッキから墓地へ送る事ができますか?
A:はい、できます。(12/04/04)
また、その場合でも融合モンスター特殊召喚されます。(12/04/10)

Q:《禁止令》で宣言されたモンスター融合素材にできないはずですが、なぜ上記の《未来融合−フューチャー・フュージョン》との関係で融合素材にできるのですか?
A:《未来融合−フューチャー・フュージョン》墓地に送ったモンスター融合モンスター特殊召喚した後で融合素材として扱われるようになるためです。(12/04/10)

Q:《禁止令》で儀式モンスター名を宣言した場合、宣言されたモンスター儀式召喚できますか?
A:いいえ、できません。(12/04/04)

Q:《アームド・ドラゴン LV7》宣言した場合、《アームド・ドラゴン LV5》《レベルアップ!》効果《アームド・ドラゴン LV7》特殊召喚できますか?
A:いいえ、それらの効果発動して《アームド・ドラゴン LV7》特殊召喚する事自体できなくなります。(15/05/06)

Q:このカード効果冥府の使者カイエントークン等のトークンを宣言する事はできますか?
A:いいえ、モンスタートークンカード名として宣言する事はできません。(12/10/11)

Q:《ハーピィ・ダンサー》宣言した状況で《死者蘇生》により一度フィールドに出た後墓地へ送られた《ハーピィ・ダンサー》カード名はどう扱われますか?
A:《ハーピィ・ダンサー》効果適用され《ハーピィ・レディ》として扱われます。(13/04/12)

Q:上記の状況で、《おろかな埋葬》により墓地へ送られた《ハーピィ・ダンサー》カード名はどう扱われますか? また、《禁止令》発動前から墓地に存在していた《ハーピィ・ダンサー》カード名はどう扱われますか?
A:《ハーピィ・ダンサー》効果適用され《ハーピィ・レディ》として扱われます。(13/04/12)

Q:《ナーガ》フィールドに存在する時《禁止令》で《ナーガ》宣言しました。
  その《ナーガ》デッキに戻った時効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(14/05/16)

Q:《サンダー・ドラゴン》フィールドに存在する時《禁止令》で《サンダー・ドラゴン》宣言しました。
  その《サンダー・ドラゴン》手札に戻った後、《サンダー・ドラゴン》効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(13/04/12)

Q:相手が、こちらのスタンバイフェイズ《魔導書の神判》発動しました。
  自分メインフェイズ《魔導書の神判》宣言し《禁止令》を発動した場合、エンドフェイズの処理を相手は行えますか?
A:はい、通常通りに《魔導書の神判》の処理を行う事ができます。(13/05/04)

Q:このカードによって宣言された魔法・罠カード《砂塵の大竜巻》効果セットする事は可能ですか?
A:セットする事はできません。(13/05/31)

Q:このカード宣言したアーティファクトモンスター《砂塵の大竜巻》効果セットする事ができますか?
A:《砂塵の大竜巻》効果セットする事はできません。(14/03/20)

Q:このカード宣言したアーティファクトモンスター《アーティファクト−フェイルノート》効果セットする事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/05/09)

Q:このカードによって宣言された魔法・罠カード炎星効果デッキからセットする事は可能ですか?
A:いいえ、できません。(14/10/31)

Q:このカード宣言したカード《ティオの蟲惑魔》《暗躍のドルイド・ウィド》効果墓地からセットする事ができますか?
A:いいえ、できません。(15/05/09)

Q:このカード宣言したモンスター《サクリファイス》効果で装備する事はできますか?
A:このカードの効果適用時に元々存在していたモンスターは、このカード効果を受けていませんので、装備できます。(15/05/17)

Q:上記のモンスター《ZW−荒鷲激神爪》だった場合、『罠カード効果無効にする』効果は有効になりますか?
A:通常どおり効果適用されます。(15/05/17)

Q:このカード宣言したモンスター《No.101 S・H・Ark Knight》効果でエクシーズ素材にして重ねる事はできますか?
A:はい、できます。(15/10/10)

Q:このカード効果宣言したモンスターを、《陽炎柱》《十二獣の方合》効果エクシーズ素材として重ねることはできますか?
A:いいえ、できません。(17/05/11)

Q:このカード宣言したモンスター《甲虫装機 ダンセル》《竜操術》効果で装備する事はできますか?
A:いいえ、できません。(15/05/03)

Q:このカード宣言した装備魔法《旗鼓堂々》《ヴァイロン・シグマ》効果で装備する事はできますか?
A:いいえ、できません。(15/05/03)

Q:《ダンディライオン》エクシーズ素材としてフィールド上に存在する時に、《ダンディライオン》宣言してこのカード発動しました。
  この《ダンディライオン》墓地へ送られた場合、誘発効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/05/10)

Q:《ダンディライオン》モンスター扱いでフィールド上に存在する時に、《ダンディライオン》宣言してこのカード発動しました。
  この《ダンディライオン》エクシーズ素材にした後で墓地へ送った場合、誘発効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。(15/05/10)

Q:このカード宣言したモンスターは、ペンデュラム召喚によって手札エクストラデッキから特殊召喚できますか?
A:手札からもエクストラデッキからもペンデュラム召喚できません。(14/04/09)

Q:《遺言の仮面》宣言したこのカードフィールドに存在する時に《仮面魔獣デス・ガーディウス》の(1)の効果発動した場合、デッキから《遺言の仮面》フィールドに出す事ができますか?
A:いいえ、出す事ができず《遺言の仮面》デッキに残ったままになります。(15/01/15)

Q:《禁止令》で《星読みの魔術師》を宣言しました。この時《星読みの魔術師》ペンデュラムゾーンに配置できますか。
A:いいえ。できません。(15/01/16)

Q:このカード効果宣言したペンデュラムモンスター《慧眼の魔術師》《覇王黒竜オッドアイズ・リベリオン・ドラゴン》効果ペンデュラムゾーンに置く事ができますか?
A:いいえ。できません。(15/05/09)

Q:このカード効果で《伝説の竜 ティマイオス》と宣言した場合、《ティマイオスの眼》発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/07/05)


Tag: 《禁止令》 魔法 永続魔法

広告