No.(ナンバーズ)46 神影龍(しんえいりゅう)ドラッグルーオン/Number 46: Dragluon》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/光属性/ドラゴン族/攻3000/守3000
ドラゴン族レベル8モンスター×2
自分フィールド上にこのカード以外のモンスターが存在しない場合、
1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除き、
以下の効果から1つを選択して発動できる。
●手札からドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。
●相手フィールド上のドラゴン族モンスター1体を選択してコントロールを得る。
●相手ターン終了時まで、相手フィールド上のドラゴン族モンスターは効果を発動できない。

 SHADOW SPECTERSで登場した光属性ドラゴン族エクシーズモンスター
 自分フィールド上に他のモンスターが存在しない場合、3種類の効果のうち1つを選んで発動する起動効果を持つ。

 ただでさえ重いランクエクシーズモンスターにも関わらず、エクシーズ素材ドラゴン族のみと指定されている。
 おまけにモンスター効果発動条件として他のモンスターが存在しない事が定められている。

 ペンデュラム召喚主体なら《爆竜剣士イグニスターP》《剛竜剣士ダイナスターP》などを2体揃えるのは難しくなく、そこから出すことは可能。

 第1の効果手札からドラゴン族を展開する効果
 ドラゴン族の展開要員としては、より扱いやすい《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》で事が足りる場合も多いだろう。
 とは言えこのカードが出せるデッキは必然的に最上級ドラゴン族が多くなるため、手札事故回避の意味でも悪くない効果である。

 第2の効果ドラゴン族コントロール奪取する効果
 対象は限定されているが、一度発動すれば永続的にコントロールを得られる上、《No.11 ビッグ・アイ》と異なりこのカード攻撃が制限される事もないので、相手次第ではかなり刺さる。
 また手間はかかるが、《DNA改造手術》ドラゴン族を指定しておけばドラゴン族以外にも使える。

 第3の効果相手フィールド上でのドラゴン族効果発動を封じる効果だが、穴が多く使い勝手が悪い。
 手札墓地効果を封じられないため《ライトパルサー・ドラゴン》などには全く影響がなく、永続効果にも手出しできない。
 【ドラゴン族】相手でも、エクシーズ召喚などでドラゴン族以外のモンスターを出す事であっさり突破されてしまうため、おまけ程度に考えた方が良いだろう。
 第2の効果と同様に、《DNA改造手術》を使用するデッキならば耐性持ちを突破するのに使用できる。

 ドラゴン族は多く使われるため、第2の効果だけでも一気に勝負を決められる力は持つのだが、前述の通り非常に出しにくく、また他のランク8の存在もある。
 そのため、このカードを投入できるデッキレベル8のドラゴン族を展開しやすく、かつランク8も出しやすいデッキに限られる。
 【青眼の白龍】【巨神竜】ならば、自然に採用できる。
 《降竜の魔術師》は相性が良く、ペンデュラム効果によってこのカードエクシーズ召喚や第2、第3の効果を補助できる。

  • イラストでは、翼に自身のナンバーである「46」が書かれている。
  • 名前の由来は、ドラゴン+「グルーオン(Gluon)」か。
    グルーオンは素粒子物理学においてフォトン(光子)と同じゲージ粒子に分類される粒子の1つ。
    アニメでは、このカードフォトンの使い手であるカイトの手に渡り、またタキオンの使い手であるミザエルと深い関係を持つモンスターでもある。
  • アニメでは以下のテキストだった。
    ドラゴン族レベル8モンスター×2
    このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
    相手フィールド上に存在するドラゴン族モンスターの効果は無効化される。
    フィールド上にこのカード以外のドラゴン族モンスターが存在する限り、
    相手はこのカードを攻撃対象に選択する事ができず、
    このカードはカードの効果の対象にならない。
    自分フィールド上にこのカード以外のドラゴン族モンスターが存在しない場合、
    このカードのエクシーズ素材1つを取り除いて発動する事ができる。
    自分の手札からドラゴン族モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
    自分フィールド上にこのカード以外のドラゴン族モンスターが存在せず、
    このカードのエクシーズ素材も存在しない場合、
    相手フィールド上に存在するドラゴン族モンスター1体を選択して発動する事ができる。
    選択した相手モンスターのコントロールを得る。
    この時、相手プレイヤーはライフポイントを半分払う事で、
    選択したモンスターを破壊する事ができる。
    アニメ効果のままだと強力すぎるためか、効果が全面的に削除・制限され、大幅に弱体化されている。
    アニメでは対象にならない効果により、名前の通り他のドラゴンの影に徹していたが、OCGでは名前の名残がなくなってしまった。
  • エクシーズ召喚時の口上は「現れろ、No.46!雷鳴よ、とどろけ。稲光よ、きらめけ。顕現せよ、我が金色の龍、神影龍ドラッグルーオン!」。
  • エクシーズ召喚された直後は、白い体毛が複雑多様に絡み合った物体の姿をしており、そこから展開してイラストの姿になった。
  • このカード攻撃を《デステニー・ブレイク》によって無効にした時、間違って「効果無効にする」と発言されている。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

エクシーズ素材に使用できるドラゴン族モンスター

 召喚制限のないものは《ドラゴニック・タクティクス》を参照のこと。
 (ただし、《アモルファージ・イリテュム》は自身の効果エクシーズ召喚を封じてしまうので、効果無効にしない限りエクシーズ素材になれない)

蘇生可能なレベルドラゴン族

蘇生できないレベルドラゴン族

―自身の効果レベルの変更が可能なドラゴン族モンスター

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールド上にドラゴン族モンスターが存在しない時でも、発動を封じる効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/12/26)

Q:発動を封じる効果適用された後に相手フィールド上に出たドラゴン族モンスターもその効果適用されますか?
A:はい、適用されます。(13/12/26)

Q:《DNA改造手術》ドラゴン族になっている元々の種族ドラゴン族でないモンスターコントロールを奪った後で《DNA改造手術》効果適用されなくなった場合、そのモンスターコントロールはどうなりますか?
A:その場合でも、コントロールはそのままです。(13/12/27)


Tag: 《No.46 神影龍ドラッグルーオン》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ ランク8 光属性 ドラゴン族 攻3000 守3000 No.

広告